1 評2 価3 価4 価5 価 (2 の投票、平均: 5.00 のうち 5)

こちらではiPhoneとCopyTrans Contactsを使ってアドレス帳をWindows XP、Vista、Windows 7、8からWindows 10に転送する方法をご紹介します。

iPhoneの連絡先を転送

A. Windows XP、Vista、Windows 7、8のアドレス帳をiPhoneにインポート

  1. CopyTrans Contactsをこちらからダウンロードしてください:

    アドレス帳を古いPCからWindows 8に転送

  2. プログラムをインストールします。インストール方法については以下の記事をご覧ください。
    インストール方法

  3. CopyTrans Contactsを起動し、iPhoneを接続します。

  4. ノート: すでにiPhoneに連絡先があり、Windowsの連絡先と一緒にしたくない場合にはCopyTrans Contactsでグループを作成しそのグループにインポートすることが出来ます。

    グループを作成するには、グループパネル上で右クリックし、「新しいグループ」を選択します。「Windows アドレス帳」などと名前を付けて、ここにWindowsの連絡先をインポートします。

    新しいグループ

    iPhoneの連絡先をグループに分ける詳しい手順はこちらをご覧ください:
    iPhoneの連絡先をグループに分ける方法

  5. 「連絡先をインポート」ボタンを押して、古いPCに保存してあるWindows アドレス帳の中からインポートしたい連絡先を選択し、「開く」をクリックします。

    Windows アドレス帳をインポート

  6. これでWindows XP、Vista、Windows 7、8のアドレス帳をiPhoneにインポートできます。

    Windows アドレス帳をiPhoneに

B. Windows XP、Vista、Windows 7、8のアドレス帳をiPhoneからWindows 10に転送

  1. Windows 10パソコンにCopyTrans Contactsをダウンロードし起動し、iPhoneを接続します。

  2. CopyTrans Contactsのメイン画面で、iPhoneの連絡先リストからエクスポートしたい連絡先を選択します。複数選択するには連絡先の横のチェックボックスにチェックを入れます。全選択するには「連絡先」にチェックを入れます。Windows アドレス帳をあらかじめグループにインポートしてある場合には、グループパネルからそのグループを選択してください。

    Windows アドレス帳をインポート

  3. 「選択した項目をエクスポート」ボタンをクリックします。

  4. Windows 10上で連絡先を保存したい場所を選択し「OK」をクリックします。新しいウインドウが開き保存形式のオプションが表示されるので「Windows アドレス帳」を選択します。

    Windows アドレス帳

  5. これでWindows XP、Vista、Windows 7、8のアドレス帳をiPhoneから新しいWindows 10パソコンに転送できます。

これが簡単にCopyTrans Contactsを使ってアドレス帳をWindows XP、Vista、Windows 7、8からWindows 10転送する方法です。

michiko

By michiko

iPhone・iPod・iPadのデータを管理するソフトを開発するWindSolutionsで日本部門を担当しています。iPhoneに関する記事を中心にCopyTransソフトのアップデート情報もお伝えしています。iPhoneに関してここが知りたいなどリクエストがありましたらコメント欄からお知らせください。