1 評2 価3 価4 価5 価 (1 の投票、平均: 5.00 のうち 5)

iTunesの自動同期設定はiTunesライブラリのアップデートを自動でiPodに更新する便利な設定です。

自動同期設定にしておくとiTunesのライブラリが変更された際には、次回iPodを繋ぐとiTunesのライブラリ通りにiPodがアップデートされます。

しかし、もしiTunesのライブラリが壊れてしまったり、消去されてしまったりした場合(iTunesやOSの再インストール・PCの新規購入等)、自動アップデートモードがかえって脅威になることがあります。

壊れた状態の、もしくは何もないiTunesのライブラリと同期して、iPod内の音楽を全て消去しまうことがあるからです。
空のiTunes

iTunesに問題があったり、最新のライブラリ状態がどうなってるかはっきりしない場合は「手動同期」モードにしておくと、最悪な事態を未然に防ぐことができます。

CopyTransをご使用になる際はアップデート(同期)モードが手動になってることをお確かめ下さい。

デバイスの同期設定につきましてはAppleのサポート記事もご覧ください。

michiko

By michiko

iPhone・iPod・iPadのデータを管理するソフトを開発するWindSolutionsで日本部門を担当しています。iPhoneに関する記事を中心にCopyTransソフトのアップデート情報もお伝えしています。iPhoneに関してここが知りたいなどリクエストがありましたらコメント欄からお知らせください。