CopyTransを使ってiCloud無料のストレージを管理

iCloudの5 GBストレージが足りる!容量を増加と管理

クラウドサービス(iCloud、Googleドライブ、Dropboxなど)を使っている方は多いと思います。iPhoneのユーザー方へ一番便利なサービスはiCloudではないでしょうか?写真、ドキュメントやアプリのデータをiCloudに保存し、そのデータをどこでもアクセスできるだけだなく、iPhone自体のバックアップも可能です。とても便利ですね!

iCloudと同期可能なデータの中で、一番大きなファイルは写真&動画やiPhoneバックアップです。無料で5GBしか利用できないので、千枚の写真をiCloudにアップロードしたり、一度にiPhoneをバックアップするだけでiCloudストレージ容量が足りなくなるかもしれません。
Cloudストレージがいっぱいです

iCloudの5GB容量を50GBや200GBまで増やせますが、毎月お金がかかります。一度iCloudの有料プランにアップグレードした後、無料プランに戻すのは大変難しくなります。自分のクレジットカードでiCloudの追加ストレージを購入したくない方は有料プランにアップグレードしなくても、iCloudのストレージを増やすことができます。

iCloudのストレージを増やす方法

iCloudフォトライブラリを無効にする

iCloudにアップロードできる項目の中で一番大切なデータは写真だと思います。そのデータを失わないで、iPhoneの容量を軽くするのは大変難しいです。この場合、iCloudは有用なサービスです。iCloudフォトライブラリを有効にすると、iPhone自体で写真のサムネル(ストレージを最適化を選択した場合)が保存され、オリジナルはiCloudに保存されます。その方法で簡単にiPhoneの容量を増やせますが、iCloudストレージの場合、iCloudフォトライブラリを無効にするしかできません。

iCloudフォトライブラリを「設定」>「Apple ID」>「iCloud」>「写真」からオフにできます。

しかし、iCloudフォトライブラリを無効にしたり、iCloudから写真のオリジナルを元の場所に戻したい場合、iCloudサービスは深刻な問題になりえます。オリジナルの写真を保存するため、デバイスに十分な空き領域がないことが頻繁に起こります。
ストレージを最適化

どうしましょうか?その問題を解決するため、CopyTrans Cloudlyは役に立ちます。

CopyTrans CloudlyではiCloudから全ての写真をパソコン上にダウンロードできますし、安心してiCloudから写真を削除することができます。そうすると、最近の旅行の写真をiCloudにアップロードできるようになります。

CopyTrans Cloudlyをダウンロード
iCloudから写真をダウンロード




ぜひお試しください

CopyTrans PhotoでiCloudからダウンロードした写真をデバイスに戻すことができます。




iCloudからiPhoneバックアップを削除

iCloudにバックアップするのは思ったよりも簡単ではありません。iCloudにバックアップを作成するため、WI-FI(当たり前)と電源に接続が必要です。複数のAppleデバイスを持っていたら、いくつかのバックアップを作成するため、無料のiCloudストレージが足りないと確実に気づくでしょう。

不要なバックアップを「設定」>「Apple ID」>「iCloud」>「iCloudバックアップ」から削除できます。

バックアップは大変大切なものなので、その段階をスキップしないでください。

iCloudの代わり、iTunesまたはCopyTrans Shelbeeを使ってバックアップするのをおすすめします。CopyTrans Shelbeeが一番手軽なiPhoneバックアップのツールだと思います。パソコン上に複数のバックアップを管理するため、どうぞこちらの記事をご覧ください。

CopyTrans Shelbeeをダウンロード
CopyTrans ShelbeeでiPhoneのバックアップを作成

iCloudストレージがいっぱいになったとき、CopyTransプログラムが助けになります!
CopyTransプログラムを使ってiCloudストレージの容量を増やす