1 評2 価3 価4 価5 価 (2 の投票、平均: 5.00 のうち 5)

写真をたくさん撮る方は「写真を撮影できません」という表示を少なくとも1回見たことがあるでしょう。

iPhoneの空き領域がなくなったという表示

このガイドを参考にしてそんなことはもう問題にはなりません。

iCloudフォトライブラリを有効にしていると、iPhoneにおかしいことが起こることに気づいたでしょう。カメラロールのフォルダーがなくなり、その代わりに「全ての写真」というアルバムが現れるのですが、その中から写真をCopyTrans PhotoでPCに転送しようとしたらカメラロール以外の画像は表示しないため、削除することができません。
iCloudフォトライブラリを使いたくない、または写真がCopyTransアプリ内で表示するようにしてそれらを編集、削除したい場合、この記事は役に立ちます。

  1. iCloudの公式サイトにApple IDを使ってログインします。
    iCloudにログイン

  2. ログインしたら「写真」をクリックします。
    iCloudの写真にアクセス

  3. それから全てのiCloud上の写真がブラウザに表示されます。「写真」のタブを選択します。
    iCloudにあるすべての写真を表示

  4. 残念ながらiCloudウエブサービスでは全ての写真を選択するように「CTRL+A」を使ってはいけないのですが、写真の手動選択のためにiCloud上にある写真をCTRLキーを押しながら、一つ一つで選択します。「モーメント内のすべての項目を共有」(①)をクリックすると、同時に複数の写真を選択ことができます。そして、「選択した項目をダウンロード」(➁)をクリックします。
    iCloudで複数の写真を選択

  5. その後、iCloud上にある全ての写真は削除しましょう。写真を削除するには全ての写真をも1度選択して「削除」(①)をクリックします。写真の削除を確認します(➁)。
    iCloudにある写真を削除

  6. これでiPhoneの設定でiCloudフォトライブラリを思い切って無効にすることができます。
    iPhoneでiCloudフォトライブラリを無効にする

ダウンロードされた写真は後でCopyTrans Photoを使ってiPhoneに移動できます:
CopyTrans PhotoでiPhoneに写真を移動

By Alex

CopyTransの日本部門を担当しています。CopyTransのプログラムに関してご遠慮なくcopytrans@copytrans.jpまでお問い合わせください。 ギターとピアノが弾け、音楽と絵画に対して興味深く感じています。 一番好きなゲームはDark Soulsです。