iPhoneの写真を別のiPhoneに転送する5つの方法

iPhoneの写真を別のiPhoneに転送する5つの方法

1 評2 価3 価4 価5 価 (2 の投票、平均: 5.00 / 5)

iPhoneの機種変更をするとき(例、iPhone 6s ➞ iPhone Xs)、写真の移動は非常に重要ですね。こちらの記事では、写真を保管し、ほかのiPhoneに移動する5つの方法をご紹介します。

最適な方法を自由に選択してください:

バックアップせず写真を旧iPhoneから新iPhoneに転送

方法1.iTunesと同期せず写真を転送

iTunes経由で写真同期の色々な制限のせいで、写真移動や管理が非常に複雑になります。こんなとき、CopyTrans Photoが役に立ちます。

    CopyTrans Photoの利点:

  • 写真アルバム構造を保管される
  • アルバム内の写真を閲覧・整理できる
  • iCloud Photosを有効にしても、写真をデバイスに追加できる
  • 写真を便利な場所へバックアップできる

写真を新デバイスに転送

  1. CopyTrans Photoをこちらからダウンロードします:

    CopyTrans Photoをダウンロード

  2. CopyTrans Photoを起動し、旧iPhoneを接続します。

  3. iPhoneの写真や動画が左側で、パソコンのフォルダが右側に表示されます。
    CopyTrans PhotoでデバイスとPCの写真を表示

  4. 「フルバックアップ」を押します。
    CopyTrans Photoでカメラロールの写真をバックアップ

  5. バックアップ完了後、新iPhoneを接続します。

  6. バックアップした写真のアルバムをフォルダごとに新iPhoneにドラッグ&ドロップします。
    パソコンから写真のフォルダ全体をiPhoneに転送

写真がカメラロール以外のアルバムとして保存されますので、CopyTrans Photoで楽に整理できます。

方法2.iTunesで写真を同期

iTunesで写真同期を有効にすると、パソコン上にある写真をデバイス間に転送することができます。

    ご注意点:

  • iTunesでカメラロールの写真がバックアップされない、他のデバイスと同期できない
  • iCloud Photosを有効にした場合、iTunes経由で写真を同期できない
  • パソコンから「写真コピー先」が削除された場合、以前に同期した写真がデバイスから削除される
  • パソコンが故障した場合、以前に同期した写真をデバイスから引き出せない

新しいデバイスに写真を同期

  1. 旧iPhoneの写真をパソコンに移動します。写真をWindowsエクスプローラー経由で取得できるし、CopyTrans Photo経由でできます。

    旧iPhoneの写真をバックアップ

  2. iTunesでデバイスのアイコンを押します。

  3. 「写真」タブを開きます。「写真を同期」にチェックを入れて、「写真のコピー先」で写真のフォルダを設定します。
    iTunesでiPhoneに写真を同期
    ヒント:フォルダ内にあるサブフォルダがデバイス上に個別のアルバムとして移動されます。

  4. 「適用」をクリックします。

旧iPhoneのバックアップから写真を復元

新しいデバイスに写真を転送したいなら、一番簡単な方法はバックアップからの復元です。

方法1.バックアップから写真のみを復元

別のデバイスの既存のデータを上書きしたくない場合、CopyTrans Shelbeeが神ソフトです。

    CopyTrans Shelbeeの利点:

  • iPhoneのバックアップ先を自由に設定できる
  • 安全にバックアップ・復元を行えるよう「バックアップの確認」オプションが搭載される
  • カメラロールの写真だけでなく、ほかの種類のデータも個別に復元できる

バックアップから写真を復元

  1. CopyTrans Shelbeeをダウンロードします。ダウンロードリンクはこちら:

    CopyTrans Shelbeeをダウンロード

  2. 旧iPhoneを接続し、「バックアップ」でフルバックアップを開始します。
    iPhoneをバックアップ

  3. バックアップ完了後、新iPhoneを接続します。

  4. メイン画面で「選択して復元」を押します。
    「選択して復元」を選択

  5. バックアップを選択し、「写真」を選びます。「選択して復元」の手順についての詳細はこちらの記事をご覧ください。
    CopyTrans ShelbeeでiPhoneのバックアップから写真を復元

  6. 復元が完了した後、デバイスが再起動されます。写真をチェックします。

方法2.iPhone全体を復元

iTunes経由でiPhoneが自動的にバックアップされます。新iPhoneを接続すると、簡単な手順に従ってデータを復元できます。

    ご注意点:

  • データを個別に復元できない(写真またはアプリのデータのみを復元不可能)
  • カメラロール以外の写真がバックアップされない
  • 新iPhoneに何かデータがあった場合、すべてが上書きされる
  • 復元していると、バックアップが損傷している等のエラーが出てしまう場合がある

はじめる前に

iTunesでのバックアップ設定を確認します。

iPhoneの「概要」タブで「自動的にバックアップ」>「このコンピュータ」を選択した際、「最新のバックアップ」の日時をチェックします。以前にバックアップを作成しなかった場合、手動に開始します。

iTunesでバックアップを作成

完全なバックアップを復元

  1. iTunesに新しいデバイスを接続します。

  2. 復元するバックアップを選択します。
    iTunesで新iPhoneにデータを復元

  3. 上記画面が出なかった場合、デバイスの「概要」タブでバックアップを復元します。

    iTunesで「バックアップを復元」をクリック

  4. 復元の完了まで待ちます。

  5. 復元した写真をiPhoneに確認します。

写真をiCloudと同期

iCloudに写真をアップロードすると、どんなデバイスでも閲覧できます。

    ご注意点:

  • インターネット接続が必要
  • 一つのデバイスから写真を削除すると、写真がすべてのデバイスから削除される
  • iCloudストレージが足りない場合、写真をiCloudにアップロードできない
  • iCloudアカウントがハッキングされる可能性がある

iCloudに写真をアップロードし、他のデバイスと同期

  1. 旧iPhoneの「設定」>「Apple ID」>「iCloud」>「写真」でiCloud写真をオンにします。
    iPhone上でiCloud写真を有効化

  2. 写真がiCloudにアップロードする完了まで待ちます。

  3. 新iPhone上で同じApple IDアカウントにログインし、iCloud写真を有効にします。

iCloudからダウンロード中の写真の隣に雲アイコンがあります。

iCloudから写真をカメラロールにダウンロード

iCloudストレージが不足している時、写真を転送

写真をiCloudにアップロードしようとしているところ、「iCloudストレージがいっぱい」または「追加のiCloudストレージが必要」というメッセージが出る場合が多々あります。どうすればいいですか?

まず、iCloudストレージ領域を占有しているデータを確認してください。詳細は、「iCloudの5 GBストレージが足りる!容量を増加と管理」という記事にあります。

iCloudストレージを増加しても容量が足りない場合、または有料ストレージプランに変更したくない場合、上記に紹介された方法に従ってください。

まとめ表

機能 / プログラム iTunes CopyTrans Shelbee CopyTrans Photo iCloud
カメラロールの写真のみを転送
カメラロール以外の写真を転送
インターネット接続 必要・不要 不要 不要 不要 必要