1 評2 価3 価4 価5 価 (24 の投票、平均: 3.25 のうち 5)

こちらのガイドではOutlookカレンダーをiPhoneに転送する方法をご紹介します。Outlook 2007またはOutlook 2010を使うと複数のイベントをひとつのiCalendar(.ics)ファイルとしてエクスポートできます。このファイルをCopyTrans Contactsを使って簡単にiPhone、iPad、iPod TouchにOutlookのカレンダーを転送できます。

  1. Outlookを起動し、「予定表」をクリックしてカレンダーを表示させます。
    OutlookのカレンダーをiPhoneへ

  2. 「ファイル」から「予定表を保存」を選択します。

    Outlookの予定表をエクスポート

  3. 「ファイル名をつけて保存」のウィンドウで「その他のオプション」をクリックします。
    iPhoneへ予定表を転送

  4. Outlookカレンダーからエクスポートする予定表の期間を指定します。全てのイベントを含む予定表全体を選択することもできます。期間を選択したら「OK」をクリックします。
    Outlookのカレンダーをエクスポート

  5. これでPC上の任意の場所にひとつのICSファイルとしてOutlookカレンダーイベントがエクスポートされます。
    OutlookのカレンダーをPCに保存

  6. 次に CopyTrans Contactsをこちらからダウンロードしてください:

    OutlookのカレンダーをiPhoneにエクスポート

  7. プログラムをインストールします。CopyTrans Contactsをインストールする方法は以下のページにあります。
    インストール方法

  8. プログラムを起動し、iPhoneを接続します。 iPhoneのデータが読み込まれるのを待ちます。読み込まれたら左側にあるカレンダーアイコンをクリックします。
    iPhoneカレンダー

  9. 「カレンダーをインポート」ボタンをクリックし、保存したOutlookカレンダーのICSファイルを選択します。
    Outlookの予定表をiPhoneへインポート

  10. これでOutlookカレンダーがiPhoneに転送されます。
    OutlookからiPhoneへ予定表を転送

これがOutlookカレンダーを簡単にiPhoneにエクスポートする方法です。
Outlookの予定がiPhoneへ

michiko

By michiko

iPhone・iPod・iPadのデータを管理するソフトを開発するWindSolutionsで日本部門を担当しています。iPhoneに関する記事を中心にCopyTransソフトのアップデート情報もお伝えしています。iPhoneに関してここが知りたいなどリクエストがありましたらコメント欄からお知らせください。