PC容量不足で iPhoneのバックアップできない!そんな時の簡単対処方法

PC容量不足で iPhoneのバックアップできない!そんな時の簡単対処方法

iPhoneのバックアップしていますか?ある日iTunesでiPhoneのバックアップを行うと、「このコンピュータで十分な空き領域が使用できないため、iPhoneをバックアップできませんでした」というメッセージが!

 このコンピュータで十分な空き領域が使用できないため、iPhoneをバックアップできませんでしたというエラーメッセージ

このメッセージが出るということは、パソコンのCドライブの容量がギリギリで空きスペースを作る必要があります。

ですが家族とPCを共有してるとどのファイルを消したらいいかわかりません。それに、沢山のファイルがあってどこから手をつけていいのかわからない・・・。
そんな場合は、iTunesなしでiPhoneのバックアップができるCopyTrans Shelbeeを使って空いているディスクやUSBキーなどにバックアップしましょう。

このソフト、こんな時に役に立ちます

  • どのファイルを削除していいかわからない
  • できればファイルは削除したくない
  • 削除しても十分な場所が確保できない
  • そんな作業をしている時間はない
  • どこか別の場所にバックアップしたい

通常iTunesでiPhoneをバックアップする場合、バックアップ先を選ぶことはできませんが、CopyTrans Shelbeeなら外付けHDDやUSBキーなど、場所を自由に選べます

CopyTrans Shelbeeを使って、USBキーや外付けHDDへさくっとバックアップできますよ。使い方は簡単、ボタンを押していくだけの操作です。

iPhoneのバックアップを好きな場所に作成

  1. こちらからCopyTrans Shelbeeをダウンロードとインストール
  2. CopyTrans Shelbeeを開きiPhoneを接続、「バックアップ」>「フルバックアップ」を選択 
    「フルバックアップ」を選択
  3. 「青い鉛筆のアイコンをクリックして、空いている他のディスク、USBキー、または外付けHDDを選択したら、「開始」をクリック
    保存先を選択
  4. バックアップが終わったら確認しましょう。指定した場所に下記のように作成されています。
    CopyTrans Shelbee のバックアップ完了

この機会にPCの掃除をしようかな、という人は

いい機会だからパソコンの容量を空けようかな・・・と言う方は、どれだけ容量を空けたらいいのか気になるところですね。

一般的に、iTunesがiPhoneのバックアップを作成するには、iPhoneの容量の2倍以上が必要と言われています。iPhoneから簡単に確認できます。「設定」>「一般」>「情報」

iPhoneの容量を確認

容量を空けるにはディスククリーンアップを行いましょう。クリーンアップについてはこちらのサイトをご参照ください。 

さいごに

いかがでしたか。iPhoneのバックアップはしたいけど、ディスク容量が足りなくてできない、掃除も面倒、なんて時はCopyTrans Shelbeeを使って別の場所にささっとバックアップ作成できるのは便利ですよね。PCクラッシュの時のデータ喪失に備えることもできて一石二鳥です。

でもCドライブの容量がなくなると、パソコンの動作が遅くなる原因にもなりますので、時間のある時に整理なさることをお薦めします。