1 評2 価3 価4 価5 価 (42 の投票、平均: 3.60 / 5)

この記事では、iPhoneまたiPadから別のiOSデバイスへ必要なデータのみを復元する方法をご紹介します。

アプリの個別の復元は以下の状況で役立ちます:

  • 端末を買い換えた場合

  • 特に、旧端末より新端末の容量が少ない場合(例えば、iPhone 7 256 GBからiPhone 12 64 GBに買い替える場合)

  • データ全体ではなく、重要なデータのみを復元したい場合

  • 破損したバックアップが原因で、復元に問題が発生した場合(破損したファイルのみを選択解除して、残りの正常なファイルで復元できます)

CopyTrans ShelbeeでiPhone特定のアプリのみ選択して復元

  1. CopyTrans Shelbeeをこちらからダウンロードしてください:

    CopyTrans Shelbeeをダウンロード

  2. まず、旧のデバイスの予備バックアップをしてください。最新バックアップの作成方法がわからない場合、iTunesなしにiPhoneやiPadをバックアップを作成する方法をご覧ください。

  3. 重要:デバイスが既に手元にない場合、古いバックアップからもデータを復元できます。
  4. そしたらCopyTrans Shelbeeを実行し、iPhoneを接続します。

  5. 「選択して復元」をクリックします。iPhoneのアプリを選択して復元

  6. バックアップの保存先を選択します。iTunesで作成したバックアップファイルも選択できます。iTunesのバックアップファイルは以下の場所にあります:
    ¥ユーザー¥(ユーザー名)¥AppData¥Roaming¥Apple Computer¥MobileSync¥Backup¥バックアップの保存先を選択

  7. パソコン内にあるバックアップファイルを選択します。復元したいバックアップを選択

    バックアップを暗号化した場合は、バックアップパスワードを入力します。そして「次へ」をクリックします。バックアップパスワードを入力

  8. バックアップファイルの読み込み中画面が表示されます。バックアップの読み込み

  9. 読み込み完了後、デバイスのバックアップされたアプリのリストが表示されます。CopyTrans Shelbeeのバックアップに含まれるデータの詳細は、「CopyTrans Shelbeeのバックアップに含まれるものは何ですか?」という記事を確認してください。

  10. 必要なデータを選択し、もう一度「次へ」ボタンをクリックします。必要なデータを選択してください

  11. 復元先のデバイスのApple IDとパスワードを入力します。Apple IDでログイン

  12. 復元先のデバイスが暗号化された場合、こちらの画面で暗号化のパスワードを入力します。復元先のデバイスのパスワードを入力

  13. デバイスのデータは大事なので、こちらの画面で念のため、復元先デバイスをバックアップします。そうするにはバックアップ先を選択してください。バックアップ先を選択

  14. 復元直前の画面です。データを確認し、「開始」ボタンをクリックします。復元する前に情報を確認

  15. 復元完了の画面が出ると、作業終了です。一般に復元したアプリはiPhoneに自動でインストールされますが、アプリを手動でApp Storeからダウンロードする必要がある場合はあります。復元が完了

手順は以上です。CopyTrans Shelbeeを使うと、新端末への乗り換えが、これまでより簡単に、より楽にできます!LINEを復元できました

CopyTrans Shelbeeをダウンロード:

CopyTrans Shelbeeをダウンロード

この記事は役に立つと思ったらSNSで共有してください。
また、万が一突然データが損失することに備えて、バックアップを作成することを忘れないでください。

Avatar for Ksenia Mylash
作者: Ksenia Mylash

CopyTransの日本部門を担当しています。 宇宙愛好者です。お菓子作りの趣味があります。 CopyTransのプログラムに関してご遠慮なくcopytrans@copytrans.jpまでお問い合わせください。 お役に立てて嬉しいです。