1 評2 価3 価4 価5 価 (114 の投票、平均: 3.67 のうち 5)

こちらのガイドではiTunesをインストールすることなにiPhoneのアプリをPCに転送、バックアップする方法をご紹介しています。どちらの方法もiPhone、iPad、iPod Touchすべてのタイプでお試しいただけます。

iOS 9搭載のデバイスをお使いの方へ

iOS 9リリースによりソフトの機能に変更があります。

CopyTrans Appsを使ってiPhoneのアプリをPCにバックアップ出来ます

CopyTrans Appsを使うとアプリを設定やデータも一緒にバックアップされます。現在無料でお使いいただけます。

iTunesなしでiPhoneアプリとデータをバックアップ

iTunesなしでアプリの管理

CopyTransを使ってiPhoneのアプリをPCにバックアップ

この方法だとデータはバックアップされませんので、アプリのデータもバックアップしたい場合にはCopyTrans Appsを使ってバックアップしてください。

  1. CopyTransをこちらからダウンロードしてください:

    iTunesなしでiPhoneアプリをバックアップ

  2. プログラムをインストールします。CopyTransをインストールする方法はこちらにあります。

  3. iTunesを閉じてからCopyTransを起動します。

  4. iPhone、iPad、iPod Touchを接続します。アプリはプレイリストの「Applications」に表示されます。
    アプリをバックアップ

  5. 「マニュアルバックアップ」を選択します。
    アプリをマニュアルバックアップ

  6. バックアップしたいアプリの横にチェックをいれます。全てのアプリを選択するには「Applications」にチェックを入れ、「フォルダ」をクリックします。
    フォルダにバックアップ

  7. パソコン上のフォルダからiPhoneアプリをバックアップする場所を選択します。新たにフォルダを作成することもできます。
    アプリの保存場所

  8. 「バックアップ開始」をクリックします。
    バックアップ開始

  9. これでバックアップが開始します。
    バックアップ中

  10. バックアップが完了すると選択したフォルダにiPhoneアプリがIPAファイルとして保存されます。
    バックアップされたアプリ

  11. これがiTunesをインストールすることなにiOSアプリをPCに転送、バックアップする方法をです。

michiko

By michiko

iPhone・iPod・iPadのデータを管理するソフトを開発するWindSolutionsで日本部門を担当しています。iPhoneに関する記事を中心にCopyTransソフトのアップデート情報もお伝えしています。iPhoneに関してここが知りたいなどリクエストがありましたらコメント欄からお知らせください。