1 評2 価3 価4 価5 価 (4 の投票、平均: 3.75 のうち 5)

CopyTrans ManagerはApple Musicと iCloudミュージックライブラリに対応しています。機能と制限についての詳細はこちらの記事をご覧ください。

下記の手順にしたがってiPhone上のiCloudミュージックライブラリをオフにできます。

iCloudミュージックライブラリをオフにする

  1. 「設定」から「ミュージック」を選択

  2. ライブラリの「iCloudミュージックライブラリ」をオフにする icloudミュージックライブラリをオフにする

ノート:iCloudミュージックライブラリのオプションは、すでにApple Musicに登録した場合だけ表示され、オフにすることができます。

iCloudミュージックライブラリを有効にするとどうなるの?

iCloudミュージックライブラリをiPhoneで有効にするとiPhoneに保存されている音楽がApple Musicのデータベースとマッチングされます。iCloudミュージックライブラリを有効にしている間、iPhoneの音楽はDRMの保護がかかります。

DRMが付与されることで楽曲を失う可能性

以下のような状況のときに楽曲データを失い、音楽を再生できなくなります。

  1. CDなどからリッピングしたDRMフリーの音楽をiTunesに取り込む

  2. iTunesからiCloudミュージックライブラリにアップロード。この時点でApple Musicにある楽曲はDRM保護付きに変換されます。

  3. 何らかの理由でiPhoneから音楽データを削除。

  4. Apple Musicを退会した時、何らかの事情でApple IDに変えた場合に音楽を再生できなくなります。

音楽をバックアップ

iCloudミュージックライブラリやApple MusicをiPhoneで有効にする前に、ローカルに保存してある音楽を外付けHDDなど安全な場所にバックアップしておくことをお勧めします。

iPhoneの音楽を外付けHDDにバックアップする方法

Avatar for fumi

By fumi

iPhoneのデータ管理ソフトCopyTransの日本部門を担当しています。主な業務はマーケティング、使っているのはiPhone 5s(スペースグレイ)です。弊社ソフト、iPhone情報の他、たまにセキュリティなどの長めの記事を投稿することも。