CopyTransを使ってiCloud無料のストレージを管理

iCloudの5 GBストレージが足りる!容量を増加と管理

1 評2 価3 価4 価5 価 (まだレートがありません。)

クラウドサービス(iCloud、Googleドライブ、Dropboxなど)を使っている方は多いと思います。iPhoneのユーザー方へ一番便利なサービスはiCloudではないでしょうか?写真、ドキュメントやアプリのデータをiCloudに保存し、そのデータをどこでもアクセスできるだけだなく、iPhone自体のバックアップも可能です。とても便利ですね!

iCloudと同期可能なデータの中で、一番大きなファイルは写真&動画やiPhoneバックアップです。無料で5GBしか利用できないので、千枚の写真をiCloudにアップロードしたり、一度にiPhoneをバックアップするだけでiCloudストレージ容量が足りなくなるかもしれません。
Cloudストレージがいっぱいです

iCloudの5GB容量を50GBや200GBまで増やせますが、毎月お金がかかります。一度iCloudの有料プランにアップグレードした後、無料プランに戻すのは大変難しくなります。自分のクレジットカードでiCloudの追加ストレージを購入したくない方は有料プランにアップグレードしなくても、iCloudのストレージを増やすことができます。

今回は、iCloudの無料ストレージプランを管理するヒントとコツをご紹介します。

iCloudストレージに多くの領域を占めるデータ

iPhoneの 設定> Apple ID> iCloud>ストレージ でiCLoudストレージ領域を占有しているデータを確認できます。容量が大きいデータは以下のとおりです:

  • 写真
  • iCloudバックアップ
  • LINEバックアップ
  • iCloud Drive
  • 添付ファイル付きの電子メール

iTunesで購入した映画やアプリ、音楽は、iCloudストレージには影響を与えません。

iCloudのストレージを増やす方法

iCloudフォトライブラリを無効にする

iCloudにアップロードできる項目の中で一番大切なデータは写真だと思います。そのデータを失わないで、iPhoneの容量を軽くするのは大変難しいです。この場合、iCloudは有用なサービスです。iCloudフォトライブラリを有効にすると、iPhone自体で写真のサムネル(ストレージを最適化を選択した場合)が保存され、オリジナルはiCloudに保存されます。その方法で簡単にiPhoneの容量を増やせますが、iCloudストレージの場合、iCloudフォトライブラリを無効にするしかできません。

iCloudフォトライブラリを「設定」>「Apple ID」>「iCloud」>「写真」からオフにできます。

しかし、iCloudフォトライブラリを無効にしたり、iCloudから写真のオリジナルを元の場所に戻したい場合、iCloudサービスは深刻な問題になりえます。オリジナルの写真を保存するため、デバイスに十分な空き領域がないことが頻繁に起こります。
ストレージを最適化

どうしましょうか?その問題を解決するため、CopyTrans Cloudlyは役に立ちます。

CopyTrans CloudlyではiCloudから全ての写真をパソコン上にダウンロードできますし、安心してiCloudから写真を削除することができます。そうすると、最近の旅行の写真をiCloudにアップロードできるようになります。

  1. CopyTrans Cloudlyをこちらからダウンロードします:

    CopyTrans Cloudlyをダウンロード

  2. iCloudフォトライブラリへログインします。
    CopyTrans CloudlyでiCloudフォトライブラリへログイン

  3. iCloudフォトライブラリの読み込み完了後、メイン画面で「ダウンロード」をクリックします。
    CopyTrans CloudlyでiCloud写真をダウンロード

  4. 保存先を選択したら、写真のダウンロードが開始します。写真をダウンロードした後、iCloudから削除します。
    iCloud写真を削除

  5. 今後、写真をiCloudにアップロードしたくない場合、「Apple ID」>「iCloud」>「写真」でiCloudフォトライブラリ(iCloud写真)を無効化します。
    iCloud写真を無効

iCloudから取得した写真をiPhoneに移動

  1. CopyTrans Photoを起動します。プログラムをこちらからダウンロードできます:

    CopyTrans Photoをダウンロード

  2. iPhoneを接続し、右側(パソコン側)から写真をデバイスに追加します。手順の詳細は、「パソコンからiPhoneへ写真を転送」ガイドをご覧ください。
    CopyTrans Photoで写真をiPhoneに追加

iCloudからiPhoneバックアップを削除

iCloudにバックアップするのは思ったよりも簡単ではありません。iCloudにバックアップを作成するため、WI-FI(当たり前)と電源に接続が必要です。複数のAppleデバイスを持っていたら、いくつかのバックアップを作成するため、無料のiCloudストレージが足りないと確実に気づくでしょう。

不要なバックアップを「設定」>「Apple ID」>「iCloud」>「iCloudバックアップ」をオフします。

「iCloud」>「ストレージを管理」でバックアップを削除できます。
iCloudからiPhoneのバックアップを削除

バックアップは大変大切なものなので、その段階をスキップしないでください。

iCloudの代わり、iTunesまたはCopyTrans Shelbeeを使ってバックアップするのをおすすめします。CopyTrans Shelbeeが一番手軽なiPhoneバックアップのツールだと思います。パソコン上に複数のバックアップを管理するため、どうぞこちらの記事をご覧ください。

CopyTrans Shelbeeをダウンロード
CopyTrans Shelbeeで「バックアップ」を選択

iCloudにLINEバックアップしたLINE履歴を削除

私たちは、写真やビデオ、書類を含むことが多い長いLINEトーク履歴があります。 LINEのバックアップをiCloud Driveに有効化すると、無料のiCloudストレージの大部分を使用しています。 CopyTrans ContactsおよびCopyTrans Shelbeeを使うと、LINEのトーク履歴をパソコンに保存・バックアップすると、iCloudから除くことができます。

CopyTrans Contactsでは、写真と添付ファイルを別々にパソコンに保存したり、トーク履歴を一定期間保存することもできます。

  1. CopyTrans Contactsを起動します。または、こちらからダウンロードします:

    CopyTrans Contactsをダウンロード

  2. iPhoneを接続し、「メッセージ」のタブに移動します。データの読み込み完了後、「LINE」を選択します。

  3. ここには、トークを選択し、「エクスポート」をクリックします。
    CopyTrans ContactsでLINEの添付ファイルをバックアップ

  4. エクスポート形式として、HTMLまたはPDFをお勧めします。
    CopyTrans Contactsでエクスポートしたメッセージ
    これで、大事なトーク履歴とともにチャット内に送信・受信した写真や動画、スタンプを簡単に保存できます。

CopyTrans Shelbeeでは、iPhoneのバックアップを行うときに、LINEアカウント(友達リスト、トーク履歴、添付ファイル、LINE Keepとその他)もバックアップされます。
iPhoneをバックアップ

CopyTrans Shelbeeでは、「選択して復元」機能を使うと、いつもiPhoneのバックアップからLINEのみを復元することができます。
「選択して復元」を選択

CopyTrans ContactsやCopyTrans ShelbeeでLINEをバックアップした後、iCloudでLINEのバックアップをオフにし、LINEアプリでトーク履歴のバックアップを削除します。

iCloudからLINEバックアップを削除

iCloudストレージがいっぱいになったとき、CopyTransプログラムが助けになります!