DFUモード

iPhoneをDFUモードにして、データを復元する方法

1 評2 価3 価4 価5 価 (1 の投票、平均: 5.00 / 5)

Appleスマートフォンは非常に安定しており、ファームウェアの復元が必要になることは珍しいです。

ただし、iPhoneを慎重に使用する場合でも、iPhoneを工場出荷時の状態に戻す必要がある場合があります。通常は、システムクラッシュまたはiOSバージョンのアップデートの失敗でこの問題を発生します。このような場合になってしまったら、iPhoneはフリーズして、動作できなくようになります。

しかし、Apple社はこの問題を予見し、解決するためのツールを開発しました。最も効果的なツールの1つはDFUモードです。

この記事では、DFUモードとは何か、iPhoneをDFUモードにする方法、およびこのモードから解除する方法、またはその後データを復元する方法について紹介したいと思います。

DFUモードとは

DFUモード(ディバイスファームウェアアップデート)は、iPhoneなどのiOSデバイスを強制的にファームウェアにアップデートする方法のことです。DFUモードを使用すると、パソコンはiOSリカバリのために接続したiPhoneを認識されます。

DFUモードはリカバリモードとよく混同されます。ところが、その二つの方法は簡単に区別できます。DFUモードでは、iPhone画面にシンボルはありませんが、リカバリモードでは、パソコンに接続されているマークが表示されます。

リカバリモードとDFUモードの違い

リカバリモードは、iOSのプログラムによるリカバリモードです。同時に、データはそのまま残り、システムファイルは元のファームウェアから復元されます。DFUモードを使用すると、iPhoneにあるすべてのファイルが削除され、元のファームウェアのデータで上書きされます。

DFUモードはiOSオペレーティングシステムをバイパスします。したがって、iOSが重要なクラッシュしても、iPhoneはDFUモードに入り、デバイスを回復することができます。リカバリモードはiOSで機能するので、この場合に使用できない可能性があります。

iPhoneでDFUモードに入る方法

DFUモードに入る方法、iPhoneバージョンや、画面上のホームボタンの有無によって異なります。

FaceIDを使用してiPhoneでDFUモードに入る方法

iPhoneXのリリースに伴い、前面にあるボタンが廃止され、以前のバージョンのiPhoneよりもDFUモードへの移行を少し難しくなりました。

iPhone11をDFUに入る

  1. USBケーブルを使用してiPhoneをパソコンに接続します。

  2. 音量大ボタンを順番に押し、音量小ボタンを押し、電源ボタンを押し続けます。

  3. iPhoneの画面が真っ暗になったら、音量小ボタンを押したまま、電源ボタンを5秒間押し続けます。

  4. 電源ボタンを放し、音量小ボタンをさらに15秒間押し続けます。

Appleのロゴが表示されている場合は、iOSのダウンロードが開始され、何か問題が発生したことを意味します。もう一度やり直す必要があります。

DFUモードを終了するには、音量大ボタンと音量小ボタンを交互に押して、電源ボタンを押し続ける必要があります。Appleのリンゴロゴが画面に表示されたら、ボタンを離すことができます。

タッチホームボタンでiPhoneのDFUモードに入る方法

iPhone7またはiPhone8の画面にタッチホームボタンが使われているので、DFUモードに切り替える手順が少し異なります。

iPhone7をDFUに入る

  1. USBケーブルを使用してiPhoneをパソコンに接続します。

  2. iPhoneの電源を切ります。

  3. 画面が真っ黒になったら、電源ボタンを3秒間押し続けます。

  4. 電源ボタンを押したまま、音量ダウンボタンを押し続けます。

  5. 10秒後、電源ボタンを放し、音量小ボタンを押し続けます。

iPhoneは黒い画面だったら、DFUへの入りを示します。画面上のAppleのロゴが表示されている場合は、iOSのダウンロードが開始され、何か問題が発生したことを意味します。もう一度やり直す必要があります。

DFUモードを終了するには、音量小ボタンと電源ボタンを10秒間押し続ける必要があります。

物理的なホームボタンを使用してiPhoneでDFUモードに入る方法

iPhone6sおよびiPhoneSEまでのすべての古Appleデバイスには、物理的なホームボタンがあります。

iPhone5をDFUに入る

  1. USBケーブルを使用してiPhoneをパソコンに接続します。

  2. iPhoneの電源を切ります。

  3. 画面が真っ黒になったら、電源ボタンを3秒間押し続けます。

  4. 電源ボタンを押したまま、「ホーム」ボタンを押します。

  5. 10秒後、電源ボタンを放し、ホームボタンをさらに5秒間押し続けます。

iPhoneの黒い画面は、DFUモードに入ったの意味します。AppleリンゴはiOSダウンロードの開始を示したので、もう一度繰り返す必要があります。

DFUモードを終了するには、ホームボタンと電源ボタンを10秒間押し続けてください。

DFUモードに入った後データを復元

DFUモードは非常に便利であり、多くの場合にはiPhoneを動作状態に復元することができます。主に、ファームウェアまたはiOSの更新に失敗した後に使用されます。

ただし、DFUモードを使用すると、お使いのデバイスからすべてのデータが削除されることに注意してください!

DFUモードに入る際、iPhoneのすべてのデータが消去されるため、ユーザー設定とプログラムなどのデータを復元するには、デバイスのフルバックアップするのは必要になります。ところが、すでにシステムの問題が発生しているiPhoneのバックアップを作成して、このバックアップからデータを復元した場合、同じ問題が残るの可能性が高いです。

問題が発生した場合には無事に復元できるように、iOSをアップデートする前毎回iPhoneのバックアップを作成することを強くお勧めします。

バックアップするには、CopyTrans Shelbeeをお勧めします。こちらのソフトを使えば、簡単に全てのiPhoneデータをバックアップできます。詳細は、「iTunesなしにiPhoneやiPadをバックアップ・復元する方法」の記事をご覧ください。

CopyTransShelbeeをダウンロード

CTSのロゴ

 

CopyTrans Shelbeeでデータを復元する方法

 

iTunesの代わりにCopyTrans Shelbeeソフトウェアをお勧めします。CopyTrans Shelbeeは全てのデータまた必要なデータだけを復元できるはユニークなプログラムです。

CopyTransShelbeeをダウンロード

CopyTrans Shelbeeを起動し、iPhoneをパソコンに接続すると、メイン画面で「復元」や「選択して復元」の2つの機能を選ぶことが可能です。

CopyTrans-Shelbee-main-screen

全てのデータを復元した場合、こちら手順に従ってください:

  1. CopyTrans Shelbeeのメイン画面で「復元」をクリックします。

  2. CopyTrans-Shelbee-restore

  3. パソコンにあるバックアップ保存先を選びます。必要だったら、バックアップのパスワードを入力します。アプリを復元したい場合、チェックボックスにマックを入れるのを忘れないでください。

  4. CopyTrans-Shelbee-folder

  5. 次の画面の指示に従って、復元が始まるまで進んでください。

  6. フル復元の完了までにお待ちください。

  7. CopyTrans-Shelbee-resote-complete

もっと詳しく、「iTunesなしにiPhoneやiPadをバックアップ・復元する方」記事をおすすめです。

完全にデータを復元したくなく、必要なデータのみを復元したい場合、こちら手順に従ってください:

  1. CopyTrans Shelbeeのメイン画面で「復元」をクリックします。

  2. CopyTrans-Shelbee-custom-restore

  3. パソコンにあるバックアップ保存先を選びます。必要だったら、バックアップのパスワードを入力します。アプリを復元したい場合、チェックボックスにマックを入れるのを忘れないでください。

  4. CopyTrans-Shelbee-folder

  5. 次の画面の指示に従って、必要なデータを選択して、復元が始まるまで進んでください。

  6. CopyTrans-Shelbee-choose-data

  7. フル復元の完了までにお待ちください。

  8. CopyTrans-Shelbee-resote-complete

もっと詳しく,「選択して復元」の機能とその方法という記事をご覧ください。

iTunesのロゴ
 

iTunesでデータを復元する方法

 

iPhoneを復元する1つの方法は、iTunesに復元することです。 これが最も簡単な方法だと考える人もいます。 ただし、この方法を使用すると、iTunesで作成されたバックアップからのみデータを復元できることに注意してください。 その上、iTunesは全てのデータを復元しかできません。iTunesにはCopyTrans Shelbeeにある「選択して復元」のような機能はありません。

iTunes-data-restore

iTunesで復元するの詳細は、コンピュータでバックアップからデバイスを復元する記事をご覧ください。

iCloudから写真をダウンロード

 

iCloudを使って写真をiPhoneに入れる

 

iCloudにバックアップがあったら、このバックアップからデータを復元できます。そのために下記の手順に従ってください:

  1. iPhoneの「設定」アプリで「一般」>「リセット」を開き、「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップしてください。

  2. iPhoneで全てのデータを削除

  3. 「Appとデータ」画面で「iCloudバックアップから復元」をタップして、Apple IDでサインインしてください。

  4. 「バックアップを選択」をクリックし、iCloudにあるバックアップのリストから必要なバックアップを選びください。

iCloudのバックアップから復元についてもっと詳しく、iCloud バックアップからデバイスを復元する記事をご進めします。

まとめ

これで、DFUモードに入り方法、またはその後のデータをフ公家する方法を紹介しました。 それでも、データのバックアップがない可能性があるため、これが最も簡単で安全な方法であるとは言えません。この方法をあまり使用しないようにするには、iPhoneモデル用にすでに正式にリリースされている安定なバージョンのiOSのみをインストールするのはお勧めです。

Avatar for Alena

By Alena

CopyTransの日本部門を担当しているアリョナと申します。趣味は油絵とロック音楽を聴くことです。何か問題があったら、ご遠慮なくcopytrans@copytrans.jpまでお問い合わせください。CopyTrans世界へご案内いたします^^