写真と動画をiCloudにアップロード

写真と動画をiCloudにアップロードする3つの方法

1 評2 価3 価4 価5 価 (2 の投票、平均: 5.00 / 5)

iCloud写真を有効にすると、すべてのデバイスの間で写真を同期できるようになります。その上写真をiCloudに保存すれば、iPhoneの空き容量を増やせます。またiPhoneが紛失または故障しても大事な写真や動画を失いません。全てのデバイスから写真にアクセスすることは便利ですね。しかしiCloudに写真及びビデオを保存するにはどうすればいいですか?

iCloudに写真をアップロードする方法は?

先ずはデバイスの設定アプリで「Apple ID」>「iCloud」>「写真」の順にタップして、「iCloud写真」をオンにします。

そして任意の方法でiCloudに写真をアップロードすることができます。この記事ではiCloudに写真と動画をアップロードする3つの方法を説明します。

注意すべき点

iCloud写真は非常に便利であるものの、下記の点に注意することをおすすめします。

  1. iCloud写真が有効にした場合、変更(写真やビデオの編集や削除など)がすべてのデバイスの間で同期されます。 例えば何かの写真を誤って削除してしまったら、その写真が全てのデバイスで「最近削除した項目」に移動されます。そこから復元しないと、30日の後完全に消えます。ただしある場合にはそういった写真をCopyTrans Cloudlyで復元できます。
  2. iCloud写真をオンにすると、ライブラリ全体がiCloudにアップロードおよび保存されます。 ただし、そのライブラリはiCloudのバックアップに含まれません。 何か問題が発生した場合は写真を失う恐れがあります。それでフォトライブラリを別の方法でバックアップすることが重要です。iCloud写真をパソコンにバックアップする手順は、「iCloudから写真をまとめてダウンロードする方法」という記事を参考してください。

1.iCloud.comに写真をアップロード

iCloud.comに自分のApple IDでログインすれば、iCloud上のデータにアクセスできます。iCloud.comではiCloudに保存している写真を閲覧とダウンロードしたり、パソコンから新しい写真をアップロードしたりすることができます。iPhoneのアルバムの構成が表示されるので、写真を任意のアルバムに追加可能です。

icloud.comの利点

アルバムを選択可能

icloud.comの欠点

JPEG形式の写真しかアップロードできない
動画をアップロード不可能

アップロードする手順

  1. icloud.comというサイトをブラウザで開き、Apple IDでログインします。icloud.comにログイン
  2. 写真アプリのアイコンをクリックします。icloud.comで写真をクリック
  3. 必要なアルバムを選択し、アップロードの記号をクリックします。icloud.comでアルバムを選択
  4. アップロードしたい写真を選んで、アップロードを確認します。複数の写真を一括でiCloudに保存するには、CTRLキーを押しながら選択します。そしてアップロードが完了するまで待ちます。icloud.comで写真がアップロード中

もう一つの方法は写真をiCloudにドラッグアンドドロップすることです。そうするにはアルバムを選択し、必要な写真をパソコンのフォルダからアルバムにドラッグアンドドロップしてください。写真をicloud.comにドラッグアンドドロップ

iCloud.comを使って写真をiCloudに保存することが簡単でしたが、動画とPNG形式の画像を追加できなくて残念でした。この方法はJPEG形式の写真をアップロードする場合のみに利用されます。別の形式のファイルをアップロードしようとすると、以下のようなエラーメッセージが表示されます。icloud.comにJPEGのみをアップロードできます

2.iPhoneから写真をiCloudにアップロード

iPhoneでiCloud写真をオンにすると、iPhoneで撮影した写真が自動的にiCloudに保存します。それでiPhoneストレージの容量を節約できるようになり、全てのデバイスで撮影した写真にアクセスできるようになります。

iPhoneの利点

全てのファイル形式に対応
手間がかからない

iPhoneの欠点

アップロードしたくないファイルがアップロードされる恐れがある

アップロードする手順

最初はiPhoneでiCloud写真をオンにします。そうするには設定アプリを開き、「Apple ID」>「iCloud」>「写真」で「iCloud写真」を有効にします。iPhoneでiCloud写真をオンにする

そしてiPhoneをWi-Fiネットワークに接続します。

そうするとiPhoneで撮影した写真や、スクリーンショットや、友達から受信した画像やビデオなどが自動でiCloudと同期されます。

❕注意:すべての写真をiCloudに移動できるように、iCloudには十分な空き容量が必要です。5 GBを超えると金額を支払わなければなりません。

3.Windows用iCloudを使って写真をiCloudにアップロード

Windows用iCloudはiCloudフォトライブラリを管理するWindows用プログラムです。そのプログラムではiCloud写真をパソコンにダウンロードしたり、iCloudに写真と動画をアップロードしたり、連絡先やブックマークを同期したりすることができます。Appleの公式サイトからWindows用iCloudをダウンロードできます。

Windows用iCloudの利点

JPEGとPNG形式の写真に対応
MOVとMP4形式の動画に対応

Windows用iCloudの欠点

アルバムを選択不可能
iPhone上アップロードしたビデオのサムネイルが表示されない場合がある
デスクトップ版の場合は写真のアップロードが完成したどうか不明
不明な原因でファイルをアップロードできない場合がある

アップロードする手順

Windows用iCloudにはマイクロソフトストア版(Windows 10)とデスクトップ版(Windows 7,8,10)があります。アップロードの手順はiCloudのバージョンによります。

マイクロソフトストア版のiCloud

先ずはWindows用iCloudを起動し、Apple IDでログインします。

マイクロソフトストアのiCloudをインストールすると、以下のフォルダがパソコンで自動的に作成されます。

C:\Users\「ユーザー名」\Pictures\iCloud Photos\Photos

※「ユーザー名」の代わりに自分のWindowsアカウントのユーザー名を挿入してください。

そのフォルダの内容はiCloudと同期されます。ファイルをiCloudにアップロードするため、写真または動画をそのフォルダに追加してください。そうするとファイルに同期の記号が付きます。アップロードが完了したらファイルにはチェックが出現します。写真をiCloudと同期

デスクトップ版のiCloud

Windows用iCloudを起動し、Apple IDでログインします。写真の右にあるオプションをクリックし、そこで「iCloudフォトライブラリ」にチェックを入れます。Windows用iCloudの設定

そしたら「新しい写真及びビデオを自分のPCからアップロード」のセクションで「変更」を押し、アップロードしたい写真の保存先を選択します。またはデフォルトのフォルダにアップロードしたい写真を追加します。Windows用iCloudでのオプション

デスクトップ版のiCloudのデメリットは、写真をフォルダに追加したら、アップロードが完成したかどうか不明です。その上自分のPCでテストしていたところ、なぜかアップロードされませんでした。後で別のPCで試したら、アップロードできました。それでWindows 10を搭載したパソコンの場合は、マイクロソフトストア版を使うことをおすすめします。

まとめ

iCloudに写真や動画をアップロードするには以上に説明した方法に従えます。パソコンからiCloudに写真を2つの方法で追加可能です。ブラウザでiCloud.comにログインすれば、JPEG形式の写真を移行できます。PNG形式の画像や、動画を同期するにはWindows用iCloudを利用してください。

iCloudを使わずにパソコンからiPhoneに写真を転送する方法もお試しください。

CopyTrans Photoを使えば、iCloudを使用せずにiPhoneに写真と動画を転送できます。クラウドサービスを使用すればデータの流出の恐れがあるので、安全性から見ると個人のデータをiCloudに保存しない方がいいです。CopyTrans PhotoはパソコンとiPhoneの間で写真を転送したり、iPhoneのフォトライブラリを管理したりするプログラムです。

iPhoneに写真を追加する手順は、「パソコンからiPhone・iPadへ写真やアルバムを転送する方法」を参考してください。

CopyTrans Photoをダウンロード


Avatar for Ksenia

By Ksenia

CopyTransの日本部門を担当しているクセニアと申します。趣味は旅行とアクロヨガです。ご不明点がありましたらサポート copytrans@copytrans.jp までお知らせください。