1 評2 価3 価4 価5 価 (8 の投票、平均: 3.00 のうち 5)

iTunesでiPhoneを復元しようとして「バックアップが壊れているか、復元対象のiPhoneと互換性がないため、iPhoneを復元できませんでした。」とエラーメッセージが出る事があります。iTunesはバックアップ作成時に問題があっても、復元をするまでわからないところが不安です。

iphoneを復元できないエラー

iTunesと異なり、CopyTrans ShelbeeはiOSデバイスのバックアップ作成時に、データの保存に問題がないかどうか確認します。これで復元時にデータが壊れてリストアできないという状況を回避する事ができます。

今回はiPhoneのバックアップを行った時に、バックアップが上手くいったかどうか確認する方法をご案内します。

iPhoneのバックアップを確認する方法

  1. CopyTrans Shelbeeをこちらからダウンロードしてください:

    CopyTrans Shelbeeをダウンロード

  2. プログラムをインストールします。インストール方法についてはこちらの記事をご覧ください。

  3. CopyTrans Shelbeeを起動し、iPhoneを接続します。

  4. 「バックアップ」>「フルバックアップ」をクリックします。
    iTunesなしでiPhoneのデータをバックアップ

  5. オプション(①)をクリックし、バックアップを確認する(②)にチェックが入っているか確認。OKならスタート(③)をクリックします。
    iPhoneのバックアップを確認オプション

  6. バックアップ進行画面では、どのデータがバックアップ中が一目で確認できます。「バックアップの確認」は一番最後の過程です。
    iPhoneバックアップの最後に確認

  7. バックアップ終了です。
    iOSのバックアップ作業完了
    次回、iPhoneを復元する際は、問題なくリストアしていただけます。CopyTrans Shelbeeの「リストア」を選んで作業を行ってください。
    iPhoneバックアップをリストア

以上が、iPhoneを復元できないというエラーを回避する方法です。 

By fumi

iPhoneのデータ管理ソフトCopyTransの日本部門を担当しています。主な業務はマーケティング、使っているのはiPhone 5s(スペースグレイ)です。弊社ソフト、iPhone情報の他、たまにセキュリティなどの長めの記事を投稿することも。

  • 小林

    ipnone6からipnone7へリストアしたいのですが、バージョンが対応していないので失敗となります。リストアはできないのでしょうか?iphone6のバージョンは最新にアップデートしてあります。

    • 小林様、ご連絡ありがとうございます。CopyTrans Shelbeeのバックアップ失敗の原因をもっと詳しく調べるように、お手数を掛けしますがログファイルを作成して弊社サポートのメールにご送付をお願いします。
      ログファイルの作成手順は以下のページで詳細に説明されていますので、ご覧ください。
      http://www.copytrans.jp/support/?p=458

      よろしくお願いします。