1 評2 価3 価4 価5 価 (16 の投票、平均: 3.94 のうち 5)

CopyTransを使ってiPhoneやiPodのプレイリストをiTunesに転送、PCにバックアップができます。

スマートバックアップでプレイリストをiTunesにバックアップ

スマートバックアップはバックアップの際に、自動的にiTunes内にない全てのプレイリスト(スマートプレイリスト含む)を選択します。曲が iTunes にまだ無い場合はコピーされます。二重コピー防止機能がありますので、iTunesにすでにある曲は転送されません。

  1. CopyTransをこちらからダウンロードしてください:

    CopyTransをダウンロード

  2. プログラムをインストールします。インストール方法についてはこちらの記事をご覧ください。

  3. CopyTransを起動し、iPhoneを接続します。
    CopyTransメイン画面

  4. 「スマートバックアップ」をクリックするとiTunesにない全てのプレイリストにチェックが入り、「バックアップ開始」をクリックするとバックアップが開始します。バックアップ開始

  5. バックアップの状況が表示されます。転送中

  6. バックアップ完了後全てのプレイリストがiTunesにコピーされています。バックアップされたプレイリスト

注意:iOSの制限でiPhoneやiPodで作成されたプレイリストはCopyTransで転送することは出来ません。iTunesで同期したプレイリストやCopyTrans Managerを使って作成したプレイリストを転送します。

マニュアルバックアップでプレイリストをPCにバックアップ

  1. CopyTransを起動し、iPhoneを接続します。

  2. 「マニュアルバックアップ」をクリックします。
    CopyTransでマニュアルバックアップをクリックする

  3. バックアップしたいiPhoneのプレイリストをチェックします。いくつプレイリストをバックアップしたい場合には、プレイリストを一つずつバックアップしてください。
    CopyTransでiPhoneのプレイリストを選ぶ

  4. 左上に「フォルダ」をクリックします。CopyTransで「フォルダ」にiPhoneのプレイリストをバックアップする
    ヒント: PCのフォルダにバックアップしたプレイリストをiTunesへインポートができます。詳細は「バックアップファイルをiTunesへインポート」というガイドをご覧ください。

  5. 「保存先フォルダ」を変更するために青い鉛筆のアイコンをクリックします。
    CopyTransでiPhoneプレイリストの保存先フォルダを変更する
    「新しいフォルダを作成」をクリックして、プレイリスト名を入力します。
    CopyTransでiPhoneのプレイリストをバックアップするため、フォルダを作成する

  6. 「ファイル&フォルダの名称プレビュー」で「変更」をクリックします。
    CopyTransでiPhoneのプレイリストをバックアップする保存先フォルダをカスタマイズする

  7. フォルダのカスタマイズで三つ欄を空にします。
    CopyTransでバックアップフォルダをカスタマイズする

  8. その後「OK」をクリックして、バックアップを開始します。
    CopyTransでiPhoneの音楽をフォルダにバックアップする

  9. これでiPhoneにあるプレイリストをPCにバックアップすることができました。
    CopyTransでPCにバックアップされたiPhoneのプレイリストを保存する

michiko

By michiko

iPhone・iPod・iPadのデータを管理するソフトを開発するWindSolutionsで日本部門を担当しています。iPhoneに関する記事を中心にCopyTransソフトのアップデート情報もお伝えしています。iPhoneに関してここが知りたいなどリクエストがありましたらコメント欄からお知らせください。