トークも丸ごと!LINEをiPhoneからiPadに移行する方法

みなさんお馴染みメッセージアプリ「LINE」、この名前を聞かない日は無いほど生活に定着しました。アカウント乗っ取りなど、物騒なニュースも耳にしますね。アプリのセキュリティを見直すなどして、友達とのトークやグループでの情報のやりとりを失うことなく、LINEを楽しみたいものです。

さて、そんなLINEですが、機種変更をする時に、アカウントの引継ぎはできても、トークの引継ぎができないのはご存知でしたか?

一般的なLINEの引継ぎとしては、次の2つの方法があります。ですが、どれも長所と共に短所があります。

  • LINEアプリでメールアドレスを登録
    【長所○】 友達リストやグループ、スタンプ購入情報も引き継がれる
    【短所×】 これだけでは、機種変更時にトーク情報が引き継がれない
  • iTunesでバックアップを暗号化し、他のデバイスに復元
    【長所○】 すべてのデータが移行
    【短所×】 復元するデータを選べず、余計な要らないデータも復元される

例えば、iPhoneのLINEをトークデータごとiPadに移したい場合、iTunesを使うとiPhoneのいらない(余計な)データもそのままiPadに復元されてしまい、不便です。いい方法はないものでしょうか。

そんなときの、一番の解決法はこれ!

CopyTrans Appsを使うことで、iPhoneのLINEデータのみ、iPadに移行することが可能です。iTunesもiCloudも要りません。CopyTrans Appsを使うと便利な点は次の3つです。

  • 友達リスト・グループ・スタンプ購入情報・トーク履歴などLINEのデータを全て移動、データを失う事がありません
  • iTunesやiCloudを使わず、LINEのアプリだけを違うデバイスに移行できて、便利。
  • CopyTrans Appsを無料でつかえます。



iOS 9搭載のデバイスをお使いの方へ

iOS 9リリースによりソフトの機能に変更があります。




iphoneのlineトークをバックアップ

一般的な方法2つの長所をキープしつつ、短所をカバーしています!今回の記事は、iPhone上のLINE(トーク履歴、友達リスト、全てのデータを含む)をPCにバックアップし、それを別のデバイスに復元する方法をご紹介します。 私のiPhone 5sのLINEをiPad miniに移行してみましょう。

注意:LINEは同じアカウントで複数端末からログインできません。iPhoneからiPadへLINEを移行後は、iPhone上でのLINEのデータが全て消去されます。

必ず事前にしておくこと

iPhoneのLINEでメールアドレスを設定しておきます。データ転送後に、本人確認のため入力する必要があります。こちらのサイトを参考に、まずメールアドレスを登録してください。

機種を変更するまえに、次の3点を事前に準備する必要があります。(2016年2月に変更された内容です)

  1. LINEに登録したメールアドレス
  2. メールアドレスと一緒に登録したパスワード
  3. 引き継ぎの許可(機種変更をする当日に行う)

詳細については、LINE公式ブログをご確認ください。

iPhoneのLINEをバックアップ

  1. こちらからCopyTrans Appsをダウンロードします
  2. プログラムをインストールします、インストール方法はこちらの記事をご覧ください
  3. CopyTrans Appsを開いて、iPhoneをPCに接続します iPhoneをパソコンに接続 
  4. iPhone内のアプリが表示されたら、「LINE」を選んで「Backup App」をクリック LINEのトークをバックアップ
  5. 保存先を選んだら、確認画面が出るので「OK」をクリック アプリのプレイデータを保存
  6. これでLINEアプリとそのプレイデータがPCにバックアップされました。現時点で、iPhoneのLINEアプリはそのままにしておいてください。

次はバックアップしたアプリとそのデータをiPad miniに移行します。

アプリとそのデータをiPad miniにインストール

  1. CopyTrans Appsを開いたまま、パソコンにiPadを接続します
  2. iPad miniのアプリが全て表示されたら、「Install App」をクリック LINEをipadにインストール
  3. さっき保存したアプリのバックアップデータを選んで「開く」をクリックすると、確認画面がでるのでそのままOKをクリック iphoneからipadへlineを移行
  4. iPadにアプリがインストールされます。アプリのサイズによってはインストールに時間がかかることがあります LINEをインストール中
  5. iPad miniへLINEのインストールが完了すると、次はLINEで本人確認の作業が必要となります。

本人確認作業

  1. iPad miniのラインを開くと、本人確認のため、メールアドレスかFacebookアカウントでユーザーログインします。ここではメールアドレスでログインしています 本人確認
  2. ログインすると、以前の端末でLINEが利用できなくなる旨のメッセージが出ますので「OK」。その後、利用登録のため、電話番号を入力。iPhoneの番号を入力すると、4桁の番号がiPhoneにSMSで送られてきます。その数字を入力します 本人確認作業
  3. 全て完了すると、データが読み込まれます データ読み込み中
  4. 読み込みが終わったら、友達リストやトークもこの通り、iPhoneからiPadへの移行が完了しました データ移行完了

さいごに

いかがでしたか。この方法だと、LINEアプリだけ、トークの履歴など全てのデータを失わずに、別の機種に移行できます。CopyTrans Appsで定期的にLINEアプリのバックアップをしておいて、何かあった時に復元するという使い方もできますよ。よくLINEのアップデートでデータが消えた!アプリが開かなくなった!そんな時に前のデータを復元してもいいかもしれません。

iTunesやiCloudを介さず、バックアップデータを手元においておけるので、安心ですね。ぜひお試しください。

注意: LINEは同じアカウントで複数端末からログインできません。iPadで一度ログインすると、iPhoneからはログインできません。iPhoneでLINEを開くと次のような画面が表示されます。 LINEは2デバイスで同時ログインできません