1 評2 価3 価4 価5 価 (4 の投票、平均: 5.00 のうち 5)

iTunesでiPhoneをバックアップする際には、前のバックアップに上書きされます。CopyTrans Shelbeeの差分バックアップ機能を使えば、前のバックアップを消さずに履歴として残すことができ、いつでもさかのぼってリストアすることができます。
写真や連絡先を誤って削除してしまったというときに、前のバックアップから復元することができます。

CopyTrans ShelbeeでiPhoneをフルバックアップ

  1. CopyTrans Shelbeeをこちらからダウンロードしてください:

    CopyTrans Shelbeeをダウンロード

  2. プログラムをインストールします。インストール方法についてはこちらの記事をご覧ください。

  3. CopyTrans Shelbeeを起動し、iPhoneを接続します。

  4. 「バックアップ」>「フルバックアップ」をクリックします。CopyTrans ShelbeeでiPhoneのフルバックアップをする

  5. ここで保存先フォルダを選択します。デフォルトではiTunesのバックアップと同じ場所(Cドライブ)になります。「変更」をクリックして好きな場所にフォルダを作成します。CopyTrans ShelbeeでiPhoneのバックアップ保存場所を変更する

  6. フォルダを作成するには「新しいフォルダを作成」をクリックして、フォルダの名前を入力し、「OK」をクリックします。CopyTrans ShelbeeでiPhoneのバックアップ保存場所を作成する

  7. 「スタート」をクリックするとバックアップが開始します。CopyTrans ShelbeeでiPhoneのフルバックアップを開始する

  8. バックアップの進行状況が表示されます。CopyTrans ShelbeeでiPhoneのバックアップ中

  9. これでバックアップが完了するとフォルダにバックアップが作成されています。CopyTrans ShelbeeでiPhoneのバックアップ保存場所

2回目以降は差分バックアップ

  1. CopyTrans Shelbeeを起動し、iPhoneを接続します。

  2. 「バックアップ」>「最新の変更」をクリックします。CopyTrans Shelbeeで最新の変更をクリックする

  3. ここで保存先フォルダを選択します。先回のバックアップを選択してください。CopyTrans Shelbeeでバックアップを選択する

  4. 「スタート」をクリックするとバックアップが開始します。CopyTrans Shelbeeで作成されたiPhoneのバックアップのフォルダ

  5. この方法でフルバックアップの後に差分バックアップを行うことで、バックアップ履歴を残し、いつでも復元することができます。

michiko

By michiko

iPhone・iPod・iPadのデータを管理するソフトを開発するWindSolutionsで日本部門を担当しています。iPhoneに関する記事を中心にCopyTransソフトのアップデート情報もお伝えしています。iPhoneに関してここが知りたいなどリクエストがありましたらコメント欄からお知らせください。