1 評2 価3 価4 価5 価 (37 の投票、平均: 3.78 のうち 5)

iPhoneアプリ管理ツールのCopyTrans AppsにiPhoneのクリーンアップ機能が搭載されました。iPhoneにたまった不要なファイルを安全に削除し、アプリの動作を軽くします。

iOS 8.3以降のiOS搭載のiPhoneやiPadをお使いの方へ

iOS 8.3の仕様変更によりCopyTrans Appsは以下のファイルにアクセスできなくなりましたので、クリーンアップ機能はお使いいただけません。

CopyTrans Appsを使ってiPhoneをクリーンアップ

  1. CopyTrans Appsをこちらからダウンロードしてください:

    CopyTrans Appsをダウンロード

  2. プログラムをインストールします。CopyTrans Appsをインストールする方法はこちらにあります。

  3. CopyTrans Appsを起動し、iPhoneを接続します。下にあるクリーナーアイコンをクリックします。 iPhoneクリーナー

  4. 「スキャン」をクリックするとiPhone内のファイルのスキャンが始まります。iPhoneの余計なファイルをスキャン

  5. スキャンが完了すると各ファイルの容量が表示されるので、「全ての選択」にチェックをいれ、「クリーンアップを開始」ボタンを押します。 iPhoneクリーンアップ開始
    これらのファイルはアプリの動作に必要ないもので、iPhoneにためておくと動作が重くなってきますので、定期的にiPhoneの不要なファイルを削除することをお勧めします。

  6. クリーンアップが完了すると削除されたファイルの容量が表示されます。iPhoneクリーンアップ完了

  7. これでiPhoneの不要なファイルが安全に削除されます。定期的に行うとiPhoneの動作が快適に行えます。

michiko

By michiko

iPhone・iPod・iPadのデータを管理するソフトを開発するWindSolutionsで日本部門を担当しています。iPhoneに関する記事を中心にCopyTransソフトのアップデート情報もお伝えしています。iPhoneに関してここが知りたいなどリクエストがありましたらコメント欄からお知らせください。