iPhoneの写真をパソコンに保存する6つの方法

iPhoneの写真をパソコンに保存する6つの方法

iPhoneはスマホの間でもカメラの性能がよく、写真をすばやく簡単に撮ることができます。しかし、iPhoneの容量はすぐいっぱいになります。iPhoneの容量を増やす一番簡単な方法はその写真をパソコンにバックアップし、デバイスから削除することだと思います。iTunesではiPhoneの写真がバックアップできません。

こちらの記事では、写真をPCに移動する最も良い6つの方法を紹介します。こちらの方法ですとiPhoneの容量を増やせるだけでなく、アルバムで写真の整理もできます。

WindowsエクスプローラーでiPhone写真をPCに転送

Windowsエクスプローラー

Windowsエクスプローラーでは追加ソフトを使用することなく、iPhoneからパソコンに写真をコピーすることができます。

iPhoneをパソコンに接続して、エクスプローラーで「デバイス名」>「DCIM」フォルダにある写真をパソコン画面にドラッグ&ドロップします。
デメリットは写真が無秩序に保存され、フォルダー構成が保管されません。また、写真が正確に回転されていないことがあります。

WindowsエクスプローラーでiPhoneの写真をPCにドラッグ&ドロップ
iCloudから写真をダウンロード

iCloud

デバイスをパソコンに接続せずに、iCloud経由でiPhoneから写真やビデオをパソコンに転送することもできます。

まず、iPhoneでiCloudフォトライブラリを有効にします。手順は、設定>アップルID>iCloud>写真 でiCloudフォトライブラリをONにしてください。すると写真や動画は、iCloudにアップロードされます。

iCloudフォトライブラリを有効

iPhoneで写真の原画像を保持したい場合は「オリジナルをダウンロード」を選択し、iPhoneで写真のサムネイルのみを保存する場合は「iPhoneのストレージ最適化」をチェックしてください。

その後、インタネットブラウザーからiCloudにログインし、保存したい写真やビデオを1つずつ選択してダウンロードアイコンをクリックします。
iCloudから写真をダウンロード

ご注意ください:iCloudから同時にいくつかの写真をダウンロードしたい場合は、CTRLキーを押しながら各写真を選択する必要があります。しかし、エラーが発生した場合は、最初から始めないとなりません。またWindowsエクスプローラーと同様、アルバムは維持されません。

CopyTrans PhotoでiPhoneの写真をパソコンに保存

CopyTrans Photo

iPhone、iPad、パソコン間で写真や動画を転送、管理するためのシンプルなツールです。

iPhoneをパソコンに接続してプログラムを起動するだけでiPhoneの写真がすぐに読み込まれます。デバイスの写真はCopyTrans Photoの左側に表示され、PCのファイルアとフォルダが右側に表示されます。
CopyTrans PhotoでデバイスとPCの写真を表示

これで、複数の写真やすべての写真を1回で(CTRLキーとAキーを同時に押す)簡単にドラッグアンドドロップでパソコンに転送することができます。
CopyTrans PhotoでiPhoneの写真をPCにコピー
CopyTrans Photoの「フルバックアップ」機能を使用して、ワンクリックですべての写真をバックアップすることもできます。この方法でアルバムを保持したままiPhone上とまったく同じように写真を整理することができます。

メリット

  • デバイス ⇄ パソコン 双方向にすべての写真やアルバムを移動することが可能です。
  • 画質を劣化させずに写真転送することができます。
  • スマートバックアップ機能は、既存の写真を認識し、重複が作成されません。
  • すべてのiOSのバージョンとデバイスモデルに対応しています。

CopyTrans Photoをダウンロード

DropboxにiPhoneの写真を移動

Dropbox

Dropboxを使用すると、iPhoneから無線LAN経由でパソコンに写真を転送できます。

iPhoneにDropboxアプリをダウンロードして起動します。+アイコンをクリックして、「写真アップロード」をタップします。アップロードしたい写真を選択した後、「アップロード」をクリックします。
DropboxでiPhoneの写真をバックアップ

Dropboxアプリをパソコンにインストールし、新しく作成したDropboxフォルダを開き、そこにiPhoneの写真が表示されるので、その写真をパソコンのフォルダに移動できます。

デメリット:Dropboxで写真を管理するため、アカウントの作成が必要です。無料で2GBしか使用できません。さらにストレージ容量を増やしたい場合、1 TBのプラン(1,200円/月)を購入する必要があります。写真は1枚ずつのみ選択できます。

iPhoneのアルバム構成は保持されません。パソコン上で写真は作成日ではなく、アップロード日によって並び替えされます。また、誤って写真を2度コピーした場合、Dropboxでは重複は認識されないので、重複を作成します。

ヒント:複数の写真を選択するには、メモリーをクリックしてください。

GoogleドライブにiPhoneの写真を保存

Googleドライブ

Googleドライブ経由でiPhoneからパソコンに写真を移動するには、まずApp StoreからGoogleドライブをダウンロードします。

アプリを開き、+アイコン > アップロード > 写真と動画 をタップします。選択した写真はGoogleクラウドストレージにアップロードされます。
GoogleドライブにiPhoneの写真をアップロード

次に、パソコンにGoogleドライブをインストールします。「Googleドライブ」フォルダが作成されます。このフォルダを開き、iPhoneの写真が表示されます。

デメリット: 無料版では15GBのストレージ容量しか使用できなく、100GBのプランを250円/月で購入する必要があります。iPhoneで作成したフォトアルバムは考慮されません。Googleドライブは重複写真を認識しません。

iPhoneの写真をメールで送信

メール

iPhoneの写真を電子メールで送信することもできます。

これを行うには、写真アプリ > 写真を選択 > 左下にあるシェアボタンをクリックします。「メール」オプションを選択します。
デメリット:同時に5枚以上の写真を送ることはできません。その上、メールで動画を転送できません。

iPhone写真をメールで送信
CopyTrans CloudlyでiCloudの写真をバックアップ

【おまけ】CopyTrans Cloudly

iCloudフォトライブラリを有効にした場合、iPhoneで撮影した写真がiCloudに自動保存されます。
しかし、その写真をiCloudからパソコンに転送することは難しいです。
CopyTrans CloudlyはワンクリックでiCloud写真をパソコンに保存できるツールです。
メリット:非常にシンプルなソフトで、iCloud写真のダウンロードでき、iCloudから削除もできます。
 

CopyTrans Cloudlyをダウンロード

CopyTrans CloudlyでiCloud写真のダウンロード中

さいごに

写真と動画をiPhoneからPCに転送する最善の方法の一つはCopyTrans Photoだと思います。CopyTrans Photoは、アルバム構造を引き継いで、複数の写真やビデオをiPhoneとPC間でコピーすることができます。

CopyTrans Photoを使用すると、大事なメモリーをパソコンや外付けHDDに保存でき、個人データの安全性を心配する必要はありません。CopyTrans Photoは常に進化しており、ますます多くの新機能を追加しています。時間の節約と多くの手間を省くため、最もいい選択肢といえるでしょう。