1 評2 価3 価4 価5 価 (7 の投票、平均: 3.86 / 5)

iCloudフォトライブラリを有効にするとiPhoneの写真が自動的にiCloudにアップロードされます。このためAppleが提供する無料の5GBの容量をとり、全てのデータをiCloudでバックアップされないという自体も起こります。

こちらの記事ではiCloud写真を無効にする方法をご紹介しています。大事な写真はクラウド上ではなく自分のデバイスまたはPCに保存することをお勧めします。iTunesやiCloudを使わずにiPhoneの写真を管理することもできます。そのために、CopyTrans PhotoとCopyTrans Cloudlyを利用してください。


iPhoneでiCloudフォトライブラリが有効になっているかご確認

  1. 設定から自分の名前をタップしてください。

  2. 設定

  3. 「iCloud」をタップしてください。
    iCloud

  4. 「写真」がオンとなっているかどうか確認してください。
    iCloud写真


iCloudフォトライブラリが有効になっているとどうなる?

iCloud写真を有効にして、かつ「iPhoneストレージを最適化」にしているとフル解像度の写真がiCloud上の保存され、iPhoneにはサイズを圧縮した、低画質の写真が残ります。
iCloudフォトライブラリが有効になっていると?

このためAppleが無料で提供する5GBの容量がiPhoneの写真の容量にとられ、iCloudのバックアップが不完全になったり、バックアップ自体ができなくなったりします。


iPhoneでiCloudフォトライブラリを無効にする方法

  1. 設定から自分の名前をタップしてください。

  2. 設定

  3. 「iCloud」をタップしてください。
    iCloud

  4. 「写真」をタップしてください。
    iCloud写真

  5. 「iCloud写真」をオフにします。
    iCloudフォトライブラリを無効にする


「iPhoneのストレージを最適化」と「オリジナルをダウンロード」

「iPhoneのストレージを最適化」というオプションが有効になった場合は、iCloudフォトライブラリを無効するときに、最適化された写真とビデオはiPhoneから削除されるメッセージが表示されるわけです。

ライブラリを最適化する

iCloudフォトライブラリがオンにしていると、iPhoneの写真がiCloudにアップロードされています。iCloudにオリジナルな写真をアップロードされれますから、iPhoneで低画質のプレビューが表示されます。

オリジナルをダウンロード

iCloudフォトライブラリをオフすると写真が消えてしまわないように、「オリジナルをダウンロード」に切り替えることが必要です。


iCloudの容量が足りず、バックアップができないときの対処法

iCloudフォトライブラリを無効にした場合は、ワンクリックでiCloudの写真を削除・PCに保存することができます。このために、CopyTrans Cloudlyを試してみてください。

CopyTrans Cloudly→

copytrans cloudly

すべてのiPhone写真をオフラインで管理するには、CopyTransPhotoが必要です。 このプログラムを使用すると、iCloudやiTunesを使わずに写真を簡単に管理できます。 CopyTrans Photoでは、次の操作を行うことができます。

CopyTrans Photoをダウンロード 写真を転送

Avatar for michiko

By michiko

CopyTransで日本部門を担当しています。iPhoneに関する記事を中心にCopyTransソフトのアップデート情報もお伝えしています。iPhoneに関してここが知りたいなどリクエストがありましたらコメント欄からお知らせください。