1 評2 価3 価4 価5 価 (25 の投票、平均: 4.08 のうち 5)

iTunesでiPhoneをバックアップする場合にはCドライブにバックアップファイルが保存されます。Cドライブに十分な空き容量がない場合にはエラーメッセージ出てバックアップできません。iTunesバックアップエラー
その場合にはフリーのCopyTrans Shelbeeを使うと簡単にiTunesのバックアップの保存場所を、外付けHDDやUSBメモリなど好きな場所に設定できます。

CopyTrans ShelbeeでiPhoneをバックアップ

  1. CopyTrans Shelbeeをこちらからダウンロードしてください:

    CopyTrans Shelbeeをダウンロード

  2. プログラムをインストールします。インストール方法についてはこちらの記事をご覧ください。

  3. CopyTrans Shelbeeを起動し、iPhoneを接続します。Shelbeeのスプラシュースクリーン

  4. 「バックアップ」をクリックします。CopyTrans Shelbeeのメイン画面:バックアップとリストア

  5. 「フルバックアップ」をクリックします。CopyTrans ShelbeeでiPhoneのフルバックアップをする

  6. ここで保存先フォルダを選択します。デフォルトではiTunesのバックアップと同じ場所(Cドライブ)になります。「変更」をクリックするとiPhoneのバックアップの保存先を変更出来ます。バックアップ場所を選択

  7. エクスプローラから希望のディスクをクリックしてから、「新しくフォルダを作成」をクリックします。ここでは外付けHDDを選択しています。

  8. 次にフォルダ名を入力し、「OK」をクリックします。バックアップフォルダの作成

  9. 「スタート」をクリックするとバックアップが開始します。CopyTrans ShelbeeでiPhoneのフルバックアップを開始する

  10. バックアップの進行状況が表示されます。CopyTrans ShelbeeでiPhoneのバックアップ中

  11. これでバックアップが完了しました。CopyTrans Shelbeeでリストア終了

  12. 外付けHDDを確認すると作成したフォルダにiPhoneのバックアップが作成されています。CopyTrans ShelbeeでiPhoneのバックアップ保存場所

CopyTrans Shelbeeを使うとパソコンに容量がなくても、外付けHDDやUSBメモリにiPhoneのバックアップを作成できます。

michiko

By michiko

iPhone・iPod・iPadのデータを管理するソフトを開発するWindSolutionsで日本部門を担当しています。iPhoneに関する記事を中心にCopyTransソフトのアップデート情報もお伝えしています。iPhoneに関してここが知りたいなどリクエストがありましたらコメント欄からお知らせください。