iPhoneでWiFi機能使う

iPhoneでWi-Fiに繋がらないときの対処法

1 評2 価3 価4 価5 価 (6 の投票、平均: 4.33 / 5)

iPhoneを使っていると、急にWi-Fiネットワークに繋がらなくなった、iPhoneのWi-Fiに接続できない…なんて事はありませんか。そんな時のトラブルシューティングをご紹介します。

1.iPhoneのWi-Fiがオンになっていない問題の対処法

Wi-Fiがオンになっていることを確認してください。 コントロールセンターを使用してWi-Fiをオンにするのが最も簡単です。機内モードがオンになっているかどうかを確認してください。 iPhoneが機内モードの場合、Wi-Fiは無効になっています。機内モードをオフにしてください(「コントロールセンター」>「機内モード」>「オン/オフ」)。

2.Wi-Fiはセキュリティーで保護されている問題の対処法

Wi-Fiはセキュリティーで保護されているのかどうか確認してください。Wi-Fi設定画面(「設定」>「Wi-Fi」)の横にロックアイコンがあるため、保護されているネットワークを確認できます。パスワードが必要な場合、パスワードを入力するか、ロックされていないネットワークを探すことができます。Wifiはセキュリティーで保護

3.Copytrans Shelbeeで復元する対処法

Wi-Fiの設定が壊れていると、Wi-Fiに接続ができなくなります。その場合、iPhoneのネットワーク設定がリセットできます。しかし、リセットよりCopytrans Shelbeeでネットワーク設定を復元する方が使いやすいです。

iPhoneのWi-Fiに接続してみたら、「パスワードが違います」のエラーの対処法

iPhone/iPadのWi-Fi機能を使うと、「パスワードが違います」の問題はWi-Fiの接続で最もよくあるトラブルのようです。iPhone のすべてのモデル上で発生する事例として知られています。パスワードが違います

Wi-Fiのパスワードが忘れてしまって、繋がらない場合、CopyTrans ShelbeeでWi-Fi設定を復元してください。

  1. CopyTrans Shelbeeをこちらからダウンロードしてください:

    CopyTrans Shelbeeをダウンロード

  2. まず、デバイスの予備バックアップをしてください。最新バックアップの作成方法がわからない場合、「iTunesなしにiPhoneやiPadをバックアップ・復元する方法」という記事をご覧ください。

  3. 重要:デバイスには既にデータがない場合、古いバックアップからデータを復元することが必要です。他の人のiPhone(例え、妻/夫/父/母のiPhone)をバックアップし、自分のスマホを復元することも可能です。
  4. それでは、CopyTrans Shelbeeを実行します。

  5. 「選択して復元」をクリックします。選択して復元

  6. パソコン内にあるバックアップファイルを選択します。バックアップを暗号化した場合は、パスワードを入力します。バックアップ先を選択
    バックアップ先を選択

  7. 「次へ」をクリックします。バックアップファイルの読み込み中画面が表示されます。「次へ」クリックします

  8. 読み込み完了後、デバイスのバックアップされたアプリのリストが表示されます。CopyTrans Shelbeeのバックアップに含まれるデータの詳細は、「CopyTrans Shelbeeのバックアップに含まれるものは何ですか?」という記事を確認してください。

  9. Wi-Fiを選択し、もう一度「次へ」ボタンをクリックします。Wifiを選択してください

    • 復元先のデバイスが暗号化された場合、こちらの画面で暗号化のパスワードを入力します。
      復元先のデバイスのバックアップパスワードを入力

  10. デバイスのデータは大事なので、こちらの画面で念のため、復元先デバイスをバックアップします。復元先のデバイスをバックアップ

  11. 復元直前の画面です。データを確認し、「開始」ボタンをクリックします。情報を確認

  12. 復元完了の画面が出ると、作業終了です。復元したアプリのリストを確認するには、オレンジ色の「アプリのリストを保存」を押してください。ちなみに、アプリは手動でApp Storeからダウンロードする必要があります。
    CTSでiphone復元完了

4.iOSは最新版までアップデートされていない問題の対処法

iOSの新しいアップデートがあるかどうかを確認してください(「設定」>「一般」>「ソフトウェアアップデート」)。 アップデートのインストールは問題を解決するかもしれません。

5.位置情報がオンにしている問題の対処法

位置情報をオフにしてください(「設定」>「プライバシー」>「位置情報サービス」>「オフにする」)。時々、iPhoneは近くのWi-Fi ネットワークを使用しています。これは、iPhoneがWi-Fiに接続できない一つの理由です。

6.iPhone/iPadを工場出荷状態に戻す対処法

上記のことをすべてやってみて、それでもWi-Fiに接続できない場合、iPhone/iPadを工場出荷状態に戻してください。工場出荷の設定に戻すことにより、iPhone/iPadからすべてのデータと設定が削除されています。
そのため、リセットする前に、iPhone/iPadのデータを必ずバックアップしてください。
CopyTrans Shelbeeを使用して、バックアップについて以下の記事を確認してください。

  1. CopyTrans Shelbeeをこちらからダウンロードします。インストール手順は「インストール方法」という記事にあります。

    CopyTransShelbeeをダウンロード
  2. CopyTrans Shelbeeを起動し、iPhoneを接続します。

  3. 「バックアップ」をクリックします。バックアップを選択

  4. 「フルバックアップ」をクリックします。フルバックアップを選択

  5. 保存先フォルダを選択します。初期設定ではiTunesのバックアップと同じ場所になります。鉛筆のアイコンをクリックすると、好きな場所にフォルダを作成できます。バックアップ先を選択

  6. フォルダを指定したら「次へ」をクリックするとバックアップが開始します。バックアップ開始

  7. バックアップの進行状況が表示されます。CopyTrans ShelbeeでiPhoneのバックアップ中

  8. これでバックアップが完了しました。CopyTrans ShelbeeでiPhoneのバックアップ完了

*パスワード、Wi-Fi設定、アプリのログイン情報、Webサイトの履歴、健康データなどのことをバックアップする場合は、暗号化されたバックアップを作成してください。

リセットが完了すると、iPhone/iPadには何も残っていません。その後、新しいiPhone/iPadとしてセットアップするか、バックアップから復元することができます。Wi-Fiにアクセスできる設定のバックアップがあれば、簡単にiPhone/iPadを復元することができます。

  1. CopyTrans Shelbeeのメイン画面で「復元」を選択します。
    CopyTrans ShelbeeでiPhoneを復元

  2. 青い鉛筆のアイコンをクリックすると、復元先のiPhoneバックアップファイルを選択します。
    復元先のiPhoneバックアップファイルを選択


  3. 以前作成したiTunesのバックアップを暗号化している場合には、パスワードを入力します。
    復元前、iPhoneのバックアップパスワードを入力

  4. 復元するファイルが確定したら「開始」をクリックします。

  5. 確認画面が出たら復元が完了しました。

Avatar for fumi
作者: fumi

iPhoneのデータ管理ソフトCopyTransの日本部門を担当しています。主な業務はマーケティング、使っているのはiPhone 5s(スペースグレイ)です。弊社ソフト、iPhone情報の他、たまにセキュリティなどの長めの記事を投稿することも。