1 評2 価3 価4 価5 価 (まだレートがありません。)

iPhoneを復元できない

iPhone上で様々なデータを保管することが非常に便利です。iPhoneはサイズが小さいですが、ストレージ容量が大きいです。思い出の写真や、友達と仕事の連絡先や、重要な情報を含めるメモなどのデータがだんだんiPhoneで積もります。そういったデータをiTunes経由でバックアップしたら、安心できると思いますか?iTunesを使ってiPhoneのデータをバックアップしたからといって、データが安全に保管されているわけではありません

iTunesはバックアップを作成していると、バックアップが破損していないかと確認しません。ですからiTunesのバックアップを復元できない恐れがあります。つまりデータを失う恐れがあります。iPhone内のデータの紛失を避けるため、iTunesの代わりにバックアップをとる中にバックアップの状態を確認するソフト、CopyTrans Shelbeeを使えます。しかしデバイスの故障、又は喪失のため、新しいバックアップをとれない場合は、どうすればいいのですか?

この記事ではiPhoneの復元が失敗するときの対処法を紹介します。復元が不可能になった原因は様々あります。先ず確認するべきこと、主なエラーと解決法は以下に説明されています。

慌てる前に確認するべきこと

iTunesバックアップを復元できない原因はバックアップの破損とは限りません。下記の簡単な行為を行えば、バックアップを復元できる可能性があります。

1.デバイスとパソコンを再起動

何か問題が起こったとき、先ずはiPhoneとPCを再起動してください。単純ですが、ある状況では役に立つ行為です。パソコンを再起動するには、スタート → 電源 →「再起動」。iPhoneを再起動する方法はAppleサイトにあります。

2.iTunesを最新バージョンまでアップデート

エラーが起きたという警告のときや、「バックアップが壊れているか、復元先のiPhoneと互換性がないために、iPhoneを復元できませんでした」というメッセージが表示されるときに役に立つ可能性があります。

  • iTunesを起動します
  • メニューで「ヘルプ」をクリックします
  • 「更新プログラムを確認」を選択します。そしたらiTunesは自動的にアップデートをします。それとも「このバージョンは最新バージョン」という通知が出てきます。
    iTunesをアップデートする方法

Microsoft Store からダウンロードした iTunesの場合は、最新バージョンがリリースされたとき、自動的にアップデートされます。iTunesのアップデートがないかとMicrosoft Storeで確認もできます。

3.機内モードをオンにする

特に「iCloud写真」(iCLoudフォトライブラリー)が有効になっているとき、iPhoneバックアップを復元できない場合があります。エラーを防ぐため、機内モードをオンにしてください。

設定アプリを起動し、Apple IDの下にある「機内モード」を有効にします。iPhone上で機内モードをオンにする

4.ライトニングケーブルを確認

ライトニングケーブル、つまりiPhone用のUSBケーブルには「Made For iPhone/iPad/iPod(MFi)」と記載されるかを確認してください。MFi認証済みの製品は、パッケージなどに以下のようなMFiロゴがついています。
MFiのロゴMFiロゴ

MFi非認証を使ったら、バックアップ・復元の問題が起こる可能性があります。トラブルが起こらないよう、MFi認証済みのApple公式認定品をおすすめします。

使っているライトニングケーブルはMFi認証だったら、ケーブルが損傷していないかと確認してください。可能であれば、別のケーブルを試してください。
損傷しているUSBケーブル

5.別のUSBポート、又は別のパソコンを使って復元

USBケーブルの状態を確認したら、USBポートも検査しましょう。USBポートの故障はよくあることです。USBポートを確認するため、ライトニングケーブルを別のUSBポートに接続してください。

機会があったら、使用しているPCの問題を除外するため、別のパソコンでiPhoneの復元を試しましょう。iTunesバックアップを別のパソコンに移行するには「iTunesのバックアップ先を変更する方法」を参照してください。

6.パスコードが正確かを確認

iPhoneバックアップ・復元するとき、ロック解除は必要です。そのためiPhone上パスコードを入力しなければなりません。入力したパスコードが正確かを確認してください。パスコードを忘れた場合や、デバイスを使えなくなった場合の解決法は、Apple公式サイトでの記事を見てください。

パスコードをオフにするのが効果がある場合もあります。パスコードを無効にする手順を参照してください。

7.セキュリティソフトウェアを確認

iPhoneの復元が終わらない 、iPhoneの復元が進まない 、又はデバイスが認識されない場合は、アンチウィルスを無効にするのを試してください。そしたらWindowsファイアウォールの設定でiTunesがプライベートとパブリックの両方のネットワークに対して選択され、Bonjourはプライベートネットワークについてのみ選択されていることを確認してください。もっと詳しい手順は、Apple公式サイトを参考してください。

試しても上手くいきませんか?それでは解決法に進んでください。

バックアップが壊れているため、iTunesバックアップを復元できない

iPhoneバックアップが壊れているため復元できない「バックアップが壊れているか、復元先のiPhoneと互換性がないために、iPhone”...”を復元できませんでした」、iPhoneを復元するときにそのエラーメッセージが出たら、もうデータを完全に失ったということですか?いいえ、まだチャンスがあります!

iPhoneバックアップが破損していても、一部のデータを復元できる可能性があります。CopyTrans Backup Extractorを使用して、データをバックアップから取り出せます。手順はこちらです。

  1. まずはCopyTrans Backup Extractorをダウンロードし、インストールします。インストール手順はインストールガイドにあります。
    ※CopyTrans Backup Extractorはまだリリースされていませんが、最初のベータ版を誰よりも先に入手したい場合は、お知らせください!
  2. CopyTrans Backup Extractorを起動し、プログラムはPCにある全てのiOSバックアップを見つけるまで待ちます。
    CopyTrans Backup ExtractorでiOSバックアップを探す
  3. 必要なバックアップを選択します。
    CopyTrans Backup ExtractorでiPhoneバックアップを選択
  4. バックアップが暗号化されている場合は、バックアップパスワードを入力し、バックアップの読み込みの完了まで待ちます。
    CopyTrans Backup Extractorでバックアップパスワードを入力
  5. 復活したいデータを選択し、「Next」(次へ)をクリックし、データの保存先を選びます。
    CopyTrans Backup Extractorで抽出したいデータを選択
  6. iPhoneのデータの抽出が完了まで待ちます。
    CopyTrans Backup ExtractorでiTunesバックアップのデータが抽出中

これだけでバックアップのデータを救えます!iTunesバックアップが壊れている場合は、CopyTrans Backup Extractorは救出するプログラムです。 連絡先カレンダー写真とビデオを簡単にiPhoneに入れられます。LINEトーク歴史、SMS、メモをPCで閲覧できます。

iPhoneのソフトウェアが古すぎるため、バックアップを復元できない

新iOSのバックアップを古iOSのiPhoneに復元バックアップしたiPhoneが新iOSバージョンで、復元先のiPhoneが古iOSバージョンの場合は、iTunesで「このiPhoneのソフトウェアが古すぎるため、バックアップ”...”はこのiPhoneの復元には使用できません」というエラーメッセージが出ます。iPhoneをバックアップから復元できない問題を解決するため、iOSを最新バージョンまでアップデートします。

iPhone上で設定アプリを開き、「一般」→「ソフトウェア・アップデート」で「ダウンロードしてインストール」をタップします。最新バージョンの場合は、「お使いのソフトウェアは最新です。」というメッセージが表示されます。

初期化画面から復元する場合は、初期化画面に戻って、「バックアップから復元」の代わりに「新しい iPhone として設定」をタップしますします。
新しいiPhoneとして設定

設定が完了したら、iPhoneのiOSを最新バージョンにアップデートします。そうするとまた設定アプリを開き、「一般」→「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」の順に選択します。リセットが終わったら、設定が初期化画面から始まります。今度は「バックアップから復元」を選択します。

それでもアイフォンバックアップを復元できなかったら、CopyTrans Backup Extractorでバックアップデータ取り出しを試してください。

iTunesバックアップを容量不足のため、復元できない

復元先のデバイスの容量がバックアップしたデバイスより少ないと、「iPhoneで十分な空き領域が使用できないため、iPhone”...”を復元できませんでした」というエラーメッセージが出ます。
復元先のiPhoneで空き容量が足りません

その場合はバックアップからフルリストア(全てのデータを復元)するのが不可能です。でも対策法があります。詳細は、「iPhoneで十分な空き容量がないとき、バックアップを復元する方法」という記事を見てください。

iPhone復元が終わらない

もう一つの問題は、iPhone復元が終わらない、iPhone復元が進まない状態です。又は復元は非常に長い時間がかかります。iPhone復元が終わらない

対策法に進む前に、バックアップサイズを確認してください。重いバックアップ(例、256 GB)を復元するには、きっと大分時間がかかるでしょう。といっても残り時間は10-20時と表示されたら、何か問題があるに違いません。

普通の復元時間はどれぐらいですか?
それは場合によって違います。復元の速さには主にバックアップの容量、PCの仕様書、インターネット接続の速度が影響を与えます。数分がかかる場合もあって、数時間がかかる場合もあります。

iPhone上Appleのロゴと進行状況バーが表示される

復元した後、Appleのロゴと進行状況バーが表示され、進行状況バーの動きが非常に遅い、又は全然動いていないように見えます。そういうトラブルが起こったら、Apple公式サイトで解決法を見てください。Appleのロゴと進行状況バー

iTunesで復元の残り時間は長過ぎる

iTunesで復元の残り時間が長い

iTunesで復元の残り時間は長過ぎるときは、こちらの対策法を試してください:

  • Windowsのアップデートがないかと確認します
  • iPhoneとPCを再起動します
  • iTunesを最新バージョンにアップデートします
  • セキュリティソフトウェアを確認します
何も変わらなかったら、どうすればいいですか?
iTunesプログラムの問題が原因となって、復元の動きが遅い場合もあります。その場合は別のプログラムを使えます。復元が終わらない問題を以下に記載した対策で解決できなかったら、CopyTrans Shelbeeを試してください。

全て試してもiTunesバックアップを復元できなかったら、CopyTrans Backup Extractorを使ってバックアップデータの抽出を試してください。バックアップが破損していても、復元が不可能でも、一部のデータさえ取り出すチャンスがあります。バックアップが重すぎるときにも役に立ちます。データを一括ではなく、タイプごとに取り出せば、データをスムーズに復活できます!

Avatar for Ksenia

By Ksenia

CopyTransの日本部門を担当しているクセニアと申します。趣味は旅行とアクロヨガです。ご不明点がありましたらサポート copytrans@copytrans.jp までお知らせください。