【2021年】iPhoneのデータとファイルを復元ソフト9つを比較してみた

1 評2 価3 価4 価5 価 (4 の投票、平均: 5.00 / 5)

重要なiPhoneのデータとファイルを完全に削除したり、失ったりしたことがあれば、自分でファイルを復元するのはどれほど難しいかをわかっています。そんな時に役に立つのがiPhoneのデータを復旧ソフトです。こちらの記事では、iPhoneデータを復元・復旧できるソフトを9つ比較します。

すべてのソフトはフリーの試用版がありますから、自分で試してから、どれがベストなのか判断してください!

まずは比較表をご覧ください。

Functionality CopyTrans Shelbee Wondershare Dr.Fone EaseUS Mobimover DearMob AnyTrans iMobie PhoneRescue iTunes iFunBox Syncios Data Transfer
バックアップから復元
個別復元
アプリを復元 LINE、WhatsApp
だけ
WhatsAppだけ WhatsAppだけ LINE、WhatsAppだけ WhatsApp、Kik、Viberだけ
バックアップの保存先を変更
試用版 無料なソフト 無料なソフト
iOSに対応状態 iOS9以降 iOS13以降 iOS8以降 iOS7以降 iOS5以降 iOS6以降 すべてのiOS iOS8.3まで iOS9以降
動作環境 Windows 10/8/7 Windows 10/8/7/Vista/XP
macOS 10.8以降
Windows 10/8/7
macOS 10.15 – OS X 10.7
Windows 10/8/7/Vista
macOS 10.8以降
Windows 10/8/7/Vista
macOS
Windows 10/8/7/Vista
macOS
Windows 10/8 Windows 10/8/7/Vista/XP Windows 10/8/7
永久版の値段 1780円 9960円 3179円 4980円 6980円 7678円 無料 無料 3950円

データ復元ソフト選ぶときの7つのポイント

復元ソフトの選択では、どのようなことを気にされていますか。以下の7つのポイントにより良い注意を払ってください。

  • 信頼性。残念ながら、全てのソフトが安全とはありません。悪意のあるソフトウェアもありますし、iPhoneに悪い影響を与える質の悪いアプリもあります。こんな危ないソフトウェアを避ける方が良いです。完全に無料な復旧ソフトウェアを使わなでください。

  • 互換性。復元ソフトは持っているiPhoneのiOS、PCのシステムと互換性があるかどうかを確認してください。新しいiOSは年1回にリリースされていますので、ちゃんとソフトアップデートを提供しているメーカーを選ぶ方がよいです。

  • 簡単な使い方。データの復元は複雑なプロセスではありません。ワンクリックでiPhoneのデータを復元することが可能です。

  • 復元の機能・選択して復元の機能。「選択して復元」の機能があれば、必要なデータとアプリのみを復元することが可能になります。LINEトークの復元の場合、または削除したい設定がある場合など「選択して復元」がオススメです。

  • パフォーマンス。iPhoneは様々なファイル形式をサポートしています。iPhoneのデータ復元ソフトも、画像、ビデオ、ドキュメントなどのファイル書類を復元できるはずです。また、復元ソフトはiPhoneのアプリを復元できるかどうかを確認してください。すべてのソフトウェアがアプリ(ゲームなど)を回復できるわけではありません。

  • iTunesのバックアップ先を変更。iTunesのバックアップは標準フォルダーに保存されています。iTunesのバックアップ先を変更できるソフトウェアもあります。バックアップ先を変更することで、パソコンの空き容量を増やすことができます。

  • 値段。無料なソフトウェアがたくさんありますが、スマホのデータを大切にするなら、質が高くて、機能が多い有料なソフトウェアを購入することが非常に理にかなっています。

データとファイルを復旧できるソフトの比較

CopyTrans Shelbee

復元できるCopyTrans Shelbeeのメイン画面

CopyTrans Shelbeeは唯一無二の機能を搭載しているiOSデータ復元ソフトウェアソリューションです。このソフトを提供しているCopyTransは15年以上をわたり、iPhone・iPad・iPodのデータを管理、バックアップ、復元できるソフトを開発しています。CopyTrans Shelbeeはフルリストア、または選択して復元を行うことができます。あらかじめ用意されたバックアップがありませんか?バックアップがなくても、まったく問題がありません。CopyTrans Shelbeeを使って、無料なバックアップを作成することができます(そのためには、「アプリを保存」というチェックマークを外してください)。

CopyTrans ShelbeeはiPhoneの設定、連絡先、カレンダー、メッセージ、アプリ、最近の項目、メモ、Safariブックマークなどのファイルを簡単に復活できます。また、このソフトを使用すると、空き容量が少ないシステムドライブだけではなく、他のiTunesのバックアップ場所を選択することができます。

試用版: 試用版では、バックアップと復元などの基本的な機能を使うことができます。ですが、「選択して復元」、「iTunesバックアップフォルダの変更」、「最近の変更のバックアップ」、「アプリを保存」、「アプリを復元」使用不可能。 他なソフトと比べて、CopyTrans Shelbee製品版の値段が安い(1780円)ですが、機能が優れています。

メリット:
✅無料の試用版でも復元できる
✅「アプリを復元」の機能がある
✅iTunesのバックアップ先を変更できる
✅ほとんどすべてのファイルの種類を復元できる
✅製品版の値段が安い
✅日本語対応
✅パソコン5台まで使用できる
✅技術サポート
デメリット:
❌Macに対応していない

iTunesなしiPhoneをバクアップから復元するビデオガイド


Wondershare Dr.Fone

iPhoneのデータを復元できるDr.Foneのメイン画面

Wondershare Dr.Foneはデータリカバリーソフトです。Dr.Foneを使って、失われた連絡先、メッセージ、写真とボイスメモなどのデータを復元できます。このソフトは直接iOSデバイスから復元できますし、iTunesのバックアップからも、iCloudのバックアップからも復元できます。 Wondershare Dr.Foneがとても簡単で、マウスを数クリックすれば、すべてのファイルを回復することができます。

ただし、Wondershare Dr.Foneの製品版の値段は非常に高い (9960円)です。Wondershare Dr.Foneではアプリの復元、バックアップ先の変更ができませんので、値段が高すぎると考えています。

試用版: iPhoneのデータをスキャンできるWondershare Dr.Foneのフリーバージョンがありますが、無料版ではデータを復元することができません。

メリット:
✅色んなデータの種類の復元
デメリット:
❌製品版の値段が高い
❌アプリの復元が不可能
❌iTunesバックアップ先の変更が不可能

EaseUS Mobimover

iPhoneのデータを復元できるEaseUS Mobimoverのバックアップマネージャ

EaseUSはWindows、MAC、iPhone、Androidのデータを転送できるソフトを開発しているメーカーです。 そのソフトの1つはEaseUS Mobimoverです。 EaseUSを使って、バックアップも、パソコンからiPhoneにデータを復元することもできます。 また、WhatsAppのバックアップ、復元もできます。しかし、メッセージが少なくても、WhatsAppのバックアップ、復元が時間が結構かかります。

試用版:ホームページによると、EaseUS Mobumoverはフリーソフトウェアですが、無料版では機能が制限されています。無料版では、バックアップを作成できますが、復元を行うためにProバージョンまでアップグレードしないといけません。WhatsAppトーク歴史のバックアップ・復元も有料版の機能です。

メリット:
✅無料なバックアップ
✅信頼できるメーカー
デメリット:
❌アプリの復元がない(WhatsAppのみ)
❌iTunesバックアップ先を変更できまい
❌時間がかかる

DearMob

Dearmobを使って、iPhoneのデータをバックアップ

DearMob iPhone ManagerはiTunesのバックアップ・復元を提供しています。そこで、必要であれば、データのバックアップを作成して、いつでも復元できます。 また、増分バックアップの機能もありますから、バックアップを簡単に管理することができます。

試用版:無料版では、使うことができるポイントがあります。毎日100ポイントまでためることができます。30秒を経ってから、1ポイントを獲得します。または、ホームページでは有料なポイントを購入することができます。

メリット:
✅Macでも使用可能
✅アプリの復元
デメリット:
❌iTunesバックアップ先の変更
❌フルバックアップしかできない
❌製品版はPC 2台のみで使用できる

AnyTrans

iMobieのAnytransでiPhoneのデータを復元

中国のiMobieはAnyTransを開発しました。AnyTransを使って、iPhone / iPad / iPodTouchの完全なバックアップをワンクリックで実行できます。 同様に、すべてのデータをワンクリックで復元することもできます。 バックアップの歴史も確認できますから、忘れずバックアップを作成できます。

試用版: 試用版では、バックアップの作成、バックアップのデータをエクスポート、復元を行うことができません。

メリット:
✅選択して復元
✅iPhone/iPad/iPod Touchからの復元
デメリット:
❌製品版の値段は高い
❌アプリの復元が不可能
❌iTunesバックアップ先の変更が不可能

iMobie Phone Rescue

iPhoneのデータを復元できるiMobie PhoneRescueのメイン画面

中国のiMobieのもう一つのソフトです。iMobie PhoneRescueはiPhoneのトラブルシューティングとデータ復元のために信頼できるソフトウェアです。

データを失い、iOSシステムの問題があるiPhoneユーザーには、iMobie PhoneRescueをオススメできます。青/黒/白の画面、iPhoneのフリーズ―などの問題を解決できます。しかし、注意すべき点は、iMobie PhoneRescueがアプリを復元できませんし、iTunesバックアップ先も復元できません。これらの機能が必要な場合は、別なアプリを選択する方が良いです。

試用版: iMobie PhoneRescueの無料版を試したら、有料版で何ができるかを確認できます。試用版では、iOSのデータをスキャンできますが、復元を行うことができません。そのために、製品版を購入してください。

メリット:
✅紛失したデータを無料でスキャンして、プレビュー
✅Macにも対応
デメリット:
❌復元が有料
❌ホームページではiCloudから復元できると書いているのに、実際はできない
❌製品版の値段が高い
❌製品版はPC 1台のみで使用できる

iTunes

iTunesで復元

iTunesは様々な機能を持っているAppleのソフトですが、使い方が複雑で、PC初心者にとって使いにくいソフトウェアです。iTunesを使って、iPhoneをバックアップすることができますし、作成したバックアップから復元することもできます。iPhoneのアプリを復元できますが、個別復元とバックアップの保存先を変更する機能がありません。また、iTunesのバックアップがよく壊れて、そのバックアップからデータを復元することができません。

試用版:すべての機能を無料で無制限に使えます。

メリット:
✅無料
✅Macにも対応
デメリット:
❌PC初心者にとって使いにくいソフトウェア
❌個別復元ができない
❌バックアップの保存先を変更する機能がない

iFunBox

ifunbox

中国で開発された完全に無料なソフトウェアです。.ipa形式ファイルがあれば、iFunBoxを使って、iOSアプリをiPhoneにインストールすることができます。また、既にiPhoneにあるアプリの.ipaファイルをパソコンに抽出できます。アプリ内にある書類、音楽、写真などのファイルもパソコンに転送できます。このソフトウェアは機能が凄く良かったと思いましたが、新しいiOSと対応していません(iOS 8.3まで)。

試用版:すべての機能を無料で無制限に使えます。

メリット:
✅無料
✅アプリを個別に復元できる
デメリット:
❌新しいiOSと対応していない(iOS 8.3まで)
❌バックアップから復元できない

Syncios Data Transfer

Syncios Data Recovery

Syncious Data Transferを使って、iOSデバイスのほとんどすべてのデータをパソコンにバックアップできます。連絡先、動画、写真とメッセージだけではなく、通話履歴、音楽、WhatsAppトーク履歴もバックアップと復元することができます。また、iTunesのバックアップとiCloudのバックアップから復元することができます。しかし、What’s app、Viber、Kikというアプリを除いて、アプリを復元できませんし、iTunesバックアップ先も復元できません。Lineのバックアップと復元もできません。これらの機能が必要な場合は、別なアプリを選択する方が良いです。

試用版:無料版では、データを確認しかできません。復元するには、製品版を購入することが必要です。永久版の値段は、3950円です。

メリット:
✅iTunesのバックアップとiCloudのバックアップからの復元
デメリット:
❌What’s app、Viber、Kikというアプリを除いて、アプリを復元できない
❌復元が有料
❌iTunesバックアップ先も復元できない

補足:CopyTrans Backup Extractorを使って、iPhoneのデータをパソコンに取り出す

CopyTrans Backup ExtractorでiPhoneのバックアップを探す

CopyTrans Backup ExtractorはパソコンのどこでもまたはiCloudにあるiPhoneのバックアップから色々なデータタイプを取り出せるソフトです。CopyTrans Backup Extractorを使えば、iPhoneにバックアップを復元せずに必要なデータを完全に取得できます。

iPhoneバックアップには読み取り可能なファイルがあれば、CopyTrans Backup Extractorを使って、簡単にPCに保存できます。

CopyTrans Backup Extractorを使用すると、バックアップの内容にアクセスしたり、ファイルをバックアップからコンピューターに読み取り可能な形式で抽出することもできます。有料なソフトですが、フリーな試用版があります。ぜひお試しください。


Avatar for Jane
作者: Jane

iPhoneのデータ管理ソフトCopyTransの日本部門を担当しています。iPhoneカメラでの写真撮影は趣味で、よく使っているソフトはCopyTrans CloudlyとCopyTrans Photoです。iPhone 12pro(パシフィックブルー)を持っています。