CopyTransとCopyTrans Managerの違い

弊社サポートのメールの中に音楽をiTunesに移動できない、バックアップのボタンが表示されないというお客様がかなりいます。問題をもっと詳しく調査すると、そういう人は音楽バックアプをCopyTrans Managerで実行しようとしています。

そもそもCopyTrans ManagerとCopyTransはまったく反対のことを目的としていますから、CopyTrans Managerで音楽のバックアップを取ろうとしいるお客様は当然曲をiTunesに移動できません。

お客様は将来にこの2つのプログラムを間違えないように、この記事でCopyTransとCopyTrans Managerとの違いは何なのか説明させていただきます。

CopyTrans Manager

もともとCopyTrans Managerの機能はPC上の音楽をiPhone, iPand, iPod Touchに移動することですが、それに加えて機能がいろいろあります。
しかし、その中にiPhone内の音楽をiTunesに保存することが入っていません。
iPhone内の音楽をiTunesに保存するためのアプリはCopyTransなのです。

最新版のCopyTrans Managerを無料で使おう

以下はCopyTrans Managerでできることを紹介させていただきます。

できること

CopyTrans

CopyTransの機能はCopyTrans Managerとは違いますが、共通点はどちらのプログラムも音楽や動画を管理するために使われることです。
ただ、CopyTransはiPhone、iPad、iPodにある音楽や動画などをiTunes、またはPCのフォルダに保存することを目的としています。
例えばパソコンを買い換えることになったとしたら、新パソコンにiTunesをインストールしてiPhone内の音楽をそこに保存したい場合、CopyTransではそれができます。さらに、新PCでiTunesをインストールしなくてもiPhone内の音楽、動画などはiTunesを使用せずにPCフォルダに保存できます。

最新版のCopyTransを無料で体験

以下はCopyTransでできることを紹介させていただきます。

できること

iTunesに転送

フォルダに転送