要確認!iPhoneのカメラロールのデータ消失を防ぐ方法

日常や旅先の写真、今や多くの人がiPhoneで撮っていると思います。iPhoneの容量の大部分が写真という人も沢山いるでしょう、私もその一人です。友達や家族との思い出、子供の成長などなど、大事に残しておきたい貴重な記録。たまにiPhoneを落としたら、とか、突然データが消えたら、と思うとゾッとします。昔のフィルムと違ってデータなので消えるのはあっという間ですものね。

iPhoneの写真が突然消えてしまう事って?

そんな大事な写真データですが、iPhoneの紛失や盗難、また間違って操作をしてしまいデータが消失、またはiTunesやiCloudの操作でデータが消えた、iOSのアップデートの時にデータが消えた、など、データの喪失のケースは枚挙に暇がありません。

こうやって、デバイス上から削除または消去されたデータは、殆どの場合、残念なことですが、リカバリー不可能な事が多いのです。

バックアップは必ずしましょう!

そんな不慮の事故によるデータ喪失を防ぐ唯一の方法、それはデータをバックアップしておくことです。「なんだそんなこと」と思いがちですが、意外に毎日または定期的にデバイスのバックアップを行っていないものです。

しかも、悲劇的なことですが、iTunesやiCloud、iOSのアップデートといったiOSデバイスに必要なツールや動作でデータが消えてしまう事がままあります。これを防ぐにはどうしたらいいでしょうか。

iTunesやiCloudを使わずに写真をバックアップする方法

それには、Appleのシステムから独立したデータバックアップを行う必要があります。大事なデータを守るための有効な手段の一つです。

CopyTrans Photoを使えば、iTunesもiCloudも介さず、パソコンやUSBなど好きな場所に自分の写真を保存しておけます。

また、バックアップだけでなくiOS端末⇔PC間での写真データの転送を安全かつスピーディーにできます。大きな利点は次の3つです。

  1. 「フルバックアップ」ボタン1つで全ての写真を一気にバックアップ
    ワンクリック処理なのでその操作は、非常にシンプルで誤操作の余地がありません。
  2.  複数iOS端末の写真データを一か所に管理することが可能
  3. マニュアル操作による写真転送時、サムネール表示とプレビューにより写真確認が可能
    マウスによるドラッグ&ドロップによる転送は、誤操作防止策として有効です。

CopyTrans Photoを使ってiPhoneで撮った写真をパソコンにバックアップしましょう。写真をiPhoneからパソコンにバックアップする方法はこちらのガイドをご覧ください:

iTunes・iCloudを使わずにiPhoneの写真をバックアップ

CopyTrans PhotoでiPhoneとPCの写真を表示

さいごに

いかがでしたか。やはり大事なのは日々のバックアップ。そしてiTunesやiCloudだけでなく、他のバックアップ方法でデータを保存しておく事が肝心です。ぜひこの機会に、ご自身のデバイスの写真バックアップは万全か、確認してみてください。この記事がお役に立てれば幸いです。