1 評2 価3 価4 価5 価 (4 の投票、平均: 3.75 のうち 5)

iCloudやGmailなどのクラウドサービスと同期しているiPhoneカレンダーやリマインダーは、CopyTrans Contactsで表示されません。CopyTrans ContactsでクラウドアカウントにアクセスするとクラウドのカレンダーやリマインダーをCopyTrans Contactsで表示、編集できるようになります。

対応状況:

iCloudやGmailに接続

  1. CopyTrans Contactsメイン画面右上の「もっと見る」から「クラウド設定」を開きます。
    CopyTrans Contactsでクラウドアカウントを接続

  2. 「+新しい接続」をクリックし、希望のクラウドアカウントを選択します。CopyTrans ContactsはiCloud、Gmailに対応しています。

  3. IDとパスワードを入力し、連絡先、カレンダー、リマインダーからアクセスしたいデータの項目にチェックを入れ「アカウントを追加」をクリックします。
    CopyTrans Contactsでクラウドアカウントを追加する。

任意のCardDAV/CalDAV アカウントに接続

CopyTrans ContactsでCardDAV/CalDAVを採用している任意のクラウドアカウントに接続し、連絡先、カレンダー、メモ、リマインダーを管理することができます。そのためにはiPhoneの「設定」アプリ内「メール/連絡先/カレンダー」でユーザー名やパスワードやサーバーアドレスなどを入力する必要があります。 iPhoneでアカウント設定

ノート: カスタムクラウドアカウントは会社や大学、または個人のクラウドサーバーと接続することができます。

  1. CopyTrans Contactsのクラウド設定タブから「+新しい接続」をクリックし、「Custom」を選択します。CopyTrans Contactsでカスタムアカウントを接続する。

  2. ユーザー名やパスワード、サーバーアドレスなどを入力し、同期したい項目にチェックを入れます。「アカウントを追加」をクリックします。CopyTrans Contactsでカスタムアカウントを設定する。

    ノート: ユーザー名、パスワード、サーバーアドレスはiPhoneで設定済みのものお使いください。

michiko

By michiko

iPhone・iPod・iPadのデータを管理するソフトを開発するWindSolutionsで日本部門を担当しています。iPhoneに関する記事を中心にCopyTransソフトのアップデート情報もお伝えしています。iPhoneに関してここが知りたいなどリクエストがありましたらコメント欄からお知らせください。