1 評2 価3 価4 価5 価 (20 の投票、平均: 3.60 / 5)

Outlookの連絡先をiCloudにインポートするにはデバイスをiTunesと同期して、その後デバイスをiCloudと同期するという方法がありますが、CopyTrans Contactsを使うと数クリックで簡単に転送できます。

Outlookの連絡先をiCloudに転送する方法

  1. CopyTrans Contactsをこちらからダウンロードしてください:

    CopyTrans Contactsをダウンロード

  2. プログラムをインストールします。CopyTrans Contactsをインストールする方法はインストールガイドにあります。

  3. プログラムを起動し、iPhone、iPod Touch、iPadを接続します。読み込みが完了するまで待ちます。もし以前iTunesのバックアップを暗号化している場合には、CopyTrans ContactsがiPhoneのクラウド同期している連絡先を読み込むのにiTunesバックアップのパスワードが必要になります。詳しくはiPhoneの暗号化についての記事をご覧ください。

  4. 「連絡先をインポート」をクリックします。
    Outlookの連絡先をiPhoneにインポート

  5. 次にインポートするOutlookの連絡先フォルダを選択します。デフォルトでは「連絡先」となっています。

  6. CopyTrans ContactsのOutlookへのアクセスを許可します。
    Outlookの連絡先をエクスポート

  7. iCloudに転送したいOutlookの連絡先を選択します。全ての連絡先を選択するには「全ての連絡先」にチェックを入れます。
    インポートする連絡先を選択

  8. これでOutlookの連絡先がiPhone、iPod Touch、iPadにインポートされます。
    連絡先をOutlookからiPhoneへ転送

  9. デバイスのiCloud同期を有効にします。すでにiCloudアカウントを設定している場合には連絡先をiCloudに移動する手順に進んでください。
    iPhoneにインポートされたOutlookの連絡先

  10. 「設定」アプリを開き、「Apple ID」>「iCloud」の順にタップし、「連絡先」をオンに切り替えます。
    iCloud連絡先をオンに切り替え

すでにiPhone上で連絡先のiCloud同期を設定している場合

  1. あらかじめCopyTrans ContactsでiCloud接続を設定しましょう。それには「もっと見る」>「クラウド設定」を押し、「+新しい接続」をクリックし、「iCloud」を選択します。詳細:iPhoneの連絡先をGoogleやiCloudに転送する方法CopyTrans ContactsでiCloudに接続
  2. 連絡先を選択して、右クリックをします。「移動」>「iCloud」をクリックします。連絡先をiCloudにインポート
  3. これでiPhone、iPod Touch、iPadからインポートしたOutlookの連絡先がiCloudアカウントに転送されます。連絡先の横に雲の記号が表示されます。iCloudの連絡先
  4. iCloud上にすでにある連絡先もそのまま残ります。
    iCloudにCopyTrans Contactsから連絡先がインポートされた

この方法でOutlookの連絡先を簡単にiCloudにインポートすることができます。

Avatar for michiko
作者: michiko

CopyTransで日本部門を担当しています。iPhoneに関する記事を中心にCopyTransソフトのアップデート情報もお伝えしています。iPhoneに関してここが知りたいなどリクエストがありましたらコメント欄からお知らせください。