1 評2 価3 価4 価5 価 (3 の投票、平均: 5.00 のうち 5)

下記のメッセージは、あなたのiPod/iPhoneのライブラリーが見つからない、または激しく損傷している、いずれかの場合に表示されます。 iPodライブラリの損傷、行方不明
CopyTransはこの問題をうまく回避し、自動的にiPod内にある全てのトラックを探します。バックアップ作業は通常通り行われますが、プレイリスト、レート、再生回数などのメタデータはiPodライブラリ内に保存されているため、これらは表示されずコピーされません。

iPod/iPhoneライブラリは下記の理由で紛失/損傷することがあります:

  • 接続の解除作業が終わる前にiPodを取り外した

  • iPod管理ソフトの使用

  • 予期しない同期/削除

一度iPod内全てのデータをバックアップしたらライブラリを修正するため、次の解決法をお試しください:

  • 解決法 A: iTunesから手動でiPodに1曲追加する。iTunesを閉じてCopyTransを起動する。問題が修正されているかどうか確認する。
    注意: iTunesとiPodの”自動同期” を防ぐには、ShiftキーとCtrlキーをクリックしそのまま2つのキーを押したままでiTunesを起動させてください。詳しくはこちらのFAQをご覧ください。

  • 解決法 B: iTunesでiPodライブラリをリストアしてください。この方法はいつもうまくいきますが、やや過激です。
    注意: この方法は完全にiPod内のコンテンツを消去します。リストア前には必ずCopyTransでバックアップ を行ってください。

michiko

By michiko

iPhone・iPod・iPadのデータを管理するソフトを開発するWindSolutionsで日本部門を担当しています。iPhoneに関する記事を中心にCopyTransソフトのアップデート情報もお伝えしています。iPhoneに関してここが知りたいなどリクエストがありましたらコメント欄からお知らせください。