1 評2 価3 価4 価5 価 (26 の投票、平均: 3.42 / 5)

毎日メッセージの交換をしますか?それらのメッセージの中は重要な情報や、保存しておきたい思い出のメッセージがあるでしょう。その大切のデータをパソコンに保存したいですね。またはiPhoneの容量を増やすため古いメッセージをバックアップしてiPhoneから削除したいですか?

この記事ではiPhoneのSMSメッセージをテキスト形式に変換し、txtファイルとしてPCに保存する方法を紹介しています。そうするにはCopyTrans Contactsというソフトを使うことがお勧めです。

CopyTrans Contactsは、iPhone、iPadのメッセージ、LINEトーク、カレンダーの予定、メモ、また連絡先をiPhoneとPCの間で転送、管理するプログラムです。

CopyTrans Contactsの使い方をもっと詳しく、こちらの「CopyTrans Contactsのユーザーガイド」をお読みください。

iPhoneのSMSメッセージをテキスト形式で保存

CopyTrans Contactsを使って、iPhoneのメッセージをtxtファイルとして保存するには、下記の手順に従ってください:

  1. CopyTrans Contactsをこちらからダウンロードしてください:
    CopyTrans Contactsをダウンロード

  2. CopyTrans Contactsをインストールします。手順は、こちらのインストールガイドにあります。

  3. プログラムを起動し、iPhoneを接続します。データの読み込みが完了するまで待ちます。

  4. メッセージアイコンをクリックし、「SMS/iMessage」を選択します。
    SMSメッセージを保存

  5. 変換したいメッセージを選択し、左上の 「選択した項目をエクスポート」をクリックします。
    メッセージを選択、エクスポート

  6. エクスポート形式を選択します。ここでは「テキスト(複数の.txtファイル)」を選択します。
    テキスト形式でエクスポート

  7. メッセージの保存場所を選択し、「OK」をクリックします。
    保存フォルダを選択

  8. この様に保存したメッセージはテキスト形式で保存されています。メッセージ内の画像はフォルダ内に保存されています。
    テキスト形式で保存されたメッセージ

iPhoneのメッセージをパソコンに保存するについてもっと詳しく、「iPhoneのSMSメッセージをPCに保存・バックアップする方法」の記事をご覧ください。

これで、iPhoneのSMSメッセージをtxtファイルとして保存する方法を紹介しました。メモ帳などテキストファイルを読み込めるプログラムで開きます。
メモ帳で開いたメッセージ

もしよかったら、是非 CopyTrans Contacts をお試しください。

CopyTrans Contactsをダウンロード
Avatar for michiko
作者: michiko

CopyTransで日本部門を担当しています。iPhoneに関する記事を中心にCopyTransソフトのアップデート情報もお伝えしています。iPhoneに関してここが知りたいなどリクエストがありましたらコメント欄からお知らせください。