iPhoneのボイスメモをPCにバックアップ

意外と便利、iPhoneの「ボイスメモ」の使い方とPCに取り出す方法

iPhoneには音声を録音できる「ボイスメモ」という標準アプリがプレインストールされていますが、みなさんはお使いでしょうか。授業や会議を録音してあとから聞くなんていうことができる便利なアプリです。録音した音声はiPhoneで再生もできますが、会議の議事録など大切なデータはパソコンに保存しておくと安心です。

ボイスメモの使い方

  1. 「ボイスメモ」アプリをタップして開きます。
  2. 画面中央の赤いボタンをタップすると録音が開始します。アプリを閉じても録音は継続され、上の録音中をタップすると録音画面に戻ります。
    iPhoneのボイスメモ
  3. 赤いボタンを押すと一時停止、完了をタップして終了します。
  4. ボイスメモの名前を入力して保存します。
    ボイスメモ作成

ボイスメモはiPhone上で再生したり、iTunesで同期することもできますが、今回はボイスメモをパソコンに保存する3つの方法をご紹介します。

CopyTransを使ってボイスメモをパソコンにバックアップ

  1. CopyTransはこちらからダウンロードできます。インストール方法はこちらの記事にあります。

    CopyTransをダウンロード

  2. CopyTransを開いて、iPhoneをPCに接続します。プレイリストの欄にある「ボイスメモ」をクリックします。 
    ボイスメモをバックアップ
  3. 全てのボイスメモを選択するには上のチェックボックスにチェックを入れます。
    全てのボイスメモをバックアップ
  4. 鉛筆のアイコンをクリックして保存先フォルダを選択します。「バックアップ開始」をクリックするとバックアップが開始します。
    保存場所を選択
  5. これで選択した場所にiPhoneのボイスメモが保存されます。
    PCに保存されたボイスメモ

iTunesでiPhoneのボイスメモを同期

 

【重要】iTunesで同期する前に必ずお読みください:

  • iTunesでは一度しかパソコンに反映されず、iTunesからボイスメモを削除して再度同期を行っても転送されない。
  • iTunesの自動同期によってデータが消えたり、重複することがある。
  • 1時間を越える長いものは同期できない。
  • 普段iTunesを使っていないため、同期によってデータが削除される可能性がある。
  1. iTunesを起動し、iPhoneを接続します。デバイスのアイコンをクリックします。
    iTunesでiPhoneの概要を表示するため、デバイスのアイコンをクリック
  2. 概要で「ミュッジク」を選択します。「ミュッジクを同期」にチェックを入れます。
    iTunesでiPhoneのボイスメモを同期
  3. お使いのiPhoneが他のiTunesライブラリと同期された場合、このライブラリと同期すると、iPhone上全てのボイスメモや音楽が消えてしまいます。
    iTunesのメッセージ「itunes 置き換え  iphoneは一度に1つのitunesライブラリとしか同期できません」

  4. 同期が完了後、iTunesで「ボイスメモ」のプレイリストが作成されます。Windowsエクスプローラーで「C:\Users\ユーザー名\Music\iTunes\iTunes Media\Voice Memos」からiPhoneのボイスメモにアクセスできます。
    iTunes、WindowsエクスプローラーでiPhoneのボイスメモを表示

iPhoneのボイスメモを共有またはメールで送信

iPhoneのボイスメモをデバイスからシェアできます。適切な共有する方法を選択し、ボイスメモを一つ一つで送信します。

メールに送付できるファイルのサイズに上限がありますので、長いボイスメモは送れない場合があります。そのとき、CopyTransは一番便利なツールになります。
iPhoneからボイスメモを送信

さいごに

いかがでしたか。ボイスメモでお友達へハッピーバスデーのメッセージを作成、送信なんていかがでしょう。そんなこともiPhoneだと手軽にできますね。ボイスメモがたまってきたらiPhoneの容量を取りますので、定期的にパソコンにバックアップしてiPhoneの容量を軽くしておくといつでもさくさく動いてくれますよ。