1 評2 価3 価4 価5 価 (54 の投票、平均: 3.44 / 5)

iPhoneの電話帳をプリントすることが可能でしょうか?連絡先がクラウドサービスに保管していると簡単に印刷できますが、iPhone上の連絡先の場合はどうでしょう?こちらの記事ではiCloudを使用せずにiPhoneの連絡先を印刷する方法を紹介します。

以下はCopyTrans Contactsを使ってアドレス帳をExcelにエクスポートして、印刷する方法を説明します。

連絡先をiPhoneからエクスポート

  1. CopyTrans Contactsを次のページからダウンロードします:
    CopyTrans Contactsをダウンロード

  2. プログラムをインストールします。インストール方法についてはインストールガイドをご覧ください。
  3. CopyTrans Contactsを起動し、iPhoneを接続します。バックアップのパスワードを要求されたら、入力します。そしたら読み込みが終わるまで待ちます。
  4. 左側にある連絡先アイコンをクリックし、連絡先リストから印刷したい連絡先を選択します。複数選択する場合は、チェックボックスにチェックをいれます。全選択するには「連絡先」の横にチェックを入れます。
    CopyTrans ContactsでiPhoneの連絡先をエクスポート
  5. エクスポートオプションが表示されるので「Excel(1つの.xlsファイル)」か「Excel 2007以降(1つの.xlsxファイル)」を選択してください。
    CopyTrans ContactsでiPhoneの連絡先をExcelフォーマットで保存
  6. エクセルファイルを保存したい場所を選んでOKをクリック。
  7. iPhoneの連絡先は、PC上にエクセルファイルで保存されます。
    PCでiPhoneの連絡先をxlsフォーマットで表示する。

エクスポートされたiPhoneの連絡帳を印刷

  1. Excelファイルを開いて、印刷したい情報の列を選んでください。簡単な方法としては、CTRLキーを押しながら、列の一番上のアルファベット(例:A, B, Cなど)を選んでいきます。その後、メニューの「ファイル」から「印刷」を選択します。
  2. 設定画面で、「作業中のシートを印刷」から「選択した部分を印刷」を選んで、「印刷」ボタンを押します。
    Microsoft ExcelでCopyTrans Contactsより保存した連絡先を印刷する。

これでCopyTrans ContactsとExcelを使って簡単にiPhoneのアドレス帳を印刷することができます。

Avatar for fumi
作者: fumi

iPhoneのデータ管理ソフトCopyTransの日本部門を担当しています。主な業務はマーケティング、使っているのはiPhone 5s(スペースグレイ)です。弊社ソフト、iPhone情報の他、たまにセキュリティなどの長めの記事を投稿することも。