iPhoneの空き容量を増やす

iPhoneの空き容量を増やす方法

1 評2 価3 価4 価5 価 (3 の投票、平均: 5.00 / 5)

iPhoneを使っていると、様々なアプリや、写真、書類などが詰まってだんだん容量が圧迫していきます。iPhoneのストレージ容量が不足して、iOSのアップデートやアプリのインストールができない、または写真を撮れないといった文句を言うユーザーが多いです。

もちろんiPhoneの空き容量がなくなったからといって、新しい端末を買わなければならないわけではありません。先ずは不要のデータを削除したり、重要な書類をPCに移動したり、設定を変更したりして、空き容量を増やしましょう。

本記事ではiPhoneの使用容量を減らす方法と空き容量がなくならないためにやるべきことを紹介します。

iPhoneストレージとは?

iPhoneストレージというのはiPhoneにアプリや、書類、音楽、撮影した写真などを保存するための領域のことです。iPhone、iPad、iPod touch を購入するときに、iPhoneの場合は 16 GB から 512 GB、iPadの場合は 16 GB から 1 TB、iPod touchの場合は 8 GB から 256 GB の容量から選択できます。iPhoneストレージ

iPhoneストレージの空き容量と使用容量を確認

iPhoneストレージの使用状態を確認するには、設定アプリで「一般」>「iPhoneストレージ」という順に選択します。そこでiPhoneの使用済みの領域と各アプリの容量を確認できます。iPhone上ストレージ使用容量を確認

iTunesでグループごとに容量を確認

もう一つのiPhoneストレージ使用容量を確認する方法は、iPhoneをiTunesに接続することです。iTunesで「写真」や、「書類とデータ」や、「その他」などの領域をグループごとに確認できます。

  1. iTunesを起動し、iPhoneをパソコンに接続します。
  2. デバイスのアイコンをクリックします。
  3. そこで使用容量をグループごとに確認できます。

iTunesでiPhoneストレージを確認

iPhoneストレージの使用容量を確認したので、使用容量を減らす方法に進みましょう。

1. アプリとそのキャッシュを削除

一般にiPhoneの最も重いデータはアプリとアプリ内のデータです。ダウンロードして1度だけ使用したアプリがあったら、より重要なものに置き換えた方がいいと思いませんでしょうか。またアプリのキャッシュが結構容量を圧迫している恐れがあります。ではアプリとそのデータを整理しましょう。

アプリ内データを削除・PCに移動

先ずはアプリ内のデータを削除することをおすすめします。不要な書類や、既に読んだ電子書籍や、重いビデオなどをiPhoneから削除してください。

iPhone上で保管する必要がないが、完全に削除したくない書類などがあったら、CopyTrans Appsを使ってパソコンに移動できます。CopyTrans AppsはiPhoneのアプリとアプリ内データを管理する無料なプログラムです。このプログラムを使えば、アプリ内ファイルをPCにバックアップすることが可能です。

  1. CopyTrans Appsをこちらからダウンロードし、インストールします
    CopyTrans Appsをダウンロード
  2. プログラムを起動して、iPhoneを接続します。必要なアプリを選択し、ファイルをパソコンのフォルダにドラッグアンドドロップします。

CopyTrans Appsでアプリ内ファイルをPCに転送

不要なアプリを削除又は取り除く

もう一つの容量を空ける方法はアプリを完全に削除あるいは取り除くことです。以下は違いとやり方を説明します。

アプリを「削除」と「取り除く」の違いは?

  • アプリを削除すると、アプリ本体とアプリ内データが完全に削除されます。

    アプリを削除するには、設定アプリを開き、「一般」>「iPhoneストレージ」で削除したいアプリを選択し、「Appを削除」をタップします。

  • iPhoneのアプリを削除

  • アプリを取り除くと、アプリ本体だけが削除されます。アプリ内データがiPhoneに保持されるので、後ほどアプリを再インストールすれば書類とデータにアクセスできます。

    アプリを取り除くには、設定アプリを開き、「一般」>「iPhoneストレージ」でアプリを選択し、「Appを取り除く」をタップします。

  • iPhoneのアプリを取り除く

LINEのキャッシュを削除

ある場合にはLINEのキャッシュが大分の容量を占有しています。LINEのキャッシュの容量は、アプリ自体を削除しないで解放できます。キャッシュは写真、ボイスメッセージ、ファイルを含まないので、そういったデータが削除されません。

LINEのアプリを実行し、「その他」>「設定」>「トーク」>「データの削除」の順にタップして、「選択したデータを削除」というボタンを押します。LINEのキャッシュを削除

重いアプリを再インストールしてキャッシュを削除

アプリ内データとキャッシュが大分の領域を占有したら、アプリを削除して再インストールできます。そうすればアプリ内データが削除され、空き容量を増やせます。iPhoneのアプリを再インストール

注意:アプリを一度削除したら、後でアプリを再インストールしても削除したデータを復旧不可能です。

2. 写真の設定を変更・写真をPCに移動

一般にiPhoneで撮影した写真と動画は多くの容量を占めています。しかし思い出の写真をアプリのように簡単に削除できませんよね。だから大事な写真を失わずにiPhoneの使用容量を減らしましょう。

「最近削除した項目」から写真を脱却

iPhoneから写真や動画を削除する際に、写真又は動画がすぐに完全に削除するわけではありません。削除したものは最初は「最近削除した項目」フォルダに入れられます。そして30日が経ったら、削除した項目は自動的に完全に削除されます。つまりその不要な写真は30日以内にiPhone領域を占有しています。

全て写真と動画を「最近削除した項目」から削除するには、「写真」アプリを開き、下までスクロールし、「最近削除した項目」を選択します。そしたら画面の右上に「選択」を押し、画面の左下に「すべて削除」をタップします。最近削除した項目を削除

写真と動画をパソコンに移動

多くの容量を空けるには、重要な写真をパソコンに移動して、iPhoneから削除できます。写真をパソコンに転送するため、CopyTrans Photoというプログラムを使えます。CopyTrans PhotoはiPhoneの写真を管理するソフトです。このプログラムを利用すれば、iPhoneとパソコン間で写真を双方転送したり、アルバムを作成したり、アルバム構成を保管して全てのiPhoneの写真をバックアップしたりできます。

  1. CopyTrans Photoをこちらからダウンロードし、インストールします
    CopyTrans Photoをダウンロード
  2. プログラムを実行し、iPhoneを接続します。すべての写真をバックアップするには、「フルバックアップ」をクリックします。特定のアルバムあるいは写真を転送したい場合は、必要な項目をパソコン側にドラッグアンドドロップします。そして「変更を適用」ボタンを押します。もっと詳しい手順は、「iPhone・iPadの写真やビデオをPC、外付けHDDに転送する方法」という記事を参考してください。

CopyTrans PhotoでiPhoneの写真をPCに移動

写真をパソコンに移行したら、iPhoneから削除できます。複数の写真を一括で削除する方法は、「iPhone/iPadのカメラロールから写真を一括削除する方法」の記事にあります。

iCloud写真を使う

写真をパソコンで保存したくない、又はパソコンで空き容量が足りないときに写真をiCloudに保存できます。

iCloud写真をオンにするには、iPhoneの「設定」アプリを開き、「Apple ID」>「iCloud」>「写真」の順にタップして、「iCloud写真」を有効にします。iCloud写真をオンにする

注意:

  1. 無料のiCloudストレージプランは5GBだけです。多くの場合はすべての写真を保管するには5GBが足りません。それで有料のストレージプランにアップグレードする必要がある可能性が高いです。
  2. iCloudに保存している写真もiPhoneの領域を占めています。なぜかというとiCloud写真のサムネールつまり低解像度の画像はiPhoneストレージに保存されています。

3. 音楽とポッドキャストを削除

不要な音楽とポッドキャストの再生済みのエピソードを削除すれば、iPhoneの使用容量を減らせます。曲又はポッドキャストの容量を確認して削除する手順は以下に説明します。

iPhoneの設定で「一般」>「iPhoneストレージ」をタップして、「ミュージック」又は「Podcast」を選択します。そしたら容量の重い項目や不要な項目を左にスワイプして、「削除」をタップします。iPhoneのミュージックを削除

4. ブラウザのキャッシュを削除

注意:データを削除する前に、重要なパスワードを覚えていることを確認してください。 キャッシュを削除すると、すべてのWebサイトからログアウトします。

常にSafariを使用している場合、iPhoneにはWebサイトの履歴と不要なデータが保存されている可能性があります。 Safariのブラウザキャッシュをクリアするには、設定アプリを開いて「Safari」をタップします。 下にスクロールして、「履歴とWebサイトデータを消去」を押します。Safariのキャッシュを削除

Safariの代わりにChromeを使用している場合は、Chromeアプリを開いて、右下の「・・・」ボタンをタップします。 次に、「履歴」をタップし、画面下部の「閲覧履歴データを削除」をタップします。Chromeのキャッシュを削除

5. iPhoneのシステム容量を減らす

iPhoneの設定アプリの「iPhoneストレージ」セクションを開いたら、「システム」ストレージが非常に大きく、かなりの容量を占めていることが分かります。 大きなストレージ容量のiPhoneの場合、それは大したことではないかもしれません。しかし32 GBのデバイスで「システム」が16 GBの領域を使用している場合は、アプリや、ゲームや、音楽などをiPhoneにダウンロードできません。 それでシステム容量を減らすことが望ましい場合があります。

システムストレージは、デバイスに搭載したiOSそのものの容量と、システム設定、バックアップ、ログ、キャッシュ、その他のファイルの容量です。以下はiPhoneのシステム容量を削減する方法について説明します。

iPhoneを再起動

最初にやるべきことはiPhoneを再起動することです。単純な操作ですが、ある場合に数GBを減らすことができます。デバイスを再起動する手順は、「iPhone, iPod touch, iPadを再起動する方法」という記事を参照してください。

iPhoneのシステム容量を減らす

iTunesを使ってシステム容量を減らす

もう一つのシステム容量を減らす方法は、iPhoneをiTunesに接続することです。iTunesはiPhoneを接続すると、iOSシステムセクションからキャッシュや一時ファイルを削除するので、システム容量が減少します。

  1. iTunesを起動し、iPhoneを接続します。
  2. iPhone上でロックを解除します。
  3. 数分間iPhoneをiTunesに接続したままにします。同期する必要はなく、そのまま置くだけです。
  4. 設定アプリを起動し、「一般」>「iPhoneストレージ」で下までスクロールして「システム」の容量を確認します。容量が再計算され、多くの場合サイズが大幅に縮小されます。
  5. iPhoneのシステム容量を確認

  6. iPhoneの接続を外します。

6. リセットしてバックアップから復元

以上の対策が無効であれば、iPhoneをリセットして、バックアップから必要なデータを復元できます。そうすると、iPhoneのシステム容量を減らし、キャッシュ、不要なファイルを削除できます。

リセットの後すべてのコンテンツではなく、必要なアプリとデータのみを復元するにはCopyTrans Shelbeeを使うことをおすすめします。CopyTrans ShelbeeはiPhoneをバックアップ・復元するアプリです。このプログラムでバックアップからデータを個別にも完全にも復元できます。

注意:App Storeから削除されたアプリをバックアップ・復元することが不可能です。リセットする前に必要なアプリがApp Storeにあることを確認してください。

  1. CopyTrans Shelbeeをこちらからダウンロードして、インストールします
    CopyTrans Shelbeeをダウンロード
  2. プログラムを起動し、iPhoneを接続します。そしてバックアップを選択します。CoyTrans Shelbeeでバックアップ

    もっと詳細なバックアップの手順は「iTunesなしにiPhoneやiPadをバックアップ・復元する方法」という記事にあります。

  3. CopyTrans ShelbeeもiTunesも音楽とカメラロール以外の写真をバックアップしません。全ての写真と音楽をバックアップする方法:

  4. iPhone上で「設定」>「一般」>「リセット」の順にタップして、「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択します。
  5. iPhoneをリセット

  6. iPhoneが初期化されます。初期化画面で「新しい iPhone として設定」をタップして指示に従って設定をします。
  7. CopyTrans Shelbeeを起動し、リセットしたiPhoneを接続します。そしたら「選択して復元」をクリックして、必要なデータのみをiPhoneに復元します。バックアップから必要なデータのみ復元

    もっと詳細な手順は「『選択して復元』の機能とその方法」という記事を参照してください。

7. iPhoneで空き容量がなくならないためにやるべきこと

将来にiPhoneのデータがかなりの容量を占めないため、使用容量を削減するiPhoneの設定を紹介します。

2枚の写真の保存をオフにする

デフォルトで、iPhoneは写真を撮影するときHDRが最も効果的な場合にHDRを使用します。HDRとはハイダイナミックレンジの略称で、従来のSDR(スタンダードダイナミックレンジ)に比べてより広い明るさの幅(ダイナミックレンジ)を表現できる表示技術です。HDRについてもっと詳しく知りたい場合は、Appleの記事をご覧ください。

iPhone SE(第2世代)、iPhone 11、iPhone 11 Pro、およびiPhone 11 Pro Max以外のすべてのモデルでは、「通常の写真を残す」が有効にしたら非HDRバージョンの写真も保存されます。つまり写真が重複します。2枚の写真の保存を避けるには、その機能をオフにしましょう。

「設定」>「カメラ」と選択して、「通常の写真を残す」をオフにします。「通常の写真を残す」を無効

「Live Photos」の機能を無効

Live Photos(ライブフォト)は、シャッターを切った前後の1.5秒ずつの映像を記録するので、通常の写真より重いです。ライブフォトの機能を無効にすれば、容量を大分節約できます。

設定アプリを開き、「カメラ」>「設定を保持」の順にタップします。そして「Live Photos」を無効にします。Live Photosを無効

メッセージの自動的な削除を設定

iOS 8以上を搭載したデバイスで自動的なメッセージの削除を設定できます。標準のメッセージの保存期間は「無制限」です。つまり数年前のメッセージもiPhone上で保管しています。ストレージを無駄遣いしないよう、古いメッセージの自動的な削除を設定することはおすすめです。

「設定」>「メッセージ」>「メッセージの保存期間」で「30日」あるいは「1年」を選択してください。iPhoneの古いメッセージの自動的な削除をオンにする

もし古いメッセージで削除したくないものがあったら、削除する前に添付画像と一緒にパソコンにバックアップできます。バックアップ手順は「iPhoneのSMSメッセージをバックアップする方法」を参考してください。

非使用のアプリを取り除く

「非使用のAppを取り除く」という機能は、空き容量が少ないときに使用していないアプリを自動的に取り除いて容量を確保します。アプリを取り除いてもアプリ内書類とデータがiPhoneに保持されます。

その機能を有効にするには、「設定」>「iTunes StoreとApp Store」で下までスクロールして、「非使用のAppを取り除く」を選択します。非使用のアプリを取り除く

まとめ

iPhoneストレージの空き容量を増やすには、iPhoneから不要なデータとアプリを削除し、重要なデータをパソコンに移動してください。そしてiPhoneで容量不足にならないため、以上の手順に従って設定を変更することをおすすめします。

Avatar for Ksenia

By Ksenia

CopyTransの日本部門を担当しているクセニアと申します。趣味は旅行とアクロヨガです。ご不明点がありましたらサポート copytrans@copytrans.jp までお知らせください。