1 評2 価3 価4 価5 価 (8 の投票、平均: 4.13 のうち 5)

CopyTrans Contactsでクラウドからの連絡先を削除しようとすると、下記のメッセージが出るとき、こちらのガイドの通りで、クラウドの連絡先を削除できるになります。
CopyTrans Contactsでクラウドに接続しないと、クラウドの連絡先を削除できないというメッセージ

お使いのクラウドサービスは:

iCloud、Gmailと同期している連絡先とグループを削除

CopyTrans Contactsを使ってiCloud、Gmailの連絡先とグループを削除できます。手順はこちら:

  1. CopyTrans Contactsを最新版にアップデート

  2. CopyTrans Contactsを起動し、iPhone、iPod Touch、iPadを接続

  3. CopyTrans Contactsメイン画面右上の「もっと見る」から「クラウド設定を選択」
    CopyTrans Contactsでクラウドアカウントを接続

  4. 「+新しい接続」をクリックし、iCloud、Gmailのいづれかを選択
    CopyTrans Contactsでクラウドアカウントを設定

  5. IDとパスワードを入力し、「連絡先」にチェックを入れたら「アカウントを追加」をクリック
    CopyTrans Contactsでクラウドアカウントにログイン

  6. これでCopyTrans Contacts上でiCloud、Gmailの連絡先を削除できます。削除したい連絡先上で右クリック、「連絡先を削除」を選択してください。
    CopyTrans Contactsでクラウドの連絡先を削除する

  7. これで編集した項目はすぐにiPhone、iCloud、Gmailに反映されます。

Exchangeと同期している連絡先とグループを削除

Exchangeのクラウドサービスと同期しているiPhoneの連絡先は、デフォルトではCopyTrans Contacts上で削除できません。

以下の方法でExchange連絡先をiPhoneに転送することができます。

この方法だとCopyTrans Contactsでバックアップ、完全管理が出来ますがExchangeとは連携されなくなります。

  1. iPhoneの連絡先をバックアップします。バックアップの方法はこちら: iPhoneの連絡先をバックアップする方法

  2. iPhoneの「設定」アプリを開く。

  3. 「メール/連絡先/カレンダー」をタップする

  4. iPhoneの連絡先と同期しているメールアドレスのアカウントをタップする。

  5. 「連絡先」をオフにする。続ける前にステップ1にあるiPhoneの連絡先がバックアップしてあるか確認して下さい。

  6. 「iPhoneから削除」をタップする。これで連絡先がiPhoneから消去されます。

  7. PCに保存したバックアップからiPhoneに連絡先をリストアする。リストアの方法はこちら: iPhoneに連絡先をインポートする方法

  8. これでExchangeと同期しているiPhoneの連絡先をCopyTrans Contactsで削除できるようになります。*

* Exchangeアカウント内の連絡先は変更されません。CopyTrans Contactsで編集後、再度Exchangeと同期する際には、まずアカウント内の連絡先を削除してください。こすることで重複が作成されるのを防ぐことができます。

michiko

By michiko

iPhone・iPod・iPadのデータを管理するソフトを開発するWindSolutionsで日本部門を担当しています。iPhoneに関する記事を中心にCopyTransソフトのアップデート情報もお伝えしています。iPhoneに関してここが知りたいなどリクエストがありましたらコメント欄からお知らせください。