1 評2 価3 価4 価5 価 (7 の投票、平均: 4.57 のうち 5)

お問い合わせの際に、より早い問題解決のため弊社プログラムのログファイルと問題の詳細についてご説明いただきますようお願いいたします。

下記の手順でログファイルを作成し、サポートにご送付ください。

  1. ログファイルを作成するプログラム(logpacker.exe)をダウンロードしてください。
    logpacker.exeをダウンロード

  2. logpacker.exeを起動させます。
    PC上にlogpackerを表示

  3. 「Generate log files」(ログファイルを作成)をクリックしてください。ログファイルにはシステム情報が含まれます。CopyTransプログラム使用中の問題解決のために、MS infoをログファイルに添付することをお勧めします。「Include MS Info (recommended)」(MS Infoのデータを含む)をチェックしてください。
    ログファイルを作成

  4. MS InfoとはMicrosoft Windowsのシステム情報のことで、CopyTransプログラムのログファイルに含まれます。ファイルには、ハードウェアリソース、コンポーネント、ソフトウェア環境、インターネットの設定などのシステム情報が含まれます。
  5. 途中経過が表示されます。ログファイルの作成中

  6. ログファイル作成に成功したら下記ウィンドウが出ます。ログファイル作成完成

  7. デスクトップ上に “CopyTrans_Suite_Logs.zipped” というファイルが作成されます。
    (ファイルのアイコンは各パソコン環境により異なります)
    デスクトップの保存されたログファイル

  8. これをメールに添付し、サポートまでメールしてください。

  9. ログファイルをご送付いただく際、問題の状況も併せてご説明くださいますようお願いいたします。

手動的にログファイルを作成することもできます。どうぞ以下の手順に従ってください。

  1. C:\ProgramData\WindSolutions で問題が発生したCopyTrans製品のフォルダを選択します。

  2. 右クリックして、ZIP圧縮ソフトでログファイルをアーカイブに保管します。
    Windows ExplorerでCopyTrans製品のログファイルを表示

  3. ZIPファイルをサポートまでメールします。

michiko

By michiko

iPhone・iPod・iPadのデータを管理するソフトを開発するWindSolutionsで日本部門を担当しています。iPhoneに関する記事を中心にCopyTransソフトのアップデート情報もお伝えしています。iPhoneに関してここが知りたいなどリクエストがありましたらコメント欄からお知らせください。