1 評2 価3 価4 価5 価 (381 の投票、平均: 3.47 のうち 5)

CopyTrans Contactsを使ってiPhoneのメッセージをPCにバックアップできるようになりました。全てのiPhoneメッセージ(SMS、iMessage)を一括でPCにバックアップできます。

こちらのガイドでは、iPhoneのSMS、MMS、iMessageのようなメールをCopyTrans Contactsを使ってバックアップする方法をご紹介します。CopyTrans Contactsを使うと写真、ビデオ、連絡先ファイル、絵文字、URLなどを含むメッセージをPCにバックアップします。バックアップしたファイルはブラウザ上でご覧いただけるほか、PDF、Microsoft Word形式で保存でき、もちろん印刷もできます。 すべてのiPad、iPod TouchとiPhone 6 & iPhone 6Sを含む全てのiPhoneのモデルに対応しています。

iPhoneのSMSテキストメッセージをバックアップ

  1. CopyTrans Contactsをこちらからダウンロードしてください。
    CopyTrans Contactsをダウンロード

  2. プログラムをインストールします。CopyTrans Contactsをインストールする方法は以下の記事にあります:インストール方法

  3. プログラムを起動して、iPhoneをパソコンに接続します。

  4. iPhoneのデータが読み込まれた後、メイン画面の左側にあるSMSアイコン(吹き出しの形)をクリックすると、右側にメッセージテキストが表示されます。「SMS/iMessage」を選択します。

    ノート: もしメッセージが表示されないときには以下の記事に記載している手順にしたがって最新版にアップデートしてお試しください。最新版へのアップデート方法
    CopyTrans ContactsでiPhoneにあるメッセージを表示する。

  5. 特定日付や特定期間のメッセージをバックアップしたい場合には、検索フィルダーの右にある歯車アイコンをクリックして、メッセージの期間を指定できます。
    CopyTrans Contactsでメッセージの表示期間を指定する。

  6. メッセージリストから、連絡先を選択します。右側のSMSリストから、どのメッセージをバックアップするのか選ぶことができます。選択したメッセージをバックアップするには、左上の「選択した項目をエクスポート」ボタンをクリックします。
    CopyTrans ContactsでiPhoneメッセージをエクスポートする。

  7. 次にメッセージを保存する形式を選択します。CopyTrans Contactsでエクスポートに対応している形式はPDF、ウェブページ(HTML)、Word、テキスト、Excel、CSV形式です。ウェブページ(HTML)形式で保存されたファイルは開いたときにiPhoneでの吹きだしのやりとりや写真などきれいに表示されます。プリントするにはPDF形式、編集するにはWord形式が便利です。
    CopyTrans ContactsでSMSメッセージ履歴をHTMLにバックアップする。

  8. iPhoneのSMSメッセージが選択した形式でパソコンにバックアップされます。ここではHTML形式としてにバックアップされました。
    iPhoneのSMSメッセージをPCに保存する。

バックアップしたファイルをパソコンで開く

バックアップしたiPhoneのSMSメッセージをPCで開くことができます。iPhoneのSMSメッセージをPCで開くにはファイルをダブルクリックします。するとブラウザが開いてiPhoneのテキストメッセージが表示されます。
CopyTrans ContactsでバックアップされたiPhoneのメッセージ履歴をHTMLに表示する。

これがCopyTrans Contactsを使って、iPhoneのSMSなどのメールを簡単にバックアップする方法です。

By fumi

iPhoneのデータ管理ソフトCopyTransの日本部門を担当しています。主な業務はマーケティング、使っているのはiPhone 5s(スペースグレイ)です。弊社ソフト、iPhone情報の他、たまにセキュリティなどの長めの記事を投稿することも。