1 評2 価3 価4 価5 価 (3 の投票、平均: 5.00 のうち 5)

初期のiPod ClassicやiPod nanoは、接続の解除作業が終わる前に取り外したり、作動中に落としたりすることで破損することがあります。

破損している状態ではiPodがフリーズしたり、CopyTransやCopyTrans Managerでの音楽の転送の妨げになることがあります。以下の手順に従って破損を修復してください。

iPodのリセットとディスクモードの設定(オプション)

リセットすることで破損が修復できることがあります。またiPodをリセットしてもデータは消えません。

  1. デバイスがパソコンに接続していないことを確認して下さい。

  2. ホールドスイッチをオンにしてからオフにします (「HOLD」の位置にスライドしてから、元に戻します)。何度か繰り返します。

  3. メニューボタンとセンター (選択) ボタンをApple ロゴが表示するまで、同時に 6 ~ 8 秒間押したままにします。
    iPodをリセット

  4. Apple ロゴが表示されている状態でセンター (選択) ボタンと再生/停止ボタンをディスクモードスクリーンが表示されるまで押し続けます。
    iPodをディスクモードに設定

ディスクモードに設定できない場合、また問題が解決しない場合には、下記の手順をお試しください。

iPodドライブのシステムエラーをチェック

Windowsに備わっているCheck Diskというパーティション情報を修復するソフトを使うと、iPodドライブのエラーを検出、修復できることがあります。以下の手順に従ってください。

  1. iTunesが起動していない状態でiPodをPCに接続します。

  2. スマートメニューアイコン上で右クリックし、「エクスプローラを開く」を選択します。
    エクスプローラを開く

  3. 開く画面左側に表示される「コンピューター」をクリック。
    WindowsでiPodのエラーをチェック

  4. iPod上で右クリックし、「プロパティ]を選択します。
    iPodのエラーをチェック

  5. プロパティ画面で「ツール」タブをクリックしエラーチェックの「チェックする」をクリックします。
    iPodを診断

  6. 「ファイルシステムエラーを自動的に修復する]にチェックを入れて「開始」をクリックします。
    ファイルシステムエラーを診断

  7. これでCheck DiskがiPodドライブのエラーを検索、修復作業が開始します。

もしもこれでも問題が解決しない場合には以下の手順でバッドセクターと物理的破損をチェックしてください。

不良セクターと物理的破損をチェック

不良セクタとはディスクの物理的な損傷により、データを記録できなくなってしまったセクタのことで、iPodはこれを読み込むことができません。放置しておくとドライブの破損に繋がることもあります。またデバイスを落としたりして物理的に破損してしまうこともあります。iPodの不良セクターと物理的破損をチェックするには:

  1. 上記の1から5のステップを行います。

  2. 「不良セクターをスキャンし回復する」にチェックをいれ「開始」をクリックします。
    不良セクターをスキャン

  3. スキャンが終わると結果が表示されるので不良セクターが検出され、修復されているか確認して下さい。
    検証結果

HD Tuneを使って物理的破損をチェック (オプション)

HD TuneはiPodの物理的破損を検出するツールとしてお使いいただけます。HD TuneはiPod nanoなど他のタイプのiPodにお使いいただく必要はありません。

  1. こちらからHD Tuneをダウンロードしてください。

  2. HD Tuneを起動し、「Error Scan」タブを開き「Start」をクリックします。
    iPodのハードディスクを検証

  3. スキャンが終了するとこの様な画面で、物理的破損のある場所は赤い点で表示されます。
    HD Tuneスキャン結果
    もしもiPodが物理的に破損している場合にはアップルストアに行く前にお近くの修理店で見てもらうことをお勧めします。新品に買い替えずにiPodのハードディスクを交換するだけで済むこともあります。

michiko

By michiko

iPhone・iPod・iPadのデータを管理するソフトを開発するWindSolutionsで日本部門を担当しています。iPhoneに関する記事を中心にCopyTransソフトのアップデート情報もお伝えしています。iPhoneに関してここが知りたいなどリクエストがありましたらコメント欄からお知らせください。