iTunesなしでPCからiPhoneに写真を追加する6つの方法

iTunesなしでPCからiPhoneに写真を入れる6つの方法

1 評2 価3 価4 価5 価 (29 の投票、平均: 3.76 / 5)

iPhoneの写真をパソコンにバックアップする方法はたくさんありますが、逆に、写真をiPhoneまたはiPadに追加するには、どうすればいいのでしょうか。

最初に思い付くのはきっとiTunesでしょう。iTunes経由で写真を入れると、iPhoneフォトライブラリ内の既存の写真が一旦すべて削除され、毎回フォトライブラリ全体が上書きされます。そのため、単に新しい写真をインポートできません。

それは面倒くさいと思いませんか?

実際に、iTunesを使わないで、パソコンからiPadやiPhoneに写真を移動する方法があります。以下で6つの方法を紹介します。

CopyTrans PhotoでiPhoneの写真をパソコンに保存

CopyTrans Photoで
パソコンからiPhoneに写真を移動

 

利点:

 クラウドアカウントにログインなし、安全にiPhoneに写真を送る
 写真の転送だけでなく、iPhone上での写真やアルバムを管理可能
 iPhone上の全ての写真をパソコンに1つのクリックでバックアップ
 CopyTrans PhotoはHEICの写真に完全対応

クラウドに個人のデータをアップロードせずに、個々の写真またはすべてのアルバムをパソコンからiPhoneにコピーする場合は、CopyTrans Photoはおすすめです。このプログラムでは、iPhone、iPad、Windows パソコン間で写真やビデオをコピーすることができます。

CopyTrans Photoを使えば写真の転送だけでなく、iPhone上で写真やアルバムを簡単に管理できます:

  • アルバムを作成・削除
  • 不要な写真や動画を削除
  • アルバム内の写真を整理
  • HEICの写真を閲覧・JPEGに変換
  • iPhoneの動画を再生

CopyTrans Photoを使って写真をPCからiPhoneに転送する手順:

  1. まず、CopyTrans Photoをインストールします。
  2. CopyTrans Photoをダウンロード

  3. プログラムを起動してiPhoneを接続します。
  4. 追加したい画像を右のパソコン側から左のiPhone側にドラッグアンドドロップします。
  5. そしたら「変更を適用」を押します。これだけ!

CopyTrans Photoで写真をiPhoneに追加

iCloudから写真をダウンロード

 

iCloudを使って写真をiPhoneに入れる

 

欠点:

デバイス上で写真を削除しても、しばらくの間Appleサーバーから削除されない
iCloudで作成したアルバムをデバイス上で表示するため、全てのアルバムと同期する必要がある
無料で利用できるストレージ容量は5GBまで
iCloud写真を無効にして、しばらくしてから再度有効にすると、iTunesまたは他のプログラムで追加した写真が削除される

icloud.comにログインし、写真タブを選択し、iCloudと同期している画像や写真をすぐに表示します。 iCloudに写真をアップロードするには、右上にある雲アイコンをクリックし、写真を選択し、追加します。

icloud.comで写真を追加

デバイス上、iCloudフォトライブラリを有効にした場合、アップロードした写真はすぐにiPhoneの写真アプリに表示されます。iCloudフォトライブラリを「設定」>「Apple ID」>「iCloud」>「写真」で有効化できます。

iCloudに追加した写真を一括してダウンロード・削除するにはCopyTrans Cloudlyを利用してください。

ラインアプリのアイコン

 

LINEデスクトップ版からiPhoneに写真を転送

 

LINEデスクトップ版はパソコンからiPhoneに写真、動画や書類を転送したい場合、便利ですが、移した写真をデバイスに保存するには、いつかのステップが必要です。

まず、LINEデスクトップ版を起動します。

LINEデスクトップ版で写真をアップロード

トークを選択して、クリップアイコンをクリックします。写真を選択し、送信します。

その後、iPhone用LINEアプリを起動し、転送した写真をタップし、右下にある矢印アイコンをクリックします。これで写真をiPhoneのカメラロールに保存できます。

LINEデスクトップ版経由で写真を追加し、iPhoneに保存

GoogleドライブにiPhoneの写真を保存

 

Googleドライブから写真をインポート

 

Googleアカウントをお持ちでしたら、Googleドライブで15GBのストレージを取得できます。パソコンからGoogleドライブのフォルダまたはGoogleドライブのサイトに写真を追加し、iOSアプリからカメラロールに保存できます。写真を開き、長押しすると、「カメラロールに保存」のメッセージが出ます。「OK」をクリックします。

GoogleDrive

DropboxにiPhoneの写真を移動

 

Dropbox経由で写真をiPhoneに移す

 

Dropboxをパソコン上にインストールしたり、dropbox.comからアクセスしたりできますので、とても便利です。ログインし、フォルダを作成し、パソコンから写真をアップロードします。これらの写真は、iPhoneのDropboxアプリで見ることができます。写真を開き、長押しすると、「カメラロールに保存」のオプションが出ます。ここで「カメラロールに保存」をタップします。

Dropboxから写真をiPhoneに保存

Dropbox・Googleドライブの欠点

残念ながら、Dropbox・Googleドライブでは個々の写真のみをアップロードすることはできますが、フォルダ丸ごとをインポートすることはできません。
Googleドライブにアップロードした写真はiPhoneのデフォルトの写真アプリに保存されず、Googleドライブのアプリに保存されるため、それらの写真を編集することはできません。
iPhoneに写真を一つずつしか保存できません。
画質が悪くなることがあります。
Dropboxは無料ストレージを2GBしか提供していません。

iPhoneの写真をメールで送信

 

iPhoneに写真をメールにて送信

 

メールサービス自体は多いですが、基本的にどれを使っても操作は似ています。

写真を選択し、メールに添付します。「自分」にメールを送信または下書きに保存します。iPhone用Gmailアプリ(保存したい写真をタップして、ダウンロードアイコンをクリック)からカメラロールに保存します。

Gmail経由で写真をiPhoneに追加

メールの欠点

送った写真を一括してダウンロードできません。写真を一つずつiPhoneに保存しなければなりません。
メールのサイズの制限のため、大量の写真を転送するのが不可能です。Gmailを使って25MBしか送れません。


 

Avatar for Julia

By Julia

CopyTransの日本部門を担当しています。CopyTransのプログラムに関してご遠慮なくcopytrans@copytrans.jpまでお問い合わせください。大好きな本は森見登美彦の『ペンギン・ハイウェイ』です。ビデオゲームに深い興味があります。