1 評2 価3 価4 価5 価 (1 の投票、平均: 5.00 のうち 5)

CopyTrans Contactsを使うとクラウド同期しているiPhone、iPod Touch、iPadのメモの管理が簡単です。iCloud、Gmailと同期している全てのメモをCopyTrans Contactsで管理できます。こちらのガイドではPCからクラウドに接続、編集、管理する方法をご案内しています。

iOS 9搭載のデバイスをお使いの方へ

iOS 9でメモの仕様に変更があり、現在のところiCloudと同期しているメモの編集ができなくなりました。

クラウド同期しているメモをCopyTrans Contactsで管理

  1. CopyTrans Contactsをこちらからダウンロードしてください:

    CopyTrans Contactsでクラウドメモを管理

  2. プログラムをインストールします。CopyTrans Contactsをインストールする方法はこちらにあります。

  3. プログラムを起動し、iPhoneを接続します。 メイン画面右上の「もっと見る」から「クラウド設定」をクリックします。CopyTrans Contactsでクラウドアカウントを接続

  4. Gmail、Yahooと同期しているのメモにアクセスするため「+新しい接続」をクリックし、追加したいアカウントを選択します。 CopyTrans Contactsでクラウドアカウントを設定

  5. アカウントIDとパスワードを入力し「メモ」にチェックを入れて「アカウントを追加」をクリックします。 CopyTrans ContactsでGmailアカウントを接続する。

  6. アカウントの追加が完了したら「アカウント設定」のウインドウを閉じます。

  7. CopyTrans Contactsメイン画面左側からメモアイコンをクリックします。iPhone、iPod Touch、iPadのローカルに保存されているメモと一緒にiCloud、Gmail、Yahooと同期しているのメモが表示されます。クラウドメモの横にはそれぞれのサービスのアイコンが表示されます。 CopyTrans Contactsでクラウドと同期しているメモを表示する。
    ノート: iCloudと同期しているメモが表示されない場合は、こちらのガイドをご覧ください。

  8. これでクラウド同期している全てのメモもプログラム上で編集、削除、エクスポートができるようになります。変更は各アカウント上とiPhone、iPod Touch、iPadですぐに適用されます。CopyTrans ContactsでGmailと同期しているメモを編集する。

CopyTrans Contactsを使うと複数同期しているメモの編集もすばやく簡単に行えます。

michiko

By michiko

iPhone・iPod・iPadのデータを管理するソフトを開発するWindSolutionsで日本部門を担当しています。iPhoneに関する記事を中心にCopyTransソフトのアップデート情報もお伝えしています。iPhoneに関してここが知りたいなどリクエストがありましたらコメント欄からお知らせください。