1 評2 価3 価4 価5 価 (16 の投票、平均: 3.88 のうち 5)

iCloudにサインアップすると、自動的に5GBの無料ストレージが使えるようになります。ところが写真やアプリが増えるにつれ、「iCloudストレージに十分な空き領域がないため、このiPhoneのバックアップは作成できません」いうメッセージがでる事があります。
iCloudメッセージ
容量を増やすため、ストレージを購入するようにメッセージがでますが、ストレージを購入したくない、でも今すぐデータをバックアップしたい、iCloudのデータを削除したくない場合は、無料のCopyTrans Shelbeeを使って簡単にPC上にiPhoneのバックアップを作成することができます。

iCloudやiTunesはバックアップの保存先を選ぶことができませんが、CopyTrans Shelbeeはパソコンの好きな場所にデータをバックアップできます。空いているディスクやUSBも保存先として選べるので、容量を気にする必要はありません。尚、iCloudではしばらくバックアップがされていないと、メッセージがでます。万が一に備えて定期的にバックアップしておくことも大事です。

CopyTrans ShelbeeでiPhoneをバックアップ

  1. CopyTrans Shelbeeをこちらからダウンロードしてください:

    CopyTrans ShelbeeでiPhoneをバックアップ

  2. プログラムをインストールします。インストール方法についてはこちらの記事をご覧ください。

  3. CopyTrans Shelbeeを起動、iPhoneを接続して、「バックアップ」をクリック。CopyTrans Shelbeeのメイン画面:バックアップとリストア

  4. 「フルバックアップ」をクリック。CopyTrans ShelbeeでiPhoneのフルバックアップをする

  5. ここで保存先フォルダを選択します。デフォルトではiTunesのバックアップと同じ場所(Cドライブ)になります。「変更」をクリックするとiPhoneのバックアップの保存先を変更出来ます。CopyTrans ShelbeeでiPhoneのバックアップ保存場所を変更する

  6. エクスプローラから任意のディスクをクリックしてから、「新しくフォルダを作成」をクリックします。ここでは外付けHDDを選択しています。

  7. 次にフォルダ名を入力し、「OK」をクリックします。CopyTrans ShelbeeでiPhoneのバックアップ保存場所を作成する

  8. 「スタート」をクリックするとバックアップが開始します。CopyTrans ShelbeeでiPhoneのフルバックアップを開始する

  9. バックアップの進行状況が表示されます。CopyTrans ShelbeeでiPhoneのバックアップ中

  10. これでバックアップが完了しました。CopyTrans ShelbeeでiPhoneのバックアップ完了

  11. 外付けHDDを確認すると作成したフォルダにiPhoneのバックアップが作成されています。CopyTrans ShelbeeでiPhoneのバックアップ保存場所

iCloudの容量を増やす方法

各アプリのiCloudのバックアップにどれだけ容量がとられているかは「設定>「iCloud」>「容量」>「ストレージを管理」>「このiPhone」で確認できます。iCloudバックアップ設定

フォトライブラリや容量をとっているアプリをリストからオフに設定します。
iCloudバックアップ項目を選択

これでiCloudの容量を増やし、バックアップを行うことができるようになります。

iCloudなしでiPhoneをバックアップするTip

michiko

By michiko

iPhone・iPod・iPadのデータを管理するソフトを開発するWindSolutionsで日本部門を担当しています。iPhoneに関する記事を中心にCopyTransソフトのアップデート情報もお伝えしています。iPhoneに関してここが知りたいなどリクエストがありましたらコメント欄からお知らせください。