1 評2 価3 価4 価5 価 (16 の投票、平均: 3.50 のうち 5)

このガイドはCopyTransでiPodやiPhoneのバックアップしたデータ(xmlファイルを含む)をiTunesにバックアップする方法を紹介しています。

CopyTransでiPhoneのデータをバックアップ

  1. CopyTransを起動してください。

  2. iPhone、iPadまたはiPodをパソコンに接続してください。

  3. 左上に「マニュアルバックアップ」をクリックし、「フォルダ」を選んでください。
    CopyTransでiPhoneの音楽をマニュアルバックアップする

  4. マニュアルバックアップが終わったら、CopyTransを閉じてiTunesを起動してください。

iTunesのセッティングを変更する

  1. iTunesを開きます。

  2. 編集メニューのなかの「設定」をクリックし、「詳細」タブを表示します。

  3. 「[iTunes Media]フォルダーを整理する」と「ライブラリへの追加時にファイルを[iTunes Media]フォルダーにコピーする」のチェックを図の様に外します。
    iTunesの設定

iTunesにバックアップをインポートする

  1. iTunesの「ファイル」>「ライブラリ」>「プレイリスト」をインポートをクリックします。
    プレイリストをインポート

  2. インポートするためのウィンドウが開くので、ファイルの種類が “全てのファイル”になってることを確認してください。CopyTransのマニュアルバックアップでバックアップした任意のフォルダを開きます。「_iPod_Backup_Library.xml」を選択し、「開く」をクリック。
    バックアップファイルを選択

これでiTunesの中に、音楽とプレイリストやその他の大切なデータがインポートされます。
iTunesにインポートした音楽

michiko

By michiko

iPhone・iPod・iPadのデータを管理するソフトを開発するWindSolutionsで日本部門を担当しています。iPhoneに関する記事を中心にCopyTransソフトのアップデート情報もお伝えしています。iPhoneに関してここが知りたいなどリクエストがありましたらコメント欄からお知らせください。