いらいら

iPhoneユーザーのいらいらを解消する9つのTip集

iPhoneは便利なデバイスです。連絡帳、メモ帳、カメラ、その他いろいろなことがiPhoneひとつでできてしまうのですから便利ですよね。でも画面が小さく、文字入力やデータ編集にタッチパネルはつらいです。
面倒な作業はパソコンのキーボードとスクリーンを使うと作業がすいすい進みます。
今回はiPhone使用上のいらいらを解消すべく9つのTipをご紹介します。

iPhoneの文字入力にいらいら


iPhoneで新規に連絡先を入力したり、たくさんの予定をカレンダーに入れるのって結構面倒ですよね。パソコン上でキーボードを使えば楽々入力できます。

Tip 1. パソコンで連絡先を作成、編集

パソコンで連絡先を作成

連絡先の入力はパソコンのキーボードを使うとすいすい作業が進みます。
CopyTrans Contactsを使います。こちらからダウンロードしてください。

  1. 「連絡先」の項目の「+」をクリックして、必要な項目を入力
  2. 「デバイスに保存」をクリック

すぐにiPhoneに反映されます。

Tip 2. たまった連絡先の重複をパソコン上で一括削除ですっきり整理


重複を削除
  1. 検索バーに名前を入力
  2. 削除したい連絡先にチェックを入れる
  3. 赤いバツアイコンをクリック

これで重複もいっぺんに削除できます。

Tip 3. パソコンでカレンダーの予定を一気に作成、編集


PC上で予定を作成
CopyTrans Contactsのカレンダー編集機能を使えば簡単に予定が作成できます。

  1. CopyTrans Contactsのカレンダーアイコンをクリックし、「+」で新しいカレンダー、「新しいイベント」で予定を作成
  2. 必要事項を入力後、「変更を保存」ボタンクリック

繰り返しやアラームの設定もiPhone上でもきちんと表示されます。

連絡先のグループ分けができずにいらいら


iPhone上では連絡先のグループ分けが出来ません。大量の連絡先はグループに分けておくと便利です。

Tip 4. CopyTrans Contactsを使ってさくさくグループ作成



PCでグループ作成

  1. グループ上の「+」をクリック
  2. グループ名を入力して変更を保存
  3. 連絡先をドラッグ&ドロップでグループに追加

これでiPhone上にグループが反映されます。

Wi-Fiに繋がらなくていらいら


Wi-Fiに繋がらなくていらいらすることありますよね。
そんなときに次の2つを試してみてください。

Tip 5. 「Wi-Fi」の接続を一旦切断、だめなら「ネットワーク設定をリセット」


設定>「Wi-Fi」を一旦オフにしてオンにする。
Wi-Fi接続解除

それでも繋がらなければ「ネットワーク設定をリセット」を試してみましょう。
設定>「一般」>「リセット」>「ネットワーク設定をリセット」と順にタップします。
iPhoneにパスコードを設定しているときは、そのパスコードを入力します。
ネットワーク設定をリセット

この作業をすると、Wi-Fiの設定などは消えてしまい、再度Wi-Fi接続のためのパスワードの入力が必要となりますが、快適にWi-Fiに繋がるようになることがあります。Wi-Fiに繋がらずに困っている時、または繋がってもインターネットの速度が遅い場合は是非試してみてください。

まだWI-Fiが繋がらないようだったら、こちらの記事をご覧ください:

iPhone同士で連絡先を交換できない


iPhoneには赤外線でデータをやり取りする機能はありません。

Tip 6. iPhone同士ならAirDrop、AndroidユーザーにはSMSで送る


AirDropはコントロールセンターからBluetoothをオンにして送信します。
AirDropで連絡先を送信
AndroidやガラケーユーザーにはSMSで送ります。
SMSで連絡先を送信

容量が足りずiCloudやiTunesでバックアップできない


iCloudには5GBの制限があり、またiTunesはCドライブにバックアップを作成するため、十分な容量が確保できないとエラーが出てバックアップができません。

Tip 7. iTunesなしで好きな場所にiPhoneをバックアップ



CopyTrans Shelbeeは保存場所を選べるので、パソコンに容量がなくてもUSBメモリや外付けHDDにバックアップを作成できます。
CopyTrans Shelbeeをあらかじめこちらからダウンロードしてください。

  1. バックアップ>フルバックアップとクリック iPhoneをバックアップ
  2. 鉛筆アイコンをクリックして(①)、USBメモリ、または外付けHDDを選択したら、「スタート」(②)をクリックします。外付けHDDにバックアップ

カメラロールに写真がたまっている


アルバムを作成したり、不要な写真を一括削除したり、小さなiPhoneでするのは面倒でついつい先に延ばしてしまいがち。そんなときにはパソコン上で一気に整理しましょう。

Tip 8. パソコン上で写真の整理


CopyTrans Photoを使えばパソコンの画面に表示された写真を見ながら写真を一括削除、アルバム作成もさくさくできます。
CopyTrans Photoで写真の整理

CopyTrans PhotoだとワンクリックでiPhoneの写真とアルバムをPCにフルバックアップできます。
iPhone写真とアルバムをフルバックアップ
詳しい手順はこちら:
iPhoneの写真とアルバムをバックアップする方法

アルバムアイコンをクリックして簡単アルバム作成
アルバム作成
詳しい手順はこちら:
iPhone、iPad、iPod Touchのフォトアルバムを作る方法

iTunes同期が難しい


PCのデータをiPhoneに上書きするiTunesの「同期」という動作に慣れていないと、思わぬデータ消去で泣くことがあります。
同期せずにiPhoneに音楽を入れたり、またiPhoneの音楽をPCにバックアップということもできます。

Tip 9. iTunesなしでiPhoneに音楽を追加、PCに音楽をコピー


CopyTrans Managerを使えばPCから音楽をドラッグ&ドロップでiPhoneに追加できます。その際に既存のiPhoneの音楽は消えることがありません。
iTunesなしでiPhone音楽を追加
詳しい手順はこちら:
CopyTrans Managerの使い方

CopyTransを使ってiPhoneの音楽をPCにバックアップ
iPhoneの音楽をPCにコピー
詳しい手順はこちら:
iPod・iPhoneからiTunesへ音楽を転送する方法

さいごに

9つのTipはいかがでしたでしょうか。iPhoneを使っていて不便に感じることをまとめてみました。他にも不便だと思われることがありましたらコメント欄からお知らせください。

photo credit: 54/365 – My lack of skill via photopin (license)