iPhoneのバックアップのパスワードを忘れたときの対策

iPhoneのバックアップのパスワードを忘れたときの対策

1 評2 価3 価4 価5 価 (5 の投票、平均: 3.20 のうち 5)

状況:旧iPhone(またはiPad)のデータを新iPhoneに移行しようとしています。もしくは、単にiTunesバックアップからデータを復元しようとしています。しかし、復元を開始する前に、「iPhoneのバックアップのロックを解除するパスワードを入力します」というポップアップがでてきます。
iTunesでiPhoneの暗号化バックアップのパスワードを入力
しかし、困ったことに、このパスワードを覚えていません。どのパスワードを入力すればいいか、完全に迷ってしまっています。
暗号化バックアップのパスワードは正しくないというエラーメッセージ
どうしましょうか?

iOS11以降の場合

iOS 11でバックアップパスワードを削除

iOS 11を搭載したiPhone/iPadでバックアップの暗号化を簡単に解除できます。リセットする方法は次のとおりです。(Apple公式サポートページ参考にしてください)

  1. iOSデバイスで、「設定」>「一般」>「リセット」の順に行います。
    iPhoneで設定をリセット
  2. 「すべての設定をリセット」をタップし、iOSのパスコードを入力し、リセットを確認します。
    iPhoneですべての設定をリセット

すると、暗号化したバックアップのパスワード、ディスプレイの明るさ、ホーム画面のレイアウト、壁紙などの設定はリセットされます。その他のユーザーデータに影響を与えません

これで、CopyTrans ShelbeeまたはiTunesでiPhoneの暗号化したバックアップを作成できるようになります。

iOS 10以前の場合

iOSバックアップのパスワードがデバイスの自体に記憶されていますので、

iTunesのアンインストール・再インストール
既存のバックアップの削除、再度にバックアップの作成
別のパソコンにバックアップの作成
Manifest.plistの削除

は無理です。時間を無駄にしないでください。

バックアップのパスワードを設定すると、すべてのデータが暗号化されます。Appleサポートもそのパスワードを回復することはできません。

使用可能なパスワード

絶望しないでください。まず、このパスワードを思い出させるまたは推測するためのいくつかのテクニックを試してみてください。たとえば:

  • 生年月日 ー 使用されたパスワードの約20%が作成者の生年月日に関係があることを知っていましたか?
  • Apple IDに関連付けられたパスワード ー これは、App Storeからアプリをインストールしたり、iCloudに接続するためのパスワードです。
  • パソコンのログイン パスワード ー パソコンを起動するときに使用するユーザーのパスワードを入力するものもあります。
  • 親しい人の名前、ペットの名前や電話番号 ー 親しい人の名前、ペットの名前や電話番号を考えてみましょう。
  • それ以外は?お気に入りのドラマのタイトル?郵便番号?子供時代のニックネーム?iPhoneのロック解除コード?
     「パスワードを忘れないために」イラスト

iTunesなしでiPhoneのデータをバックアップ

暗号化のパスワードを覚えていないなら、デバイスのリセットしかないです。バックアップ先のデバイス(元のデバイス)は手に入れている場合、こちらの2つ方法で暗号化したデバイスからデータを抽出できます:

iCloudなしでデータをバックアップ

CopyTrans製品を使ってバックアップを作成せずにiPhoneの大事なデータを保存して、別のデバイスに転送することができます。各CopyTransプログラムは特定のデータに対応しています。