1 評2 価3 価4 価5 価 (15 の投票、平均: 3.80 のうち 5)

このページでは人気のiPhone 8・iPhone 8 Plus及びiPhone Xを購入後、どのように古いiPhoneからデータを移行するのか、その方法をご案内します。

フリーのCopyTrans Shelbeeを使うと、バックアップファイルのサイズの制限がなく、保存場所も自由に選べるため、iCloudやiTunesでバックアップできないという場合でも、簡単にPC上に複数のデバイスのバックアップを取ることができます。外付けHDDやUSBメモリにバックアップすれば、PCの故障の際にも安心です。この方法はiPadやiPod Touchでもお使いいただけます。

注意: auのiPhoneをバックアップする場合には、連絡先がバックアップファイルに含まれないことがありますので、このページの手順とは別に連絡先のみのバックアップを行うことをお勧めします。

CopyTrans Shelbeeで古いiPhoneをバックアップ

  1. CopyTrans Shelbeeをこちらからダウンロードしてください:

    CopyTrans Shelbeeをダウンロード

  2. プログラムをインストールします。インストール方法についてはこちらの記事をご覧ください。

  3. CopyTrans Shelbeeを起動し、iPhoneを接続します。

  4. 「バックアップ」>「フルバックアップ」をクリックします。古いiPhoneをフルバックアップ

  5. 保存先フォルダを選択します。デフォルトではiTunesのバックアップと同じ場所になります。「変更」をクリックすると好きな場所にフォルダを作成できます。バックアップ場所を変更

  6. フォルダを作成するには「新しいフォルダを作成」をクリックして、フォルダの名前を入力し、「OK」をクリックします。ここでは外付けHDDにフォルダを作成しています。バックアップフォルダを選択

  7. 「スタート」をクリックするとバックアップが開始します。バックアップスタート

  8. バックアップの進行状況が表示されます。バックアップ進行状況

  9. これで古いiPhoneのバックアップが完了です。

CopyTrans Shelbeeで新しいiPhoneにデータを復元

  1. 次に古いiPhoneを取り外し、新しいiPhoneを接続します。

  2. 「リストア」を選択します。iPhone 6にデータをリストア

  3. 「変更」をクリックして、リストアするファイルを選択します。バックアップファイル選択

  4. 古いiPhoneで作成したバックアップファイルを選択します。バックアップファイルを選択

  5. 確認画面が出るのでよければ「はい」をクリックします。確認画面

  6. 以前iTunesでバックアップを暗号化している場合には、そのときのパスワードが求められるので入力します。iTunesバックアップのパスワード

  7. リストアするファイルが確定したら「スタート」をクリックします。リストアスタート

  8. リストアの進行状況が表示されます。リストア中

  9. 確認画面が出たらリストア完了です。iPhone 6にリストア完了

CopyTrans Shelbeeを使うと、iTunesをインストールしていないどのパソコンからでもリストアできるので、あらかじめバックアップをUSBメモリに作成しておけば、会社や友人のパソコンからでもiPhoneやiPadを復元できます。自宅のパソコンでなくてもデータの移行ができるので、急ぎのときにも便利です。
CopyTrans Shelbeeでバックアップ、復元されるデータはiTunesのバックアップ、リストアと同じものです。詳しくはこちらをご覧ください。

michiko

By michiko

iPhone・iPod・iPadのデータを管理するソフトを開発するWindSolutionsで日本部門を担当しています。iPhoneに関する記事を中心にCopyTransソフトのアップデート情報もお伝えしています。iPhoneに関してここが知りたいなどリクエストがありましたらコメント欄からお知らせください。