1 評2 価3 価4 価5 価 (2 の投票、平均: 4.50 / 5)

iTunesでOutlookのカレンダーがiPhoneに同期できないという場合には、こちらでご紹介する方法でOutlookのカレンダーをiPhoneにコピーすることが出来ます。予定の詳細も一緒にカレンダー全体をコピーします。この方法は全てのiPhone、iPad、Outlook 2003、2007、2010、2013、2016でお使いいただけます。

Outlookカレンダー

OutlookのカレンダーをiPhoneにインポート

CopyTrans Contactsを使えば、OutlookのカレンダーをiPhoneに直接に移行できます。CopyTrans ContactsはiPhoneのカレンダー、連絡先、メモを管理するプログラムです。そのプログラムを使ってカレンダーを編集したり、エクスポートしたり、インポートしたり、削除したりできます。

  1. CopyTrans Contactsをこちらからダウンロードしてください:

    CopyTrans Contactsをダウンロード

  2. プログラムをインストールします。インストール方法については以下のページをご覧ください。
    インストール方法

  3. CopyTrans Contactsを起動し、iPhoneを接続します。

  4. メイン画面の左側にあるカレンダーアイコンをクリックし、「カレンダーをインポート」ボタンをクリックします。Outlookカレンダーをインポート

  5. カレンダーのインポート元として「Outlook(Outlookから直接インポート)」を選択します。 Outlookカレンダーを直接インポート

  6. 次にインポートするOutlookカレンダーにチェックをいれ、「OK」をクリックします。コピーするカレンダーを選択

  7. Outlookが下記のようなメッセージを表示したら、「アクセスを許可する時間」にチェックを入れて時間を設定し、「はい」をクリックしてください。Outlook 確認

  8. OutlookのカレンダーがiPhoneにコピーされました。iPhoneにコピーされたOutlookカレンダー

iPhoneでもこの様に表示されます。iPhoneにコピーされたOutlookカレンダー

Outlookの予定表をiPhoneカレンダーアプリと同期

iPhone上では標準のカレンダーアプリでOutlookとの同期を有効にできます。

こちらの方法だと、追加したいカレンダーを選択できません。全てのOutlookカレンダーがiPhone上で表示されます。また同期をオフに切り替えると、Outlookの予定表がiPhoneから消去されます。

  1. iPhoneの設定アプリを開き、「カレンダー」をタップします。iPhoneのカレンダー設定
  2. 「アカウント」>「アカウントを追加」の順にタップします。iPhone上アカウントを追加
  3. 「Outlook.com」を選択して、Outlookのアカウントにサインインします。Outlookのアカウントを追加
  4. カレンダーの同期をオンに切り替えます。Outlookのカレンダーの同期をオンにする

Outlookとの同期が不要になったら、簡単にアカウントを削除できます。OutlookのアカウントをiPhoneから削除

Avatar for michiko

By michiko

CopyTransで日本部門を担当しています。iPhoneに関する記事を中心にCopyTransソフトのアップデート情報もお伝えしています。iPhoneに関してここが知りたいなどリクエストがありましたらコメント欄からお知らせください。