1 評2 価3 価4 価5 価 (2 の投票、平均: 5.00 / 5)

iPhoneで写真を撮る人は多いと思います。iPhoneで撮った写真をiPadにも送ろうと思ったことがあるでしょうか。今回紹介するのは、CopyTrans Photoを使って、iPhoneで撮影した写真や動画をiPadへ送る方法です。今回の記事を3つの部分に分けて、すべての写真を2つのiOSデバイスの間に転送する方法について説明しています。


CopyTrans Photoを使って、iPhoneからiPadに写真を転送

iPhoneからiPadに写真を転送する方法が分からない場合は、今回の記事で説明します。iTunesとiCloudを使わずに、CopyTrans Photoだけがあれば、iPhoneからiPadに写真を無制限に転送できます。CopyTrans PhotoはすべてのiOSバージョンとiPhone、iPad、iPodの全てのモデルに対応しています。

ステップ1

iPhoneからPCに写真を転送

写真をiPhoneからiPadに転送するには、まずPCにバックアップする必要があります。

  1. 下記のボタンをクリックして、CopyTrans Photoをダウンロードしてください。
  2. CopyTrans Photoをダウンロード

  3. CopyTrans Photoをインストールしてください。インストールする方法はインストールガイドにあります。
  4. CopyTrans Photoを起動して、iPhoneをPCに接続してください。
  5. 画面左側にデバイスの写真、右側にはパソコン内のフォルダが表示されます。画面左側にデバイスの写真と右側にはパソコン内のフォルダが表示
  6. 「エクスプローラー」をタップして、iPhoneの写真をPCに一時的に保存するフォルダーを作成してください。エクスプローラーをタップしてiPhoneの写真をPCに一時的に保存するフォルダーを作成してください
  7. 必要な写真をドラッグ&ドロップでPCに転送してください。必要な写真をドラッグアンドドロップでPCに転送してください
  8. ヒント:すべてのiPhoneの写真をまとめてPCに転送するには、「フルバックアップ」ボタンをクリックしてください。CopyTrans Photoは、iPhoneライブラリのアルバム構造を保存します。
  9. 「変更を適用」ボタンを押して確定します。変更を適用ボタンを押して確定します

これで、iPhoneの写真がPCのフォルダに保存されました。

次のステップに進みましょう。

ステップ2

iPhoneの写真をPCからiPadに転送する

PCからiPadに写真を数クリックで転送しましょう。

  1. CopyTrans Photoを再起動して、iPadをPCに接続してください。
  2. PCにある必要な写真を選択して、ドラッグ&ドロップでiPadに転送してください。PCにある必要な写真を選択してドラッグアンドドロップでiPadに転送してください
  3. 「変更を適用」ボタンを押して確定します。
    変更を適用ボタンを押して確定します

写真は既にiPhoneからiPadに転送されています。

お客様はCopyTrans Photoを選んだ理由

⭐インターネット接続が不要

⭐Exif情報を保持したままiPhoneのオリジナル写真をPCに転送する

⭐アルバムの構造を保持する

⭐HEICをJPEGに変換

⭐最新のiOS、iTunes、およびWindowsバージョンに対応

⭐新しいApple形式、ProRAW、およびLivePhotosに対応

⭐重複写真を作成しない


iCloudを使って、iPhoneからiPadへ写真を転送

iCloudを使ったら、iPhoneの写真をiPadにも閲覧できます。

でも最初にこの方法の欠点を確認しましょう。

iCloudのデメリット:

❌別のiCloudアカウントに写真を転送することが不可能
❌すべての写真を転送することが可能ですが、iPhoneからiPadに転送する写真を選択することはできない
❌無料で5GBしか使用できない
❌インターネット接続が必要
❌写真の同期を途中にキャンセルしたら、写真がデバイスから削除される可能性もある

iCloud経由でiPhoneからiPadに写真を転送するには、次の手順に従ってください。

  1. 複数のデバイスで同じiCloudにログインしてください。
  2. iPhoneでiCloud写真機能をオンにしてください:「設定」>自分の名前 >「iCloud」>「写真」> iCloud写真をオンにしてください。iPhoneでiCloud写真機能をオンにしてください
  3. 「オリジナルをダウンロード」を選択したら、写真がiPhoneから削除されず、iCloudにアップロードされます。オリジナルをダウンロードを選択したら写真がiPhoneから削除されずiCloudにアップロードされます
  4. iPadでも同じ設定を使用してください。「設定」>自分の名前 >「iCloud」>「写真」>iCloud写真をオンにしてください。
  5. iPadで写真アプリを開いてください。これで、写真がiCloudからiPadにダウンロードされます。
ヒント:PCからiCloudに写真をアップロードしたいですか。そのために、CopyTrans Cloudlyを使用してください。

CopyTrans Cloudlyの機能:

PCの写真をiCloudにアップロード (JPEG、HEIC、PNGなどの色々な形式に対応)
ワンクリックでPCにiCloud写真をダウンロード
ワンクリックでiCloud写真を削除する
iCloudから削除された写真を復元することも可能!


AirDropを使って、iPhoneからiPadへ写真を転送

iPhoneで撮影した写真をiPadで簡単に表示・編集することができます。写真を1枚ずつ転送するには、Appleの新機能AirDropを使ってください。

AirDropは、BluetoothとWi-Fiを組み合わせて実現している機能です。

AirDrop機能はiPhoneとiPadのデフォルト機能で、近くのデバイスとファイルを共有できます。しかし、AirDropは色々な制限があるため、必要なときに使用できない場合もあります。

AirDropのデメリット:

❌写真を1枚ずつ転送できますが、フォルダーごとに転送できない
❌最新版のiOSまでアップデートしないといけない
❌複数の写真を1枚ずつ選択することが必要

AirDropを使って、iPhoneからiPadへ写真を転送するには、まずは全てのデバイスにAirDrop機能をオンにしてください。「設定」>「一般」>「AirDrop」>「連絡先のみ」または「すべての人」を選択してください。

デバイスにAirDrop機能をオンにしてください

iPhoneからiPadに写真を転送するには、次の手順に従ってください。

  1. iPhoneの写真アプリを開いてください。
  2. iPadに転送したい写真を選択してください。
  3. 左下の[共有アイコン]をタップ。
  4. AirDropをタップして、iPhoneからiPadに写真を転送します。
  5. iPadのアイコンををタップしてください。iPadのアイコンををタップしてください

今回の記事では、iPhoneからiPadに写真を転送する方法を3つ試して、紹介しました。みなさんも、ぜひ試してみてください。

Avatar for Jane
作者: Jane

iPhoneのデータ管理ソフトCopyTransの日本部門を担当しています。iPhoneカメラでの写真撮影は趣味で、よく使っているソフトはCopyTrans CloudlyとCopyTrans Photoです。iPhone 12pro(パシフィックブルー)を持っています。