1 評2 価3 価4 価5 価 (12 の投票、平均: 4.17 のうち 5)

iPhoneの設定でメモのiCloud同期を設定した場合でも、設定以前に作成されたメモはiCloudアカウントにプッシュされません。これはアップルの制限によるものですが、以下の手順でiCloudアカウントに転送することができます。こちらの方法はiPadやiPod Touchでもお試しいただけます。

iOS 9以上載デバイスのお使いの方へ

iOS 9以上のシステムでメモの仕様に変更があり、現在のところiCloudと同期しているメモの編集ができなくなり、iPhoneにあるメモをiCloudに転送ができません。

同期されないiPhoneメモをiCloudに転送

iPhoneでメモのiCloud同期を設定した場合、設定以後に作成されたメモはiCloudアカウントにプッシュされますが、設定前に作成されたメモはiCloudと同期することはできません。設定以前のメモは「iPhone」内に保存されます。iPadでは「iPad」に分類されます。

「iPhone」アカウントにアクセスするには、iPhoneでメモアプリを開き、左上にある「アカウント」をタップします。 メモのアカウントを変更

「iPhone」アカウントのメモをiCloudに転送する方法

iPhoneメモをiCloudに転送するにはCopyTrans Contactsを使うと多くのメモも一括で移動できて便利です。詳しい手順はこちら:

  1. CopyTrans Contactsをこちらからダウンロードしてください:

    CopyTrans Contactsでクラウドメモを管理

  2. プログラムをインストールします。CopyTrans Contactsをインストールする方法は以下のページにあります。
    インストール方法

  3. プログラムを起動し、iPhoneを接続します。 メイン画面右上の「もっと見る」から「クラウド設定」をクリックします。クラウド設定

  4. 「+新しい接続」をクリックし、iCloudを選択します。クラウド接続

  5. アカウントIDとパスワードを入力し「メモ」にチェックを入れて「アカウントを追加」をクリックします。iCloudに接続

    注意: iCloudアカウントに接続するとき問題が生じた場合は以下のトラブルシューティング記事をご覧ください。
    CopyTrans ContactsをiCloudアカウントに接続する方法

  6. アカウントの追加が完了したら「アカウント設定」のウインドウを閉じます。CopyTrans Contactsメイン画面左側からメモアイコンをクリックします。iPhone、iPod Touch、iPadのローカルに保存されているメモと一緒にiCloudと同期しているのメモが表示されます。iCloudメモの横には雲のアイコンが表示されます。iCloudのメモ

  7. iCloudに移動したいメモにチェックを入れ、メモのリスト上で右クリック、「移動場所」または「コピー場所」を選択し、自分のiCloudアカウントをクリックします。iPhoneのメモをiCloudに移動

    注意:「移動場所」という機能はiPhoneからiCloudにメモを転送し、元のメモを削除します。「コピー場所」という機能はiPhoneからiCloudにメモをコピーし、元のメモも「iPhone」内に保存します。

  8. 転送したメモに雲のアイコンが表示されます。iCloudに転送したメモ

  9. ブラウザ上でiCloudアカウントにアクセスします。iCloudアカウントにアクセス

  10. メモを確認します。 iCloudに移動したiPhoneメモ

iPhoneのメモはCopyTrans Contactsを使ってこのように一括でiCloudに転送することができます。

Avatar for michiko

By michiko

CopyTransで日本部門を担当しています。iPhoneに関する記事を中心にCopyTransソフトのアップデート情報もお伝えしています。iPhoneに関してここが知りたいなどリクエストがありましたらコメント欄からお知らせください。