1 評2 価3 価4 価5 価 (4 の投票、平均: 4.50 のうち 5)

家族で一台のPCを使っていて、複数のiPhoneをバックアップ、リストアする際にデータが混ざってしまうということがあります。フリーのCopyTrans Shelbeeを使うと簡単にフォルダ分けすることができ、個別にバックアップ、リストアすることができるので、データが混ざることがありません。iPadやiPad mini、iPod Touchも同様にバックアップできます。

CopyTrans Shelbeeで複数のiPhoneをバックアップ

  1. CopyTrans Shelbeeをこちらからダウンロードしてください:

    iPhoneをバックアップ

  2. プログラムをインストールします。インストール方法についてはこちらの記事をご覧ください。

  3. CopyTrans Shelbeeを起動し、iPhoneを接続します。

  4. 「バックアップ」をクリックします。iPhoneバックアップ

  5. 「フルバックアップ」をクリックします。フルバックアップ

  6. ここで保存先フォルダを選択します。デフォルトではiTunesのバックアップと同じ場所(Cドライブ)になります。「変更」をクリックするとiPhoneのバックアップの保存先を変更出来ます。バックアップ保存場所を変更

  7. エクスプローラから希望のディスクをクリックしてから、「新しくフォルダを作成」をクリックします。ここでは外付けHDDを選択しています。バックアップフォルダを選択

  8. 次にフォルダ名を入力し、「OK」をクリックします。フォルダに名前をつける

  9. 「スタート」をクリックするとバックアップが開始します。バックアップスタート

  10. バックアップの進行状況が表示されます。バックアップ進行状況

  11. この画面が出たら「完了」をクリックします。バックアップ完了

  12. 左上のプルダウンからバックアップするデバイスを選択し、手順4から10をデバイスごとに繰り返します。複数のデバイス

  13. 全てのバックアップが完了したらフォルダを開いて確認して下さい。バックアップ専用フォルダで管理すると分かりやすく便利です。複数のデバイスをバックアップ

この様に複数のデバイスを簡単にフォルダ分けして管理できるので、データが混ざることなく安心です。

michiko

By michiko

iPhone・iPod・iPadのデータを管理するソフトを開発するWindSolutionsで日本部門を担当しています。iPhoneに関する記事を中心にCopyTransソフトのアップデート情報もお伝えしています。iPhoneに関してここが知りたいなどリクエストがありましたらコメント欄からお知らせください。