1 評2 価3 価4 価5 価 (223 の投票、平均: 3.39 のうち 5)

こちらのガイドではCopyTrans TuneSwiftを使って音楽、ビデオ、アプリ、オーディオブック、ポッドキャスト、レート、アートワーク、プレイリストなどを含むiTunesライブラリ全体を、XPなどの古いPCからWindows 10搭載のPCに移行する方法をご紹介します。CopyTrans TuneSwiftはiOSのバックアップも一緒に転送しますので新しいiTunesでデバイスを初期化せずに、すぐに同期ができます。

CopyTrans TuneSwiftは自動でiTunesライブラリ全体を新しいWindows 10に転送します。音楽ファイルやビデオファイルの場所を自分で探さなくても、クリックしていくだけで全てをまとめて転送します。 移行方法は次の2ステップです:

現在お使いのパソコンで転送用のファイルを作成

  1. CopyTrans TuneSwiftをダウンロード:
    iTunesをWindows 10パソコンに移行

  2. CopyTrans TuneSwiftを起動。

  3. 「転送」ボタンをクリック。
    CopyTrans TuneSwiftでiTunesライブラリを転送する

  4. 「PC(Windows)」をクリック。
    CopyTrans TuneSwiftでiTunesライブラリをWindows10に転送する

  5. 「新しいパソコン」をクリック。
    CopyTrans TuneSwiftでiTunesライブラリを新しいパソコンに転送する

  6. 転送用ファイルを保存するためUSBメモリや外付けHDDを接続。

  7. ファイルの保存先を選択(USBメモリや外付けHDDなど)し、「転送スタート」ボタンをクリック。
    CopyTrans TuneSwiftでiTunesライブラリをバックアップする

  8. 保存先に転送用ファイル「iTunesBackup.tsw」が作成されます。これを新しいパソコンにリストアします。
    iTunesを移動
    注意: ライブラリの大きさによってファイルが複数作成されます。

新しいパソコンにリストア

  1. Windows 10パソコンにCopyTrans TuneSwiftをダウンロード:
    iTunesをWindows 10パソコンにリストア

  2. CopyTrans TuneSwiftを起動。

  3. 「リストア」をクリック
    CopyTrans TuneSwiftでiTunesライブラリをWindows10にリストアする

  4. 転送用ファイル「iTunesBackup.tsw」が保存されているUSBメモリや外付けHDDを接続

  5. 「リストアバックアップファイル」に「iTunesBackup.tsw」を選択。
    注意: 複数ある場合は、一番先頭のファイル(番号のないもの)を選んでください。

  6. 「iTunesライブラリのリストア先フォルダ」を選択。

  7. 「リストア スタート」をクリック。
    CopyTrans TuneSwiftでiTunesライブラリを新しいパソコンにリストアする

  8. リストアが終了したらiTunesを開いてライブラリを確認してください。

これで古いPCから新しいWindows 10搭載のPCにiTunesライブラリを移行できます。

michiko

By michiko

iPhone・iPod・iPadのデータを管理するソフトを開発するWindSolutionsで日本部門を担当しています。iPhoneに関する記事を中心にCopyTransソフトのアップデート情報もお伝えしています。iPhoneに関してここが知りたいなどリクエストがありましたらコメント欄からお知らせください。