Apps swallowed by apple

Appleが吸い込んだ4つの素晴らしいiPhoneアプリ

1 評2 価3 価4 価5 価 (まだレートがありません。)

App Storeについては、Appleが厳格であることは当たり前です。 ガイドラインに従わない場合アプリは禁止され削除されます。

以下の4つのアプリはガイドラインに従っているのにも関わらず、表向きの様々な理由でAppleによってApp Storeから削除されました。というのも、本当の理由は、Apple社の社員がこれらのアプリの機能を気に入ったので、それをiPhoneの機能の取り入れるため削除した可能性が高いです。さらに、これらの素晴らしいアプリを削除しただけでなく、機能をiOSの最新バージョンで模倣しました。毎日使ってるデバイスの機能は、本当はAppleに開発されたわけではないことを知っていましたか?気になりませんか?さあ、見ていきましょう!

1. Camera+ VS 音量調節の上ボタン↑

Camera Plus vs volume up button

音量拡大のボタンをクリックするだけで写真が撮れる機能はすごく簡単ですね。この機能はiOS 5以降導入されています。この機能を使えば、自撮りがずっと簡単にできるようになります。しかし実は、この操作による機能はCamera +という有名な写真アプリが開発したのです。Camera +にこそ感謝すべきですよ。

注目すべき点は、このアプリが公開されてすぐに強制的にApp Storeから削除されてしまいました。当時Apple社の役員は、「固定機能を持っているボタンに新しい機能を追加するのはユーザーに混同を招く恐れがある」と、説明しました。しかし、その数ヵ月後にはApple社はiOS 5で全く同じ機能を導入していました。

2. Coolpixel VS 画面録画

Coolpixel vs screen recording

iOS 11以前、iPhone及びiPadで画面録画は不可能でした。デバイスの画面を録画するのに、ユーザーはApp Storeで第三者アプリを探すしかありませんでした。画面録画アプリの中で、最もよいと思われていたアプリはCoolpixelでした。このアプリでiPhone及びiPadの画面を録画して、編集できました。

さて何が起こったかもうお分かりですね、Coolpixelは何回もApp Storeから削除されました。削除した理由は不明でしたが、画面録画の機能もその後はApple社によってiOS 11以降導入されました。

3. Find AirPods VS iPhoneを探す

Finder for AirPods vs find my phone

AirPodsが販売されてから、「片方を失うとどうなる? 」、「紛失したAirPodを見つける方法は?」等の多くの質問が寄せられました。「Find AirPods」というアプリは、紛失されたAirPod の謎を解決するため開発されました。このアプリを使うと、紛失したAirPodをすぐ見つけることが可能でした。 インターフェースはきれいで、探しているAirPodを選択、検索の機能も使いやすいので、良いアプリでした。

その結果、App Storeからこのアプリは突然削除されました。数週間後、iOS 10.3.3がリリースされました。iOSのアップデート後、初期設定のFind My Phoneアプリで失われたAirPodを検索する機能が導入されていました。

4. f.lux VS Night Shift

Flux vs Night Shift

夜間のブルーライトによる負担を軽減させる「f.lux」というアプリは、もともとWindowsとMac用のアプリでした。このアプリのiOS版が開発されましたが、App Storeに登録されませんでした。 ただし、直接サイトでダウンロードが可能でした。

これについて、Apple社の役員はf.luxの開発者に連絡して、公式チャンネル(App Store)を迂回のついでに、アプリを注意喚起しました。結果、Appleは2016年7月18日にiOS 9.3をリリースした際、Night Shiftと呼ばれる「f.lux」のアプリとほぼ同じ機能を導入し、「f.lux」のiOS版を強制終了させました。

まとめ

結局、よくある問題を解決するとき、どこも考えが似たようなものになります。 Appleは現在最もイノベーティブな企業としても人気ですが、ご覧のとおり他のアプリからアイデアを拝借していることもあります。Appleを過信するのはやめましょう(笑)