1 評2 価3 価4 価5 価 (5 の投票、平均: 3.60 のうち 5)

iPhone、iPad、iPod TouchをiOSをアップグレードする前にはiPhoneの連絡先、メモ、写真、音楽、動画、プレイリストなどをあらかじめバックアップすることをお勧めします。
前のバージョンからiOSをアップデートする際にはiPhoneの音楽、動画、カメラロール以外に保存された写真は消去されます。
CopyTransプログラム、iCloudまたはiTunesを使ってiPhone、iPad、iPod Touchのデータをバックアップ方法をご紹介します。

iPhoneのデータをバックアップ方法:

CopyTransプログラムを使ってiPhoneの大事なデータをバックアップ

CopyTransプログラムを使ってiPhoneをアップデット前にデータをバックアップする

iPhoneのデータをバックアップ

  • CopyTransでiPhoneからiTunesとPCへ音楽をバックアップ

  • CopyTrans PhotoでiPhoneの写真やビデオをバックアップ

  • CopyTrans ContactsでiOSの連絡先、メッセージ、LINEトーク履歴、カレンダー、メモをバックアップ

  • CopyTrans ShelbeeでiPhoneの大切なデータをバックアップとリストア

iCloudを使ってiPhoneのデータをバックアップ

iCloudを使ってiPhoneの設定、アプリのデータなどをバックアップできます(「ミュージック」アプリの音楽や動画は含まれません)。
iPhone、iPad、iPod Touchの設定をiCloudにバックアップする方法はこちらです:

  1. 「設定」アプリから「iCloud」をタップiPhone設定をバックアップ

  2. 「ストレージとバックアップ」をタップiPhone設定をiCloudにバックアップ

  3. 「今すぐバックアップを作成」をタップするとiCloudアカウントにiPhone、iPod Touch、iPadのデータがバックアップされます。iCloudにバックアップ

iTunesを使ってiPhoneのデータをバックアップ

iCloudアカウントがない場合にはiTunesを使ってiPhone、iPod Touch、iPadのデータをパソコンにバックアップすることができます。

注意:iTunesによるiPhone、iPad、iPod Touchの自動同期を防ぐためにはシフトキーとコントロールキーを押したままiTunesを起動してください。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

iTunesを使ってiPhoneのデータをバックアップするにはiTunesを起動しiPhoneを接続します。iPhoneのアイコンをクリックし、「概要」で「自動的にバックアップ」あるいは「手動でバックアップ」を選んでください。itunesでiphoneをバックアップ

michiko

By michiko

iPhone・iPod・iPadのデータを管理するソフトを開発するWindSolutionsで日本部門を担当しています。iPhoneに関する記事を中心にCopyTransソフトのアップデート情報もお伝えしています。iPhoneに関してここが知りたいなどリクエストがありましたらコメント欄からお知らせください。